今注目のニュース
「まだ結婚できない男」タイトル連呼は不快と“ご意見”
《慶應アメフト盗撮》女子マネジャー風呂を盗撮・拡散した部員の卑劣手口と部内隠蔽疑惑
元アメリカ空軍兵士が日本で念願の「カツカレー」を食べた結果

激突!単語

ゲキトツ

  • 6
  • 0
掲示板をみる(19)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

激突!とは、1971年昭和46年)にアメリカ製作されたテレビ映画である。原題は「Duel」。

日本では1973年昭和48年)に劇場用映画として開された。

概要

トレーラーに追跡されるという恐怖と緊感を描く活劇。
急ぐあまりに1台のトレーラーを追い越したところ、そのトレーラーに執拗に追跡されはじめた主人公が、必死に逃走し、その末に対決するまでを描く。 

元は短編小説であり、原作者のリチャードマシスンの自身の経験談である「トラックドライバーの傍若人過ぎる危険な運転」をヒントにこの小説は書かれている。

これをテレビ映画化したのが当時まだ野生のプロから脱却したばかりの25歳のスティーブン・スピルバーグ
あらすじ自体はシンプルだが、卓越したカメラアクションスピード感溢れる演出で一世をし、一躍ハリウッドにその名を知らしめる。
得体の知れない恐怖の対であるトレーラーを、運転手を一切映さずに怪獣のように演出する[1]など、多くの新な描写が当時の観客に衝撃を与えた。 

アメリカでの開から40年経った今でも決して色あせることなく、ロードレイジムービー原点にして頂点である。

こぼれ話

関連動画

関連静画

関連商品

DVD映像特典として監督スティーブン・スピルバーグ、脚本のリチャードマシスンのインタビューも収録されている。
何故あのトレーラーに決まったのか、何故主人公赤色なのかなどを知りたい方はどうぞ。

関連項目

脚注

  1. *表情は伺えないものの、トレーラーの運転席や運転手の顔が映るシーンがある。本編7:3055辺りのシーン

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/20(日) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/20(日) 00:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP