今注目のニュース
天皇即位祝賀パレード、延期決定 11月10日に
テレビアニメの映像を使って全編を再構築した「シュタインズゲート」のリメイク作『STEINS;GATE ELITE』のiOS版が発売記念セール【スマホゲームアプリ セール情報】
教員間暴行問題で“給食のカレー中止”に野口健「やめるのはカレーではなく…」

火神大我単語

カガミタイガ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(171)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

『火神大我』かがみ たいが)とは、週刊少年ジャンプで連載していた漫画黒子のバスケ」の準主人公である。

CV小野友樹TVアニメ) / 冠井美智子(TVアニメ・幼少期) / 小西克幸VOMIC

概要

プロフィール

高校1年B組在籍。(主人公:黒子テツヤクラスメイトで席順も前後)
誕生日:8月2日獅子座
血液型:A型
身長:190cm、体重:82kg
ポジション:PF(パワーフォワード
背番号:10番
座右の銘:よく食べよく遊ぶ
好きな食べ物:チーズバーガー
趣味:サーフィン
特技:料理
嫌いな動物:アメリカにいた頃、を噛まれた )
い影のある赤髪の持ち眉毛の形が特徴的。黒子テツヤの現・相棒

人物

小学3年から中学2年まで親の転勤でアメリカロサンゼルスに在住していた。帰後もバスケを続けようとしていたが、日本レベルの低さに失望し、一時はバスケから離れていた。

高校進学を機に本格的にバスケに復帰。 高校バスケ部に入部し、その賦の才を見抜いた監督相田リコに即戦と見込まれ、1年にしてレギュラーの座を獲得。チームの不動のエースとして活躍する。

強い相手との勝負をめる挑戦心と向上心あふれる熱血やや短気で頭に血が上りやすいが、諫められれば自分の間違いをしっかり反するなど基本的には素直で物分りが良い。また、繋がりを失うことを恐れて兄貴分相手に本気になりきれなかったりするなど、乱暴ながらも根は優しく情に厚い。試合前日に奮して眠れないなど子供っぽい一面もある。

ジュニアスクール時代に日本人であることで周囲から浮いてしまっていたときに氷室辰也と知り合い、彼に誘われてバスケットボールを始めた。それから氷室とは兄弟としてペアリングを分け合いながらも、拮抗した試合を数多く演じるなど「兄貴分兼ライバルという非常に親密な関係となる。しかし、氷室が負傷していた試合で彼を気遣って手を抜いてしまったことで氷室を激怒させてしまい、喧別れしてしまっていた。

帰国子女なせいなのか、日本語普通に話せるものの敬語が苦手であり、「してくれ!…ださい!」や「やらせてくれ…です。」など、話し言葉に「です」「ます」をそのまま取って付けたような奇妙な話し方をする。勉強も0点を取ったこともあるほど苦手であり、への入学もギリギリだったらしい。特に苦手な科国語で、英語日常会話に不自由することはないものの、授業で習うような堅苦しい英語は苦手である(そのあまりの点数の低さから、「帰国子女やめろと言われたこともある)。

山盛りのハンバーガー毎日食べたり、4kg以上のステーキリスのようにを膨らませて食べたりと、大食で表していいのかわからないレベル大食い父親仕事の都合でアメリカに残っているため、現在ウィンターカップ本戦会場の近くにあるマンション(本来は父親と住む予定だったためかなり広い)自炊しながら一人暮らししている(そのため、料理の腕は確か)の中には必要最低限の具とバスケ用具しかないなど私生活はかなり禁欲的である。

プレイヤーとして

相田リコに「賦の才」「高一男子の数値じゃない」と言わしめるほどの身体の高さを誇る。特に跳躍に長けており、中で姿勢を大きく変えることができるほどの滞時間とレーンアップフリースローラインからジャンプして決めるダンクを可とするほどの飛距離を誇り、特に右脚で踏み切ったときは驚異的なジャンプを発揮する。

強いダンクシュートと跳躍を活かした高次元での攻防を最も得意とするものの、それ以外のも非常に高く、スラッシャーとして外から切り込んだと思えばインサイドでリバウンド争いをしたり、守備では相手エースマークしたりと、試合のあらゆる場面においてエースとして動き回る。その反面、アウトサイドシュートは苦手である。

それでも連載当初はまだキセキの世代メンバーに一歩劣っていたが、「野性」の発現や跳躍覚醒によってキセキの世代エース峰と互の1on1を繰り広げるほどに成長した。

以下続編のネタバレ映画の鑑賞前には読まないこと!)

漫画版最終章のEXTRA GAMEにおいては、ドリームチームVORPAL SWORDSexitにおいて、峰と並びゾーンを駆使してチームの攻撃の要として活躍。最終的に黒子峰との連係プレーチーム勝利に導いた。

漫画版では、勝利の直後のシーンで終わっているのだが、同作の映画版では、大幅に彼に関する描写が追加される形となり、原作ですら一度も描かれていなかった「帰直後の彼」が始めて映像化されているほか、VORPAL SWORDSでのプレーの前にアレックスからアメリカの有望高校選手を集めた学校への留学を薦められたことが明らかとなり、悩みぬいた末にアメリカ行きを決意。
これを聞いたメンバーは快く彼の夢を受け入れ、そしてキセキの世代たちにも遂に「最高のライバルで最高の友」と認められた。
その後、赤司の提案でvsキセキの世代でのラストゲームを終えた後にアメリカ立つ。
そして、原作では描かれなかった仲間との別れが追加され、黒子へ涙で感謝を伝えると、どんなにぶち当たっても必ずNBA選手となって夢をえることを約束し、キセキの5人は「バスケを続けて何れ彼と再戦する」ことを誓ってこの物語は本当の結末を迎える。

必殺技・特殊能力

  • 野性

所謂「野生のカン」。元々もが持って生まれ、成長とともに失われていく。五感が研ぎ澄まされたその感覚によって相手の行動に対して直感的に反応することが出来る為、予測よりさらに速い反応が可となる。アメリカアレックスの下で賭けバスケを死にもの狂いで行うことで取り戻した。

余計な思考や感情が全てなくなり、ひたすらプレイに没頭するただの集中をえた極限の集中状態。選手の持つを最大限引き出せる反面、トップアスリートでも偶発的にしか経験できない稀有な現ゾーンに入った人物は瞳からの筋のようなものが出る描写があり、汗の描写がなくなる。非常に強な状態ではあるが、あくまで一時的なものであり、時間制限が存在する。またゾーンは一度体感することでその万感によって「もう一度入れれば」という誘惑が生まれ、それが集中状態に一番あってはならない雑念となってしまい、一回より二回以降のほうが入るのがかに難しくなる。さらに入るためには個々人で異なる何らかの条件(火の場合は「仲間のために戦う意思」)を満たさなければならず、それを満たしたとしても必ず入れるわけではない。火峰と違い、自で意識的に入ることは出来ない。

アレックスから伝授されたレーンアップ生技。距離を犠牲にした代わりに右脚で高さを稼ぐように跳躍し、そのまま中からボールリングに上から投げ入れる。この技の最大の強みはブロック不可能な点にある。仮に火以上に高く跳んでボールを弾いたとしても、「相手の放った下降中のボールリングより上で触れてしまった場合、相手に点が入ってしまう」というルールがあるため、跳ばれた間にブロック不可能になってしまうのである。非常に強な技だがその分難易度も高く、跳ぶ時の位置、高さ、度、ボールコントロール、跳んだ後の体勢などのすべてが噛み合わなければ成功しない非常に繊細な技である上に、右足で必ず踏み切るため必然的に利き手ではない左手で正確にボールを操らなければならない。そのため、現時点ではゾーンに入った状態でしか使用できないゾーン状態専用の技になってしまっている。氷室の「陽炎シュート」と同様に無敵シュートとされ、こちらは「の技」と呼ばれる。『ジャム』とはダンクシュートの別名。

関連動画

『火神大我』で関連動画検索。exit_nicovideo

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

まだねぇな。

関連項目

関連外部リンク

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/19(土) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/19(土) 10:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP