満塁ホームラン単語

マンルイホームラン

5.0千文字の記事
掲示板をみる(43)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

満塁ホームランとは、野球においてすべての塁に走者がいるときに放たれるホームラン(本塁打)の事である。グランドスラムと呼ばれることもある。

概要

  • 野球の1打席で獲得できる得点で最高の物がこれである。打者、1塁走者、2塁走者、3塁走者の4人が本塁を踏む事になるため、満塁ホームランでは4点入る
  • また、あらかじめすべての塁に走者が存在している必要があるため、通常の野球では先頭打者で満塁ホームランを記録する事はできない全盛期のイチローを除く)。
  • 最速で達成できる可性があるのは、先頭打者、2番打者、3番打者がそれぞれ出塁したあとの4番打者である。
  • 成立しにくく、また大量得点の攻撃であるため、野球において記録的な出来事の一つである。 

初回に満塁ホームランを放ったNPBの4番打者

理論上は初回に先頭から3者連続で出塁し、4番がホームランを打てば最も記録できる。
しかし初回に先頭打者から3者連続で出塁すること自体が少なく、また4番が打つまでにホームランタイムリーなどで得点した場合も達成できない。初回に満塁で4番を迎えたとしてもホームランが出るとは限らないので、非常にしい記録である。

セ・リーグ(11人、13回)
  1. ルージャクソン(サンケイ)1967年10月15日
  2. ウィリーカークランド(阪神1968年8月7日
  3. ロジャー・レポーズヤクルト1976年5月27日
  4. 山本浩二広島1978年5月31日
  5. カルロス・ポンセ大洋1988年5月3日
  6. 原辰徳巨人1988年6月9日
  7. ラリーパリッシュ(阪神1990年4月21日
  8. 西田二(広島1991年6月1日
  9. 原辰徳巨人1992年7月16日
  10. 新庄剛志阪神1996年10月9日
  11. 村上宗隆ヤクルト2021年9月21日
  12. ライアン・マクブルーム広島2022年5月20日
  13. 村上宗隆ヤクルト2022年6月23日

参考:日刊スポーツ[1]

パ・リーグ(19人、20回)
  1. ジョージアルトマン*(ロッテ1969年9月21日(2試合
  1. 中村剛也西武2009年4月30日
  2. 今江敏晃ロッテ2013年9月18日
  3. 浅村栄斗西武2014年4月17日
  4. ブランドン・レアードロッテ2019年7月24日
  5. 中村剛也西武2021年8月22日
  6. 今川優馬日本ハム2022年7月24日

パ・リーグは確認できているもののみ[2]

満塁ホームランに関する主な記録・エピソード

NPB

通算最多満塁ホームラン:中村剛也(22本)
2021年終了時点。2位王貞治の15本、3位は藤井康雄中村紀洋の14本。
シーズン最多満塁ホームラン:西沢道夫(5本)
1950年に達成。西沢はこの年満塁で21回打席に入り、4.2打席に1回、満塁本塁打を放つという恐るべき勝負強さを見せた。
代打監督逆転サヨナラ満塁ホームラン藤村富美男阪神
1956年6月24日広島阪神の一戦において、9回裏2死で0-1の状況から、当時阪神の選手兼任監督であった藤村富美男(故人)によって記録された。代打逆転サヨナラ満塁弾としては日本史上2例監督による記録達成としては現時点で一の例である。
代打逆転サヨナラ満塁優勝決定ホームラン北川博敏近鉄
2001年9月26日マジック1で迎えたオリックス戦。5-2の9回裏、満塁代打北川オリックス守護大久保勝信から代打逆転サヨナラ満塁優勝決定ホームラン。もちろん史上初(MLBにおいても類例なし)。しかも3点差を逆転する釣りしのホームランだった。関連動画参照。
二死からの代打逆転サヨナラ満塁ホームランお釣りなし:藤井康雄オリックス
何の因果か、上記の優勝決定ホームランからわずか4日後、2001年9月30日記録された。二死、代打、3点差(お釣りなし)の3つを持ったサヨナラ満塁ホームランとしてはNPB史上一の記録
この年は北川の1発といいボーリックナイトといい、3本ものお釣りなしサヨナラ満塁ホームランが飛び出したことになる。また藤井はこの年に代打満塁ホームランのシーズン記録(3本)を立した。
日本シリーズ代打サヨナラ満塁ホームラン:杉浦享(ヤクルト
1992年西武ヤクルト日本シリーズ第1戦、その年既に引退を決意していた杉浦が、12回裏一死満塁から代打サヨナラ満塁ホームラン。これにより杉浦引退を撤回する。
プロ初打席満塁ホームラン:駒田徳広巨人
1983年4月10日大洋戦で記録日本人選手では史上一。駒田は以降も満塁類の強さを誇り、歴代4位の通算満塁本塁打13本を記録するなど「満塁男」として有名に。
開幕戦で初回に四番打者が来日初打席満塁ホームラン:ケビン・ミッチェル(ダイエー
1995年4月1日西武戦で記録満塁西武先発の2球レフトスタンドにはじき返した。ダイエーはいきなり4点を先取するもののその後一時逆転され、延長戦の末11-10で辛くも勝利した。なおミッチェル自身は問題行為などで球団との関係が悪化し、シーズン途中で帰している。
投手プロ安打が満塁ホームラン:米田哲也阪急
1956年4月11日高橋ユニオンズ戦で記録プロ2回登板となった米田は9回を3失点で投し、初勝利をあげた。ちなみに18歳1かでの満塁ホームランは現在NPB最年少記録となっている。
3試合連続満塁ホームラン&4試合連続被満塁ホームラン:広島巨人
カープ2022年7月15日巨人戦延長11回に磯村嘉孝の勝ち越し満塁ホームランが出ると、翌16日は長野久義が、17日には堂林翔太代打逆転満塁ホームランを放ち、球団では31年ぶり2度の3試合連続満塁ホームランを記録した。
いっぽう初めて3試合連続で満塁ホームランを打たれたジャイアンツは、18日のヤクルト戦でも初回に満塁ホームランを打たれてしまう。この日の試合には勝ったものの史上初の4試合連続被満塁ホームランという不名誉な記録を生み出してしまった。
1番打者が初回に満塁ホームラン
1990年8月7日オリックス日本ハム戦に1番遊撃手先発した田中幸雄は、1回裏に先頭打者として二塁打記録。その後打者一巡して満塁の場面で再び田中の打席となり、今度はホームランを放った。日本ハムは初回に9点をあげ、最終的に2-19で勝利した。
2打席連続満塁ホームラン(プロ野球):二岡智宏巨人
2006年4月30日中日戦にて記録。1試合2満塁本塁打は史上2人だが、2打席連続は史上初。この試合の二の1試合10打点も歴代2位タイ記録
1イニング2本の満塁ホームラン、打たれた投手自責点0
2007年4月1日楽天オリックスの試合で生まれた記録。3回裏、オリックス先発吉井理人からホセ・フェルナンデス山崎武司が満塁ホームランを放つ。1イニング2満塁本塁打は史上3度、同一投手からは史上2度だった。しかし両方とも、二死からの失策の後だったため、打たれた吉井は8失点しながら自責点は0というおまけがつく記録に。なおこの年、山崎武司は11年振りの本塁打王を獲得した。
プロ登板で最初の打者に満塁ホームランを被弾:津森宥紀ソフトバンク
2020年6月21日ロッテ戦で記録ソフトバンク先発二保旭が2回表、ノーアウト1・2塁の場面で中村奨吾に頭部死球を当ててしまい危険球退場。緊急登板プロ登板したは、第1打者の井上晴哉に、8球バックスクリーン叩き込まれた。プロ登板で最初の打者にホームランを打たれた例は多数あったが、それが満塁ホームランなのは史上初。
満塁ホームランで通算最多安打記録に並ぶ:イチローシアトル・マリナーズ
2009年4月16日日本時間)、イチロー張本勲記録に並ぶ通算3085安打を満塁ホームランで飾った。ちなみに本の通算試合数は2752試合だが、イチロー2232試合で達成と500試合以上少ない

MLB

1イニング中に2打席連続満塁ホームラン(MLB):フェルナンド・タティス(カージナルス
1999年4月23日ドジャース戦に4番で先発したタティスは、3回表に満塁から賛浩の3球を捉えて自身初の満塁ホームランを放つ。チームの勢いは止まらず、3点を追加して二死満塁の場面で再びタティスの打席に回り、今度はの6球を捉えてこれもホームラン。一人で1イニング2満塁本塁打/1イニング8打点記録した。
投手が1試合で2本の満塁ホームラン:トニー・クロニンガー(ブレーブス
1966年7月3日ジャイアンツ戦に9番投手先発したクロニンガーは、初回に二死満塁からホームランを放つ。2打席は遊ゴロに倒れるが、4回には再び二死満塁で打席が回りこの日2本の満塁ホームランを打った。クロニンガーは5打席にもタイムリーを放ち、3失点で勝利投手としてはMLB最多となる1試合9打点記録した[5]
投手プロ安打が満塁ホームラン(MLB):Daniel Camarenaパドレス
2021年7月8日ナショナルズ戦で記録。2番手として登板し、4回裏2死満塁で相手先発マックス・シャーザーからメジャー安打となるホームランを放った。

高校野球

2打席連続満塁ホームラン(高校野球):松本哲幣(敦賀
2015年3月31日の第87回選抜高等学校野球大会準決勝第1試合、大阪桐蔭との試合で生まれた大記録。1回表、大阪桐蔭投手田中也から大会15号となる満塁ホームランを放った。続く2回表、再び満塁松本打順が回り、大会16号となる満塁ホームラン。高校野球100年という長い歴史の中で2打席連続満塁ホームランは初めてのことであり、1試合1人8打点はそれまでPLの桑田星稜松井などが保持していた1試合7打点記録を塗り替えた。また松本は翌日の決勝でも試合を決める2ランホームランを放った。
延長戦で逆転サヨナラ満塁ホームラン高校野球):矢野功一郎(済美)
2018年8月12日第100回全国高等学校野球選手権記念大会・2回戦、星稜との試合で記録タイブレークに入った延長13回表に2点を失った済美だったが、その裏に先頭打者がスクイズで出塁し満塁に。続いて打席に入った矢野右翼ポールに直撃する、甲子園史上初となる逆転サヨナラの満塁ホームランを放った。

関連動画

関連項目

脚注

  1. *【データ】新庄以来だ!セ25年ぶりヤクルト4番村上宗隆が初回満塁本塁打exit2022年1月15日閲覧)
  2. *残り6名は編集者の調範囲では不明。ただしパ・リーグで複数回記録しているのは中村剛也のみで、ライオンズの選手で記録しているのは中村、浅村の二人だけ。
  3. *ロッテ・レアードが今季3本目の満塁弾「ホームランテラス大好き!」exit2022年7月7日閲覧)
  4. *日本ハム・今川 プロ初のグランドスラム出た!4番打者の初回満塁弾は球団史上24年ぶり3人目の快挙exit2022年7月24日閲覧)
  5. *ちなみにクロニンガーはこの年の開幕投手として先発し、負け投手になったものの延長13回を3失点12奪三振投している。同一シーズン中に二桁奪三振と1試合8打点以上を記録するのは、2022年6月22日大谷翔平が打者として2本の3ランと2つの犠飛で8打点、翌日に投手として13奪三振を達成するまでMLB一の記録だった。(2022年大谷はこの日以外にも二桁奪三振記録しているが、1966年のクロニンガーは開幕戦が一の二桁奪三振だった)
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/10(水) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/10(水) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP