今注目のニュース
貝殻の中にファンタジーの世界が...! 本物の貝で作った「モンスター図鑑」がロマンしかないと話題に
私も私のやりたいように…。TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」より、犯罪者集団・敵<ヴィラン>連合「トガヒミコ」のフィギュアが登場!
おんぶしたい父vsマネしたい娘 同じポーズの親子写真に癒やされる

渡辺雄也単語

ワタナベユウヤ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(73)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

渡辺雄也とは、Magic: The Gatheringプロプレイヤーである。

概要

現在日本最強MTGプレイヤーはと問われればまずっ先に名前の挙がる人物であり、その実MTGの発売元であるWotC公式からも世界で最も強いプレイヤーの一人であると認識されている。

これまでのな戦跡を挙げると

世界トップクラスに名を連ねるに相応しいもの。
その戦績は世界が認めるところであり、2016年に満を持してマジックプロツアー殿堂入り。かねてより殿堂入り間違いしとされていたが、殿堂選出条件の「初めてのプロツアー出場より10年以上経過していること」が引っかかっていたためこれだけ遅くなってしまった。
逆に言えば、いかにデビューから圧倒的速度プレイヤーとして活躍してきたかの左と言える。

ミスターPWC

世界を又に掛けて活躍する前は、関東圏で今も行われている老舗の大会である「 Planes Walker's Cup(PWC)」の常連プレイヤーであった。
この頃、PWCの第1回開催から50回開催までの全てのトーナメントの成績と、サイドイベントドラフトの成績から、それぞれの総合順位を計算してみたところ、その両方で渡辺氏が1位になるという事実明らかになり、彼を称える称として「ミスターPWC」という言葉が生まれた。

このあと、ミスターPWCはその年度内にPWCで最も活躍したプレイヤーに与えられる敬称として制度化され、この後渡辺氏は3年連続ミスターPWCを獲得する事になる。

3年連続ミスターPWCを獲得したと言えど所詮はの根大会のトップ、と思われるかも知れないが、この頃のPWCは後にプロとして活躍するプレイヤーが毎週のように参加していたり、たまにこのPWC発祥のデッキ世界に伝播したりするなど、世界中のプレイヤーから注されているという噂がある程の大会であった。

この環境の中で切磋磨した結果が、その後の世界での活躍の元となっているのは間違いいであろう。

人類初の禁止候補

2012年当時トップメタに君臨していたデッキである「Delver-Blade」が、スタンダードグランプリを2連覇した際、渡辺氏がチェコプロプレイヤーのMartin Juzaに「禁止が出るとしたら、思案とデルバーどっちかな?」(どちらもDelver-Bladeの重要なパーツ)と問いかけたところ「もうお前自身が禁止で良いよ」と言われたエピソードtwitterで披露した事がある。その際、彼の知り合いであるMtG関係者、プロプレイヤー達から次々と賛同のが上がるといった出来事があった。
もちろんこれは渡辺氏に対する冗談交じりの敬意なのだが、このような反応が起きたのもそのはずで、何を隠そうDelver-Bladeがグランプリを2連覇した際のプレイヤーは当の渡辺氏本人だったのである。

因みに、Delver-Bladeは非常に強デッキではあったが、が使っても圧倒的な威を発揮するようなデッキではなく、状況による呪文選択肢の多さから生じがちなミスを最小限に抑える必要があったり、他のデッキべると勝ち筋が細いために、油断すると簡単に盤面を引っくり返されて頓死する可性が高いなど、使いこなすのはとても難しいデッキであった。
また、トップメタであるが故の同系対決の多さもあって「デッキ完成度が高い方が勝つ」「プレイング技術が高い方が勝つ」と言った状況が生まれやすかった。つまり、プレイヤーの技量を最大限問われるデッキであると言える。

そういったデッキを使って、強ひしめくグランプリを2連覇するというのは最デッキ々というよりプレイヤーの技量の賜物であり、それを承知しているからこそ「禁止補」発言がプロプレイヤー達の間で賛同されたという訳である。

ちなみにこのネタMtG-jpチームにも伝わっており、日本語公式サイトに掲載された「マジック20年の歴史」の中や、毎年発行されるMtG専門マナバーンにも載ってしまっている。

デッキチューナー

本人も度々言及しているが、ゼロから新たなデッキを構築する「デッキビルダー」というよりは
既存のデッキ完成度を極限まで高める「デッキチューナー」としての性格が強いプレイヤーである。

そんな彼の代表的なデッキは以下のようなものとなる


「Delver-Blade」(グランプリクアラルンプール2012、グランプリマニラ2012)

2012年のGPクアラルンプール、GPマニラを連覇した際に使用した「Delver-Blade」は、
軽量ドロー呪文を駆使して土地を極限までそぎ落とすことによって駄なドローをする確率を減らすなど
まるで研ぎ澄まされた日本刀のようなデッキに仕上がっていた。
デッキの中の土地を減らすと言う行為は、MtGによって最も避けたい事である「事故」と隣合わせの行為であり、中盤以降のムダヅモを減らす効果と引き換えに、土地が伸びずに手札を抱えたまま負けてしまう可性を高めるというリスクを負うことになる。
しかし、渡辺氏はそのリスクを自らの熟達したプレイング技術と卓越した判断によって補う事により、GP連覇と言う栄冠を勝ち取った。

「Jund」(プロツアー「ラヴニカへの回帰」)

直前のエキスパンションで登場した強クリーチャーである「死儀礼のシャーマン」を、当時のモダントップメタの一であった「Jund」にいちく搭載したデッキ。このカードの採用によってJundは完成度の高さを一段と高め、この大会での渡辺氏の準優勝を皮切りにJundがグランプリを連覇し続ける事となった。結果的にこの「死儀礼のシャーマン」入りJundは環境を支配するデッキと見なされ「死儀礼のシャーマン」はモダン禁止カードとなった。

「黒単信心」(グランプリ北京2014)

この頃のスタンダード環境で、強であったものの対抗として登場したバーンデッキに対してやや分が悪いと思われていた「単信心」デッキに対して、メインボード完成度を極限まで高めつつ、サイドボードにはバーン対策として、当時も注していなかった「死の大魔術師」を投入したデッキ
このデッキを使用した渡辺氏が、サイドボーディングの論見どおり、本来やや苦手であったはずのバーンデッキを次々なぎ倒してグランプリの優勝を成し遂げた事で「死の大魔術師」は一気に注を浴びるカードとなった。

「ジェスカイトークン」(世界選手権2014)

当時のスタンダード環境でのジェスカイ)系デッキクリーチャー火力によってビートダウンを仕掛けるテンポ系、ビートダウン戦略に「ジェスカイ盛」によるコンボを仕込んだコンボ系などが存在したが、このデッキコンボ要素をし、クリーチャーは「ジェスカイ盛」のを誘発させるトークン生成呪文によって賄っている。
トークン生成呪文を使用することにより、「ジェスカイ盛」を十二分に機させると同時に「かき立てる炎」の召集に必要な頭数を確保する、「宝船の巡航」の探の為に墓地を肥やす、といったシナジーを搭載した構成となっている。
渡辺氏はこのデッキ世界選手権という大舞台で使用するに際し、その前の大大会参加時に大会運営デッキリストの非開をお願いする(賞受取の放棄などの配慮により非開となった)、MOでの練習時にもリスト開されるイベントには参加しない、などの極めて慎重な情報戦略をとっていた。その甲斐もあってか、世界選手権で披露されたこのデッキ世界中から賞賛を受け、渡辺氏をトップ4という好成績へと導くこととなった。

「バント人間カンパニー」(グランプリ東京2016)

集合した中隊》を核にしたデッキバントカンパニー」に人間クリーチャーシナジーを組み込んだデッキ。奇襲性と爆発に長け、《中隊》によって《サリアの副官》×2が飛び出そうものなら全体強化で一にして相手を圧殺し得る。
デビュー戦であるグランプリ東京2016では10位入賞を果たし、その後も有デッキの一として存在感を示し続けた。

あずにゃん

余談だが、渡辺氏は大のアニメオタクであり、テレビで放映しているアニメは取りあえず片端から見ているそうである。
ニコ生で配信されているプロツアーグランプリの生放送では、アニメの事を尋ねられて嬉々としながら答えると言うのが定番のやり取りになっている。
特に「けいおん!」のあずにゃんこと、中野梓の事が大好きであり、彼のtwitterアカウントアイコンあずにゃんである。自画像に替わりましたexit相変わらずexitなので御安心ください。

・・・そして所属チームである「Team Cygames」が催した殿堂就任セレモニーにおいて、世界先輩プレイヤーチームメンバーからのお祝いサプライズムービーの最後にシークレットゲストとしてあずにゃんが登場。あずにゃん本人から名前を呼ばれ、殿堂入りをお祝いされるという夢のような事態に。
このまさかの祝福に渡辺氏は喜びのを流し、後に殿堂入りMTG標だったが、人生標までった」「好きなキャラに自分の名前を呼んでもらったら感動で立てなくなるぞ? 今日身をもって知った」っていた。セレモニーの模様はこちらexit

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

渡辺雄也に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

  • 71ななしのよっしん

    2020/05/26(火) 02:09:46 ID: xJwuukRzhU

    >>70
    偉そうにってるその理屈だと対戦相手や審判マークドした可性を否定できてねーぞ

  • 72ななしのよっしん

    2020/05/26(火) 10:54:56 ID: 7jTL3rKL8C

    そんなこと言い出したらキリがねえよ
    そりゃ審判がナベをグルになってハメたとすればナベにとっては都合のいい結論だけど根拠が弱過ぎるわ
    状況からはナベ本人がつけたとしか判断できないだろ

  • 73ななしのよっしん

    2020/05/26(火) 17:23:13 ID: xJwuukRzhU

    「状況からはナベ本人がつけたとしか判断できないだろ」
    これに対する反論として、ナベの立場で不正する理由が薄いって
    「やる意味がないからやってない」は意味って言い出したんだろ
    それに反論したら「そんなこと言い出したらキリがねぇよ」ってなんやねん こっちの台詞だわ
    ナベをだと断定できて、審判や選手がだという可性を「根拠が弱すぎる」と言える理由はなんだよ





急上昇ワード

最終更新:2020/06/03(水) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2020/06/03(水) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP