溶接 単語

112件

ヨウセツ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

溶接とは、材料同士を繋げる接合方法のひとつである。

概要

接着剤やボルト等によるものと異なり(正しく行えば)全に繋げることができる。

溶接の歴史は長く、メソポタミア文明の頃から存在する。

溶接は方法から融接、圧接、ろう接に分類できる。

融接

材(接合したい材料)同士を溶かして接合する方法である。

圧接

材に電気や熱を利用して加熱後、圧を加えて接合する方法である。

  • 抵抗溶接・・・材に電流を流し発生したジュール熱で融かして圧を加える。
  • 爆発溶接・・・火爆発による圧を利用。熱が発生しない。
  • 摩擦圧接・・・材同士を擦り合わせた時の摩擦熱とその時の圧を利用。

ろう接

材より低い温度で溶ける溶加材で接合する方法である。

溶加材がはんだであるものを半田付けという。他の溶加材より溶融温度が低いため、加熱方法が異なっていたりする。

  • 誘導加熱ろう付・・・電磁誘導による加熱を利用。
  • トーチろう付・・・・ガス溶接の機材(トーチ)を利用。
  • レーザブレージング・レーザを利用。

関連動画

関連商品

関連リンク

溶接とは | 溶接革命 | キーエンス - KEYENCEexit

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/25(木) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/25(木) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP