今注目のニュース
京アニ募金「可能な限り最も直接的で意味のある援助を」 海外発のクラウドファンディングが2億円を超える
キッズウィークの認知度、働く主婦の8割「知らない」 「親の方が休みにくい。子供が一人で留守番することになるのでは?」
吉本興業社長、パワハラ発言は「和ませようと」「冗談で」 しどろもどろ会見にネットでは批判相次ぐ

準急単語

ジュンキュウ

掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

準急とは、列車の種別のひとつである。

概要

略さずに言うと「準急行」。ポジション的には急行>準急>各駅停車となる。
かつては国鉄でも運行されていたが1968年10月に消滅し、現在では私鉄のみが採用している。

事業者によっては、「通勤準急」「区間準急」というものもある。
通勤準急:西武鉄道京阪電鉄が採用。
区間準急:東武鉄道小田急電鉄近畿日本鉄道阪神電鉄が採用。 

採用事業者

2013年12月現在

結局のところ、準急って速いの?遅いの?

結論からしたら、「一部だけ速い、各駅停車よりは」。
結構遅いと言われている区間急行よりも遅かったりする。
具体的には、区間急行よりも各駅停車区間が長く、速達運転区間も区間急行と同じかそれより停が多いのが特徴(ただし京阪電鉄を除く)。

採用事業者の項を見てもわかるように、ごく一部を除くほとんどの路線でターミナル付近の一部区間だけ速達運転を行い、郊外区間では各駅停車となる設定になっている。

ほら、イメージ的にも準急って結構遅いでしょう? 

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/23(火) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/23(火) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP