烈火の炎単語

レッカノホノオ

1.4千文字の記事
掲示板をみる(168)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

烈火の炎とは、安西信行による漫画作品である。『週刊少年サンデー』にて、1995年16号より2002年9号まで連載された。単行本は全33巻。

また、連載中の1997年7月19日から1998年7月10日にかけて、フジテレビ系列アニメ化されている(全42話)。

現在、『週刊少年サンデーS』にて2018年4月号より連載中の「麗の世界有栖川」は、「烈火」などの安西作品のネタが詰まっているので、一読の価値あり(関連漫画参照)。

あらすじ

忍者に憧れる高校生烈火。ある日彼は治癒のを持つ少女、佐古下に出会う。
彼女の信念に共感した烈火は、彼女として付き従うこととなる。
そして烈火もまた炎を生み出し、操る不思議を持っていたのである。
今ここに一人の少年少女の、長い戦いの物語が始まる。

登場人物

烈火
本作の主人公忍者にあこがれる高校1年生花火職人であり、彼自身も花火を作ることができる。
炎を操るを手に入れたことで、を守るために数々の強敵と闘うことになる。
佐古下
本作のヒロインお金持ちのお嬢様
治癒のを持っており、そのを付けた者たちに狙われることになる。
風子
烈火率いるチームの一人。烈火幼馴染少女
男勝りな性格で、正義感が強い。を操る魔導具を使って戦う。
土門
烈火率いるチームの一人。
烈火友人の大男。見た通りのパワーファイター
凍季也
烈火率いるチームの一人。
烈火と同じ高校に通う高校2年生。イケメンを操る魔導具を使って戦う。
小金井
ショタ。初めは烈火の敵として登場するが、後にチームの一員になる。
魔導具は組み立てることで6つの武器に変形する暗器
の集団「麗(うるは)」を率いる男。烈火と同じく炎を操るを持つ。その正体は… 

アイテム・能力など

魔導具

この作品では「魔導具」と呼ばれるアイテムが多数登場し、それが様々なを生み出すとなっている。主人公烈火ヒロインなどのごく少ない例外を除き、それ以外の人物たちの使うは魔具が生み出している。そのため、新しい魔導具を手に入れたり、敵の魔導具を奪うことで戦の強化を図ることもできる。

そのルーツ戦国時代忍者集団『』に遡り、現在では散逸した魔導具が裏社会戦闘アイテムとして使われている。

魔導具にはを生み出す『核』を持つものが多く、核が破壊されない限り修理再生も可である。核にはその魔導具漢字文字で記されていることが多い。

炎の力

主人公烈火、およびライバル麗が持つ炎を生み出す。この2人は魔導具を使わずとも生身の状態で炎を生み出すことができる。

また、過去には同様に炎を生み出すを持つものが多数存在しており、彼らは術士と呼ばれていた。

治癒の力

ヒロインが持つ魔導具に頼らずに使用できる治癒の

その名前の通り、怪を治療することができ、烈火たちもたびたびお世話になる。だがその一方でこのを巡っては幾度も狙われることになる。

また、この魔導具と相反するものであり、魔導具がこのにさらされると壊れてしまう。

関連動画

原作関連

アニメ関連

ゲーム

手描き動画

関連漫画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 166ななしのよっしん

    2021/01/05(火) 17:32:24 ID: VXmhqfu6ny

    藤田子だけあって、終盤の熱いまとめ方は上手だったな
    漫画だわ

  • 167ななしのよっしん

    2021/02/07(日) 09:50:49 ID: FDgLnMlLUI

    藤丸戦で、風神の玉を入れて、を作り出した風子天才的ね!と
    ベタ誉めされていたが、ただ玉を入れただけで、天才とか賞賛される展開が寒かったな。
    FF7のマテリアでも参考にしてたのか。

  • 168ななしのよっしん

    2021/07/04(日) 00:14:41 ID: gen1QJEisI

    全巻全シーンの中で、死霊の群れを呼んで門都を丸焼きにしながら哄笑する麗が一番好き

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/08(月) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/08(月) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP