炎の精単語

ホノオノセイ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

炎の精(Fire Vampires)とは、クトゥルフ神話における奉仕種族の名前である。

概要

炎の精は地球から27光年離れたフォマルハウト(Fomalhaut)に棲むクトゥグア(Cthugha)に付き従うの小球で、別名クトゥグアの配下(The Minions of Cthugha)、〈炎をもたらすもの〉と呼ばれている。

彼らは生きている炎でありオーガスト・ダーレス著『闇に棲みつくもの/The Dweller in the Darkness』では天敵であるニャルラトテップ(Nyarlathotep)の拠点であるンガイ(Wood of N'gai)を焼き払った。

炎の精だけが単体で召喚されるというよりはクトゥグアとともに数、数千という炎の精が召還され、すべてを焼き払うといったほうが正しいのかもしれない。

またフサッグァ(Fthaggua)にも付き従っていたという話もある。火の玉だったらすべて炎の精なのだろうか。


登場作品:『闇に棲みつくもの/』-オーガスト・ダーレス

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

頂上決戦 大百科グランプリ記事

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/25(土) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/25(土) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP