照明 単語

83件

ショウメイ

3.1千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

照明とは、(建物洞窟など)暗いところを明るく照らすことである。

明るく照らすために使う具や装置それ自体も照明と呼ぶ。
日本語では「電気」と呼ばれる場合もある。(部屋電気をつける、など)

を当てて照らし出すことは照射とも呼ばれる。

概要

明るく照らす行為のことを一般的には照明(Lighting)と呼ぶ。また、明るく照らすための物品も照明と呼ぶので、ランタンやろうそくなどの電気をともなわない明かりも照明の部類である。

人間が利かず、周囲や前方の状況が確認できない暗闇においては安全/容易に移動・行動できない。

人間の最古の照明は、武器にも調理にも使われる""である。照明の歴史人間歴史と同じ長さであり、でも外で行動したり書物が読めるなど、人間が暗い中でも行動できるようになったのは、火による照明があったことによるものである。

やがて、火を基点として具や文化が発達するようになり、現在では屋外照明/屋内照明など間用途で分けた照明、防犯/舞台などの作業用途で分けた照明など、多種多様な照明が存在する。また、およびそのによって発生するを利用しての人間イメージづくりや間演出、「影絵」といった文化など、照明がかつて果たしていた用途とは違う分野に枝分かれして発達している。

また、照明という言葉自体も照らすだけの意味ではなくなり、建築業界においては、人工的な配線によって電気の通った電球などの類をす。テレビ/放送業界では、役者スタジオを当てるための役職も照明と呼ぶ。

照明の効果

部屋電気エレクトリカルパレードの電飾が設置されていたら、あなたはこの家に帰りたいとも友達を呼びたいとも思わないだろう。グラビア写真の際にモデル全体を照らさずアゴから上に照らしてお化け屋敷みたいな撮しかやらなかった場合、次の雑誌の売上は減するだろう。舞台で表された俳優じゃなくか別の人にスポットライトが当たっていたら、観客はそっちのほうが気になるだろう。

照明には「暗いところでも見える」以外にも効果がある。俗に視覚効果と呼ばれるものである。上記の極端な例のように、対を照らすことそれ以外にも当て方や色、度などといった「人から見てどのように思われるか」といったイメージ分野にも注は集まっている。

イメージが重要であるということは国家戦略で考えられている規模であり、アメリカ合衆国では大統領を撮する際にライトの強さや色、ライトを当てる度やそれによってテレビとしてどう映るかといったことをメイクカメラ、演出なども交えてリハーサル込みで行っている。

欠点

関連動画

関連項目

照明・補佐

脚注

  1. *味方を敵と誤認し射撃してしまうなど。(→フレンドリーファイア
この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

  • なし

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/19(金) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/19(金) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP