減給 単語

13件

ゲンキュウ

1.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

減給とは

給料を減らされることである。減俸とも。
良い意味で使われることはない。

若干似たもので労働者に対する罰(違約)もあるが、違法である。(後述)

概要

制度上の減給は懲処分の一種として位置づけられている。

条件を満たせば減給することは可だが、いくらでも減給し放題という訳ではない。

公務員の場合、口頭による警告である告より重く、停職より軽い処分となっている。
国家公務員では、人事院規則などの法律により1年以下の期間、額の5分の1以下の減給額と定められている。地方公務員の場合は各地方自治体が定めている。

それ以外の職業での位置づけは様々ではあるが、労働基準法第91条には

  • 減額分は1日分賃金半額えないこと
  • 減給総額は一賃金支払期での総額の10分の1をえないこと

…というような規定がある。

また、懲だけではなく、降格・配置転換などに伴う結果的な減給も起きることがある。
ただし一切の善が見られないなど、最悪の場合はリストラ解雇(クビ)になる場合はある。

簡単な例

  • 1時間遅刻したので、1時間分の給料が引かれるのは問題ない。
  • 遅刻が多すぎるので、本人に警告した上で減給するのも問題ない。

遅刻・欠勤・失敗したからといって、過剰な額の減給…ということはない。

ダメな例
  • 給料換算以上の罰・減給。
  • 給料換算以上の罰・減給にあらかじめ同意させる。
  • 1000円料理を落としたので、1000円分を給料から引く。
  • ・上層部の勝手な判断で不当な額を給料から引く。
  • 適当な名や難をつけて、本人の同意なく勝手に給料から引く。
  • 新しく入った社員が生意気なので給料を減額する。
  • 雇用契約書に罰・違約が発生し、対者やその家族が支払うことを記載する。
  • 解雇や降格をちらつかせ、本人に対して過剰な減給・罰に同意させる、念書に署名捺印させる。
  • ブラック企業

罰金

支払われるべき/受け取る給料が減るという意味では、罰も似た部分がある。

  • 労働基準法16条においては、(違約)・損賠償を設けるのは禁止されている。
  • 違法性のある雇用契約書/労働契約書は最初から
  • 賠償の請には悪質性・違法性を法的に明する必要がある
  • 前提として、労働基準法違反は犯罪である。黙って従ってはいけない。

ブラックバイト ブラック企業 の項も参照。

ネコババされていないか給与明細もチェックしておこう。

ちなみに、有給休暇・退職など労働者の権利を行使させないのも違反である。

その他、関連項目も参照。

例外

もちろん基本的なミスでは罰(違約)がないからとやりたい放題無法地帯…では困るため

バイトテロや横領、悪意満々の破壊行為、会社の信用を失墜させる犯罪行為など
悪質性・違法性の高いものは損賠償請される可性はある。

明確に常軌を逸するレベル仕事ができない場合などは
減給どころか解雇したほうがお互いの為になるかもしれない。

関連動画

関連静画

関連項目

知っておくと便利
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP