渡部愛単語

ワタナベマナ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

渡部愛(わたなべ まな)とは、日本女子プロ将棋協会(以下LPSA)所属の女流棋士である。1993年6月26日生まれ。北海道帯広市出身。LPSA番号19。

タイトル戦登場2回、獲得1期(女流王位)。

棋歴

2009年LPSAツアー女子プロとして登録され、2009年から2012年にかけて1dayトーナメントで4回優勝。また、3年連続でマイナビ女子オープンの予選を突破した。

2012年女流棋士認定問題が発生(後記)。なんやかんやあった末に翌2013年7月に女流3級として女流棋士となり、2014年度の女流王位戦から日本将棋連盟開催の公式戦に出場する。その後、約1年間の間に女流初段まで昇段する。

2015年、初出場の新人王戦で三枚堂達也から金星を上げる。女流棋士の対プロ棋士公式戦初対局初勝利2009年の岩根(対神吉宏充)以来。相手が三段リーグ1期抜けかつ当期の順位戦も8勝2敗の俊英であることに加え、対局内容も「戦が女流棋戦でほぼ皆無に等しい換わり掛け」「しかも後手番不利が定説の先後同で後手番を持ち」「相手のポカに助けられるわけでなく、優勢のまま最後まで押し切った」と、予想外の連続であった。同年は第1回女子将棋YAMADAチャレンジ杯で優勝日本将棋連盟棋戦で初の優勝となった。2016年も同大会を連覇。

2018年、女流王位戦の予選リーグを5戦全勝で通過。挑戦者決定戦では清水市代を破り、初めてのタイトル挑戦となった。番勝負では当時五冠だった里見香奈女流王位相手に、初戦の地元・北海道を挙げるとそのまま3勝1敗で押し切り、初タイトルの女流王位を獲得した。

2019年の女流王位戦では里見香奈リベンジにあい、1勝3敗で失冠。

女流棋士認定問題

2012年7月1日、1dayトーナメント3回以上優勝の実績によりLPSA規定による女流棋士3級として登録。しかし、LPSA側がこの認定基準を日本将棋連盟女流棋士認定基準と同等の基準として扱うことを要したのに対し、日本将棋連盟はこれを認めなかった。その結果、2013年1月30日石橋幸緒によるマイナビ女子オープンの対局放棄問題にまで発展した。

2013年2月22日日本将棋連盟が、上記対局放棄問題に関するスポンサーへの謝罪などの条件が満たされた際は、特例を認めると発表[1]LPSA側は提示された条件を当初は認めていなかったとみられる。

2013年4月1日日本将棋連盟開催の公式戦に初参戦(第21大山名人倉敷戦、対中村桃子)。ただし日本将棋連盟としては“LPSAプロ3級”という注記を付与した上でアマチュア扱いとしている[2]

2013年7月12日日本将棋連盟は、「LPSA側に謝罪の意がある」との見解を示し、またその結果として特例で渡部を女流3級扱いすることを発表した[3][4]2014年度の女流王位戦から日本将棋連盟開催の公式戦に出場している。

棋風・人物

加藤桃子と並ぶ若手居飛車党女流の代表格。

長時間の持ち時間に強く、女流棋戦で最も持ち時間の長い女流王位戦タイトルを獲得したほか、女流王位獲得により出場したプロ棋戦でも他の女流棋士よりも高い勝率をあげている。

ヘアアイロン洗濯してしまったり、大根おろしをする際に自分のをおろしてしまったり、初めてのタイトル戦でホテルオートロックの自室から閉め出されたりと、色々ドジっ子な一面がある模様。

日本将棋連盟所属の棋士ともフットサルなどを行なっている。2016年には、NHK将棋フォーカスの聞き手を務めた。

2019年大田区民栄誉賞受賞。

関連動画

関連生放送

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *LPSAによる一方的な契約解除通知と、石橋女流四段の マイナビ女子オープン対局放棄についての記者会見exit
  2. *第21期 大山名人杯倉敷藤花戦exit
  3. *LPSA、渡部愛さんへの対応についてexit
  4. *「ご心配とご迷惑をおかけした皆様へ」(ご報告)exit
この記事を編集する

掲示板

  • 9ななしのよっしん

    2018/06/14(木) 02:26:22 ID: bHwwEEsVi9

    三昧堂先生との棋譜動画
    >>sm25529272exit_nicovideo


    女流王位戦第4局も見たけど、どちらも一気に決めずに慎重に決めてるね。
    性格が気に現れている気がする。ともあれおめでとうございます

  • 10ななしのよっしん

    2018/07/28(土) 02:05:04 ID: V5Ndo3Sl7L

    女流王位戦以外の棋戦では思うような結果を残せていませんが、
    タイトルを争った里見女流四冠と同じく、渡部女流王位も他の女流棋士とは徒ならぬものを背負い続けてきた。
    奨励会経験組の活躍が立つ女流棋界ですが、強くなるため、摯に将棋と向き合ってきた渡部女流王位
    未来女流棋士の良きモデルとなるのではないでしょうか。
    一局でも調子が戻ってくるといいですね

  • 11ななしのよっしん

    2020/03/08(日) 10:53:00 ID: yX0PHfRn4L

    成績のムラを何とかしないと

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/22(金) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/22(金) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP