今注目のニュース
本当の「生産性」の意味、理解してる?
9歳の少年が浴槽で意識を失った祖母を救う 参考にしたのは「過去に見たYouTubeの動画」
【なんて読む?】今日の難読漢字「欧く」(「欧米」でおなじみの漢字)

混世魔王・樊瑞単語

コンセイマオウハンズイ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(15)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

混世魔王・樊瑞とは、

  1. 水滸伝の登場人物。2.の元ネタである。
  2. 十傑集の現リーダー石田太郎

本項では2.を解説し、1.にも軽く触れる。

大方こんな概要だと思ったぞ!

仙山・羅人の一番子で、警察機構に所属する一清人の兄弟子にあたる人物。世に憤慨して山を降り、やがてBF団に加入してビッグファイアに絶対的な忠を誓うようになる。

一清人が警察機構に所属しているのも、彼を師の元に連れ戻す命をうけたためである。子の一清人は僧に身を包んでいるが、こちらはスーツピンクマントに身を包んでおり、なかなか独特なファッションセンスをもつ。

本来リーダーだったカワラザキからその座を受け渡され、十傑集の二代リーダーに就任した。

特殊は仙術で、劇中では銭を操って打ち込んだり、防として弾幕を作ったり、を形成するなどの芸当を見せている。なお設定ではなどにも変化させることが可であり、そのも念によるものである。また、変わり身の術も見せている。

十傑集走りに長けており、高速で走っていてもいきなりピタッと止まることが出来る。リーダーだけあって身体は常人とべ物にならないことがこういったところからもわかる。

だがこれでは何の出典も分からなかろうが!

キャラクターの出典は水滸伝および外伝に登場する樊瑞である。

子供の頃に税が払えないという理由でを殺され、仙人に育てられた。仙人が亡くなった後は山を下りて混生魔王・樊瑞を名乗り、学んだ仙術で悪地悪代官を襲う山賊となった。
その後梁山泊の一清人と仙術で戦って敗北している。

荒んだ世に憤慨している点、仙術で一清人と戦っている点など、この辺りの設定が実に上手くアニメにも反映されているといえるだろう。

ちなみに一清人は羅人の子であるが、樊瑞は別の流であり、原作兄弟子であったという設定はない。

キャラクタービジュアルには一部バビル2世に登場するヨミの衣装が混ざっている。(ちなみにヨミは本作では警察機構の長の役)

十傑集揃わずとも我一人で漫画も説明してやるわ

漫画ジャイアントロボ -地球燃え尽きる日」および「ジャイアントロボ -バベルの籠」は登場人物や世界観が似通ってはいるものの基本的な設定やストーリーちょこちょこ異なります。上記項名は漫画版のセリフより。

漫画版でも設定に特に大きな変更はなく十傑集リーダーを務めている。外見の変化としてはマントの色が明らか桃色ではない色(漫画におけるベタ)になっている。

十傑集リーダーというだけあってそのは凄まじいものがある。アニメでは銭を飛ばしたり銭でを作ったりしていたが、漫画では巨大な像までもを作り出し九大天王を迎えている。

バベルの籠では(以下ネタバレ)ライセが復活した際に間大作の気配を遮断するために、まともな食料が調達できるかどうかすら怪しい洞10年間不眠不休で結界をり続けた。間大作が覚めた直後ライセの軍勢の襲撃を受け、を使い果たした樊瑞は大作を守るために自らとなり全身に矢を浴びて死亡した。

青年時代に先代十傑集の一員として虎関・呂布の討伐に赴いており、討伐にあたった十傑集九大天王4人(各2名ずつ)の生き残りの1人である。ちなみに十傑集のもう1人の生き残りは激動たるカワラザキであり、漫画中特に記述はないがカワラザキが過去十傑集リーダーを務めていた可性は高い。5巻で霹靂明がバベルの塔を襲撃し先代十傑集の首を3つ獲っていたことが判明。漫画版の十傑集はどうも入れ替わりしいようだ。ネタバレ終わり)

本当に孔明はこの関連動画を予測できなかったのか

手間のかかった割にはお粗末な関連項目だったな

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/01/25(土) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/25(土) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP