無を取得単語

エクスデスホイホイ

  • 17
  • 0
掲示板をみる(127)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(17)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

無を取得とは、2010年になって明らかになったスーパードンキーコングシリーズにおけるバグである口寄せバグキーワードである。

概要

最初に実用化されたのはスーパードンキーコング2である。
特定の手順を踏むことで、『コング達は明らかに何かを持っている時の格好をしているのに手元には何も持っていない』状態にすることができる。いわばを持っている状態である。
 おかしいのはこの先で、このを投げることで、スプライトを手元に引き寄せたり、タル大砲位、エレベーターなどの速度を変更したりすることができるようになる。また、これによってボーナスバレルやワープバレル、大砲などを引き寄せると移動先がおかしくなる。そして飛ばされる途中に弾かれるとなぜかゴール扱いされるのである(弾かれなくてもゴール扱いになることも)。
これだけでは何を言っているのかわからないと思うので、詳しくは動画を見てほしい。何を言っているかは解っていただけると思うが、それと同時に余計が深まるだろう。

当初はビートルが利用されていたが、後にクロバーでも実用化の途が立った。なお、この方法が実用化される前からanyTASで利用されていた『クラッシュエレベーター特定の条件を満たすと一にしてゴールにたどり着く』というものも同じ原理であることが分かった。

その後、スーパードンキーコングでの実用化にも成功。anyTASを8分も更新するという革命が起こった。こちらは取得したボーナスへの入り口をこじ開け、「洞窟を抜けるとだった」というまたしても摩訶不思議な現が起こっている。と思っていたら、さらに8分短縮するという革命が起こった。今度はダチョウボーナスへの入り口をこじ開け、洞窟を抜けると入り江に到達するという、さらに不可思議な現が引き起こされている。

スーパードンキーコング3ではいまだ発見されていないが、そのうち方法が見つかるかもしれない。無を取得はスーパードンキーコングシリーズTAS更新の更なる可性を秘めていると言えるだろう。

スーパードンキーコングシリーズ以外での『無』

本来は「何もない」ことを示す値や本来持てない物を取得することでバグを誘発、利用するという手法は多くのゲームで可らしく、スーパードンキーコングシリーズ以外でも似たようなバグが発見されている。

スーパーマリオワールドにおいて、ヨッシーを同時に2匹出すと1匹が透明になってしまうことは以前から知られていた。これを利用すると、1回だけ2段ジャンプが可となるのである。また、スーパーマリオ64でも、ボム兵爆発させるのと同時に掴んだり、みずびたシティーである方法をしたりすることで同様に無を取得できたりする(こちらは取得している物が変化するため、無を取得したり、本来持てない物を取得したりする)。

ゲーム以外でも何も持っていないはずなのに何かを持っているような状態になった時、「無を取得」したといわれることがある。

現実世界での『無』

2013年には野球において、キャッチャーが無を取得することによってランナーの進塁を防げることが発覚した。

関連動画

2における無を取得の検証動画。anyTASで利用されているクラッシュエレベーターについても同時収録。

無を取得することで大幅に更新することができた各ステージでのTAS動画

ノートから無を取得した。

 

そして、とうとう現実でもが取得された。

関連静画

関連商品

尚、最近になってニコニコ市場からを購入できるようになった。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/27(日) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/27(日) 07:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP