照ノ富士単語

テルノフジ

4.7千文字の記事
掲示板をみる(124)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

照ノ富士春雄(てるのふじ はるお)は、伊勢部屋所属の現役大相撲力士である。第73代横綱

概要

伊勢部屋
照ノ富士
基本情報
出身地 モンゴルモンゴル
ウランバートル
本名 ガントルガ・ガンエルデネ
杉野正山
生年 1991年11月29日
力士情報
所属歴 間垣部屋
-伊勢部屋
最高位 第73代横綱
初土俵 2011年5月場所
(技量審査場所)
大相撲力士テンプレート

1991年11月29日生まれ、モンゴルウランバートル出身。称はガナ。身長191cm、体重180kg(相撲協会公式発表)の大柄な体格はモンゴル出身者ではしく、体を生かした強い右四つの相撲を取る。

遠藤大砂嵐逸ノ城といった同世代で「若手のホープ」と呼ばれる力士たちをライバル視している。特に逸ノ城は同じモンゴル出身で鳥取高校後輩に当たるため、特に負けたくないといい、平成の世ではしい入りの大熱戦に2場所連続でなったことがある。

来歴

モンゴルにいた頃は柔道しんでいたが、横綱白鵬父親ブフ=モンゴル相撲の大横綱であり、レスリング五輪メダリストモンゴル英雄)にその素質を見抜かれて高校相撲の名門、鳥取高校に留学することになった。逸ノ城はこの時同じ飛行機で来日した。高校時代は3年生で団体戦レギュラーメンバーに選ばれた。

高校卒業後は大相撲への入門希望し、若ノ鵬の解雇2008年8月から外国人力士いていた間垣部屋入門2010年12月の新子検を受検したが、ビザの取得が間に合わず直後の1月場所では初土俵を踏めず、時期悪く八百長問題が発覚して3月場所も中止となったため、ようやく初土俵を踏んだのは2011年5月技量審査場所だった。

以降、順調な出世となっていたが、師匠間垣方が体調不安を理由に2013年3月場所限りで部屋閉鎖(その後、同年12月に退職)したため、横綱日馬富士らを擁する伊勢部屋に移籍。それまで4人しかいない小部屋所属だったのが横綱を含め20人の大部屋所属となり稽古場環境が充実したからなのか、移籍後は2場所連続で大勝ちして同年9月場所で十両に昇進。12勝3敗で新十両優勝を果たす。翌年3月場所で入幕すると同年9月場所以降は幕内上位に定着。2015年3月場所では小結を飛び越して関脇に昇進し、13勝2敗で千秋楽まで優勝争いに絡む快進撃をした。続く5月場所は千秋楽まで取り終えて12勝3敗の成績となり、結びの一番の白鵬の勝敗が決まるのを待ったが、兄弟子の日馬富士が見事援護射撃を決めて、の初優勝優勝旗手はその日馬富士が務めて盛大なパレードも行われ、場所直後には大関昇進も決まった。この快進撃から、当時の相撲雑誌では未来横綱補として名前が挙がっていた。

しかし、大関昇進後は怪に泣かされた。昇進2場所となった2015年9月場所の稀勢の里戦で、優勝争いを展開している最中に膝を負傷した。千秋楽まで強行出場して優勝決定戦まで進出したものの、これ以降は成績が落ち込んだ。

2016年1月場所で負け越し、初めての番で迎えた3月場所は8勝7敗で切り抜ける状態となった。5月場所で大関としては史上ワースト記録更新の13連敗(2勝13敗という成績も皆勤した大関としては史上ワーストタイ)をしたもあり、結局33勝48敗9休で年6場所幕内に在位した力士の中で最もが少ないという、同じ大関稀勢の里(69勝21敗で年間最多勝受賞)とは逆となる不名誉な記録を作ってしまった。

7月場所では千秋楽に勝ち越して8勝7敗、9月場所は4勝11敗で負け越し、11月場所も8勝7敗と不安定な結果が続いた。

大関陥落から序二段まで~どん底からの復活優勝

2017年1月場所は4勝11敗で負け越し。3月場所は4度番となり2015年9月以来の2桁勝利をあげるものの、優勝決定戦で稀勢の里に逆転負け。5月場所では11連勝を記録したが、優勝争いをしていた白鵬に敗れ、12勝3敗で優勝に届かなかった。

7月場所は琴奨菊戦で負傷し途中休場する。9月場所は5度番ながら途中休場することになり、14場所務めた大関から陥落11月場所は初日から連敗して休場した。

2018年1月場所も途中休場し、幕内では史上初の4場所連続休場。再出場したが1勝もできず、元大関としては4人となる十両陥落が決まる。十両で迎えた3月場所も負け越し、5月場所も途中休場の後再出場したものの、十両残留の安である5勝をあげられず、9敗と6休で終え、昭和以降初めて元大関幕内優勝力士幕下に陥落することになってしまった。この時期には、膝の故障に加えて、糖尿病、C肝炎、胆石症を同時に患い内臓ボロボロになってしまっていた。血糖値をコントロールする膵臓と、筋肉の元となるタンパク質の合成および有物質の解肝臓を悪くしたのでは、相撲に必要な体作りすらままならない。照ノ富士はこの頃を振り返って「稽古すればするほど体が悪くなっていった」とっている。

この間照ノ富士本人は引退も考えたが、師匠を初めとする伊勢部屋一門の応援もあり、復帰を決断。体の状態を戻すため、7月場所・9月場所も全休し三段に陥落。11月場所、翌2019年1月場所も休場し4場所連続の全休となる。3月場所では三役経験者でも初めてとなる序二段まで番付を落としたが、この場所から復帰し、2017年5月場所以来の勝ち越しを決める。残念ながら優勝決定戦でに破れ優勝は逃した。この場所の照ノ富士は、筋肉が萎んでいるのは言うに及ばず、肌は荒れてボロボロの上に至るところで毛細血管が切れて内出血を起こしていて、大関時代の姿と較して痛々しいほどであった。

など、記録ずくめの優勝となった。9月場所は前頭筆頭まで番付を上げたものの、8勝5敗2休。

11月場所は自身初となる小結に昇進し、2横綱2大関が居ないなか、貴景勝優勝争いを繰り広げる。千秋楽貴景勝との直接対決を制し優勝決定戦まで持ち込んだ。優勝決定戦で敗れるも、13勝2敗で技賞を獲得した。

2021年

2021年1月場所では11勝4敗、3月場所は12勝3敗で3回幕内優勝。翌5月場所で悲願の大関復帰を果たした。現行の制度になってから、大関から陥落後に特例(陥落した次の場所で10勝以上なら大関に復帰できる制度)によらず復帰したのは1977年傑以来2人で、十両以下に陥落してからの大関復帰は史上初である。

大関に復帰して初めて迎えた5月場所では、初日から10連勝と絶好調。しかし11日妙義龍戦でまさかの反則負け。14日遠藤戦は際どい相撲となり、物言いがついてとなるなど終盤に失速してしまう。2敗で迎えた千秋楽では3敗で追う貴景勝に敗れ、決着は優勝決定戦にもつれ込んだ。この決定戦で貴景勝を下し、2場所連続4回大関としては自身初幕内最高優勝を飾った。

7月名古屋場所を綱取りとして迎え、初日には先場所敗れた遠藤にも勝ちを重ね続ける。休場明けの白鵬と並んで14日まで全勝を続け、横綱昇進をほぼ確実にする。千秋楽2012年横綱白鵬大関日馬富士以来9年ぶりとなる全勝同士の相決戦に。この一番で白鵬に小手投げで敗れ優勝は逃したものの、横綱昇進に向けた臨時理事会の開催と横綱審議委員会への諮問が決まり、21日に臨時理事会の満場一致第73代横綱への昇進が決定した。モンゴル出身力士では5人横綱昇進で、大関陥落経験のある横綱三重以来2人(もちろん序二段陥落からの横綱昇進は初)となり、平成生まれ初・令和最初の第73代横綱が誕生した。

8月日本国籍を取得。日本名は師匠である伊勢方の姓をもらい、「杉野正山せいざん」とした。24日には明治神宮で奉納土俵入りを行った。(相撲協会公式チャンネルで配信exit

横綱土俵入りは不知火を選択。一人横綱として迎えた9月場所で13勝2敗をあげ、稀勢の里以来9人となる横綱優勝を果たした。白鵬がこの場所限りで引退したため、11月場所からは東横綱となった。

11月場所は土俵際まで攻められることも何度かあったものの、冷静な取り口で13日まで全勝。14日に1敗で追う炎に勝ったため、この時点で2場所連続の優勝を決めた。千秋楽では貴景勝に勝って自身初の全勝優勝を達成した。(平成生れの力士による初の全勝優勝)新横綱からの2場所連続優勝大鵬以来59年ぶりとなった。

平成25年から横綱昇進までの番付推移

平成25年伊勢部屋へ移籍。""にカーソルを合わせると各場所の番付と成績が表示されます。

超会議場所トーナメント戦の成績

ニコニコ超会議で行われた大相撲巡業のワンデイトーナメント大会の結果をここに記す。

大相撲超会議場所

ニコニコ超会議3で開催された。当時の番付は西前頭10枚2014年3月場所)。新入幕の場所だったため、当然ながらまだ上位力士と本場所で対戦したことはない。

勝敗 決まり手 対戦相手
1回戦 シード
2回戦 寄り倒し 西前頭3枚 高安
3回戦 寄り切り 横綱 鶴竜
準々決勝 寄り切り 東大関2 稀勢の里
準決勝
決勝

大相撲超会議場所2015

ニコニコ超会議2015で開催された。当時の番付は東関脇2015年3月場所)。

勝敗 決まり手 対戦相手
1回戦 上手投げ 西前頭筆頭 逸ノ城
2回戦 寄り切り 東横白鵬
準々決勝 寄り切り 前頭筆頭 栃煌山
準決勝 寄り切り 前頭3枚 高安
決勝

大相撲超会議場所2017

ニコニコ超会議2017で開催された。大関昇進後初めての超会議場所となった。

取組 勝敗 決まり手 対戦相手
DAY1 幕内取組 上手投げ 関脇 玉鷲
DAY2 幕内取組 大相撲トーナメント出場(下表参照)

大相撲トーナメント 成績

勝敗 決まり手 対戦相手
1回戦 寄り切り 関脇2 高安
2回戦
準決勝
決勝

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 122ななしのよっしん

    2021/11/28(日) 00:20:26 ID: oMD/yDoYF/

    レベルなんて単純較できんし、白鵬すら別に全部全勝や14勝じゃないんだから優勝したのに文句言われてもね。
    まぁしかし1人横綱の重責をちゃんと果たしたんだからよかった良かった

  • 123ななしのよっしん

    2021/11/28(日) 12:13:40 ID: HWiC5tuasF

    一戦残して76勝、2014以来の70勝え最多勝
    優勝4回、準優勝1回
    今年は覚ましい活躍だった

  • 124ななしのよっしん

    2021/11/29(月) 14:48:26 ID: koUbBj5e++

    >>117
    今の大相撲意味が分からないけど、先々場所は白鵬が15勝してるよ(この時は照ノ富士14勝)
    59年ぶりの新横綱から連覇おめでとう
    照ノ富士は今回が初の全勝優勝だったけど、攻められても冷静だったのがよかったね
    ただかなり押されてた取り組みもあったから、大栄とか炎には期待したい

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/20(木) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/20(木) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP