渡辺俊介単語

ワタナベシュンスケ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(43)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

渡辺俊介(わたなべ しゅんすけ、1976年8月27日-)とは、栃木県出身の元プロ野球選手投手)である。

概要

現在ではほとんどいない、アンダースロー投手として有名。

球速MAX130キロ前後と遅いが、地上5センチとも10センチとも言われるリリースポイントから放たれるアンダー独特の浮き上がるストレートストレートとほぼ同じ球速の高速シンカースローカーブを用いて打者を翻弄する。

また、その至上最も低い位置と言われるリリースの低さゆえ、調子の悪いときは手をマウンドにダフらせてしまうことがあるらしい。

2000年ドラフト4位で新日鉄から千葉ロッテマリーンズに入団。

ロッテ時代

2003年(3年)から先発ローテーションに定着し、2004年には12勝を挙げる。

2005年には15勝4敗、防御率2.17という成績を挙げ、チーム日本一に貢献した。

2006年は2段モーションの撤によるフォーム変更やWBCの疲れなどの影のせいか、5勝10敗と不振に終わる。2007年は2桁勝利は逃すも9勝6敗防御率2.44と復活を果たし、2008年には13勝を挙げた。

2009年は再びWBCに出場。しかしシーズンでは見るも無惨るも無惨無援護っぷりを発揮し、3勝13敗と大きく負け越した。援護率2.55は規定投球回数に達した投手の中でぶっちぎりの最下位。クオリティスタート13回でがついたのが2回ってどういうことなの…。ちなみに13勝した2008年(4.17)より防御率は良かったりする(4.05)。

2010年2011年はだいたい8勝9敗ぐらいの先発ローテーションとして回っていたが、2012年から成績が低下。

2013年オフメジャーリーグに挑戦するため自身の希望によりチームを退団。その後、ボストン・レッドソックスマイナー契約を交わした。

ロッテ退団後

こうしてサブマリンを渡ったが2014年のスプリントレーニングで結果を残せず3月レッドソックス解雇される。その後はアメリカベネズエラ独立リーグを転々としながら2015年まで海外プレーした。

2015年12月、古巣である新日鐵住金かずさマジックに選手兼任コーチとして就任。2016年4月には解説者デビュー。以降社会人野球と並行してマリーンズ戦の解説も行う。

引退後

2019年からは現役を引退し、かずさマジック投手コーチに専念。2020年からは同球団の監督を務める。

人物・その他

成績

通算投手成績

通算:13年 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホールド 勝率 投球回 与四球 奪三振 失点 自責点 防御率
NPB 255 239 42 8 87 82 0 1 .515 1578.1 385 846 694 640 3.65

関連動画


関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/05/15(土) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2021/05/15(土) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP