今注目のニュース
金魚すくいが上手すぎる! 声優・江口拓也が意外な才能を発揮
「まるですいかを冷凍したような食感のアイスバー」がセブンイレブンから発売
17歳の少女が殺害され、遺体の写真がSNSに 米ニューヨーク州で

源重之単語

ミナモトノシゲユキ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

源重之みなもとのしげゆき、?~1000?)とは、平安時代中期の歌人である。

百人一首48番の作者で、三十六歌仙の一人。清和天皇の曾孫で、清和源氏の一人である。

概要

その出自の割にはなかなか出世できず、地方官を転々とする生涯を送った。こうした経歴からか、の歌を多数詠んでおり、兼盛・曽好忠とは歌人仲間で親しかったという。晩年は藤原実方に従って陸奥に赴き、実方が不慮の死を遂げると、その後を追うように現地で没した。

百人一首では「をいたみ 岩うつ波の おのれのみ くだけてものを 思ふころかな」の歌が採録されている。百人一首以前にも、自作・多作問わず首の歌をまとめた歌集は存在するが、その起は、重之が冷泉天皇この歌を含めた首の歌をげたことに由来すると伝えられている。

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/07/16(火) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/16(火) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP