今注目のニュース
20代フリーターが正社員を目指さない理由 「気軽さ」に幸せ感じるのは今だけ
今年も来るぞ 松屋の夏の風物詩「うまトマハンバーグ」
エアコンプレッサーで遊んでいた6歳児 友人に体内へ空気注入され死亡(印)

炎の剣単語

ホノオノケン

掲示板をみる(51)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

炎の剣とは、

その他

ファンタジー作品にも多く登場し、魔法物理を組み合わせたロマンあふれる武器になっている。

また、最初から炎をまとったとして登場しているわけではなく、に炎の魔法を後付するなども存在している。

その他に炎の剣に関連するものが使用されているものがあれば、追記お願いします。

余談

作ろうと思えば簡単である、物に油を塗って火をつければよい。

かしこれが武器として強なのかは疑問である。
切り傷と火傷はダメージとして確かなものである事は否定できない。しかし両方同時にする事で、本当に威が上がるのか? を燃やすことに意義があるのか?

熱は70℃あれば一で皮膚を破壊できる、マッチの炎ですら1000℃をえるので火傷を負わす事は簡単であろう。だが一だけならば空気の層や皮膚の汗などが体を守り、極端に熱することができない。相手をる事を念頭に置いた撃ならばすばやく切ることが大事であり、熱する暇などないため類には意味がない。ならばメイスのような相手をぶんなぐるような得物ならばいいのかと言えば、それも違う気がする。

長い炎の棒は確かに有効な武器である。押し付ければ熱傷を負わせ、相手の衣服を燃やし、炎自体が相手に恐怖を抱かせくらましなどにもなる。暗い場所では松明にもなる。
だがそれなら燃える棒で良いはずである。は重くすばやく振り回すのには適さない。燃える物がである必要性がない。

として扱い、炎はオマケだと考えればいいかもしれない。相手を叩き、ときに炎の塊として扱えばそれは様々な場面で生かせるかもしれない。

だがこれを実際にやろうと考える人には注意しておく。その炎の一番近くにいるのは常に自分自身であり、いつ自分に火傷を負わせるかわからないという事。まさに諸刃の剣なのである。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/19(月) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/19(月) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP