今注目のニュース
“台風15・19号”災害派遣で活躍 自衛隊ヘリパイロットが忘れられない「あの光景」
実践投入寸前までいったけど実際には使用されなかった10の兵器とその理由
μ’s、約4年ぶりに9人集結 「Snow halation」で会場は“オレンジ色”に包まれる

無頼伝 涯単語

ブライデンガイ

  • 12
  • 0
掲示板をみる(77)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(12)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

孤立せよ・・・

無頼伝 涯(ぶらいでん・がい)とは、福本伸行漫画作品である。週刊少年マガジンにて2000年16号2001年8号まで連載、単行本は全5巻。

あらすじ・概要

児童養護施設を飛び出し、暮らしで孤立援の日々を過ごす中学生工藤涯(主人公)はある日、資産平田に対する強盗殺人の濡れ衣を着せられ、民間の矯正施設『人間学園』に収容される。
だが、時の権者によって離に建設されたこの人間学園は、地獄のような虐待日常的に行わる治外法権地帯であった。自身への執拗な迫にも屈せず、脱走の機会をい続ける涯は、己の実を明すべく人間学園に最後まで闘いを挑み続ける。涯の大願は成就するのか。そして人間学園の正体とは――

1999年まで週刊ヤングマガジンで連載されていた大ヒット作、『賭博黙示録カイジ』の作者が執筆する、「熱いぜ天馬!」(1990年)以来の週刊少年マガジン作品ということで福本ファンからは大きな注を集めた。
脱走や格闘などのアクションシーンが多く描かれ、カイジアカギのようなギャンブルの描写を得意とする福本伸行の作品の中でも異色を放つタイトルの一つである。
残念ながら掲載媒体が少年誌であることで、非行と矯正がテーマの軸に含まれている本作品は児童にとっては難解な心理描写も多く、1年未満であえなく打ち切られてしまった。
しかし「ざわ・・・ざわ・・・」に代表される福本節は健在で、とりわけ登場人物・澤井は「アカギ」の鷲巣、「銀と金」の蔵前を駕するほどの狂気に満ち溢れた人物像で描かれており、読者に強な印を残した。
福本伸行の紛れもない代表作品の一つである。

登場人物(※ネタばれが多分に含まれます)

工藤涯(主人公

14歳少年中学生生まれた直後に両親から捨てられ、13歳まで施設で育つ。顔面に火傷の跡(稲妻状)が大きく残っているが、作中でその理由が明らかにされることはかった。自立意識がきわめて強く、そのため親の脛りでぬるま湯に浸かるだけの同級生とは相容れず、学校生活では常に孤立していた。そんな折、池田行という男と出会い涯の生活は一変する――

オレは・・・・オレに依って立っているっ・・・・・・!
自由・・・そう・・・これが自由だ・・・!

澤井

私立の矯正施設「人間学園」の課長。実質的な責任者であり、収容した少年(寮生と呼ばれる)の更正教育を自ら担当する。抵抗の寮生に対してゴム弾を浴びせたり、電撃棒で電撃を与えるなどの懲罰は茶飯事で、時には物による拷問を行うなどサディズムの限りを尽くす。懲罰房の機を備えるの部屋(DogRoom)では、涯たち寮生に対し、四つん這いの生活を余儀なくされる天井の低い間へ押し込め、数週間放置するという迫に及んだ。やがてその拷問から開放された寮生たちに贈られたとある言葉は、今なお読者の間では名セリフとしてとなっている。本作におけるもう一人の「主人公」と言って差し支えないほどの存在感読者に与えた福本ワールドの名キャラクターである。

安部

 飯田警察署生活安全課の不良刑事であり涯の協者。殺人犯の濡れ衣を着せられ逃げまとう涯を、職務として捕まえはしたが、当初から涯の実を確信していた。借まみれで汚職に手を染めるほどにまで落ちぶれいていた安部は、資産殺人事件が絡んだ冤罪劇に大なカネの臭いを嗅ぎ取り、涯に協することに。

石原

涯と同時期に人間学園に入寮した。反発を続ける涯にシンシーを抱き、共に脱走を試みる。

小川

涯の協者。カイジにおける三好のような気弱で頼りなさそうな性格だが、やがて涯の行動に呼応するように自分の意思で脱走を決断する。

平田

グループ会長平田息子平田を殺し、涯を犯人に仕立てあげ人間学園に追いやった本人。平田息子は涯の同級生であり、これも冤罪工作に加担し涯を陥れた。

陽気な外国人

平田冤罪工作のために300万円で雇った協者。「私平田サンノ顔ニ足向ケテ寝レナイヨ」と平田に忠を誓う。平田サーン。

関連商品

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 75ななしのよっしん

    2017/07/17(月) 19:12:11 ID: abH93P6YYX

    今しがた全巻読んできたけど
    打ち切りとは思えない程すっきりまとまってて面かった

  • 76ななしのよっしん

    2017/10/16(月) 23:16:33 ID: bRGLMPiU72

    の中延々と立たされることへの理不尽さを説いてる場面がさり気ないけど一番好き
    傍から見りゃどんな非人的にみえる仕打ちも圧の中じゃ当然の常識として甘んじられるってのが身に覚えがありすぎて痛だった

  • 77ななしのよっしん

    2018/11/28(水) 16:04:06 ID: 56JtdPNFlk

    単行本でしか見てなかったから打ちきりだと知るまで完結した中編漫画だと思ってた。びっくりするほどきれいにまとまってるよね。

急上昇ワード

最終更新:2020/01/20(月) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/20(月) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP