熊を1頭伏せてターンエンド!単語

クマヲイットウフセテターンエンド

掲示板をみる(53)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

熊を1頭伏せてターンエンド!とは、修行である。

概要を1文伏せてターンエンド!

アニメ遊戯王ZEXAL」における、修行の一環。
正確には、同作82話でアリトの山篭り(修行)に付き合い修行に励む、ギラグが口にした台詞である。

山の中で岩をダンベルのように持ち上げたりウサギ跳びに励んだり、細い岩(?)の上でバランスを取るなど、バトル漫画修行シーンもかくやの描写が繰り広げられた矢先に、山でと格闘したギラグを倒した後、デュエルと同じノリで唐突に口にした。
からしてみればターンどころかデュエル自体がエンドとなってるだろう、というのは禁句

「どう見ても、デュエルとは明らか関係な体鍛錬」という描写はなにも遊戯王ZEXALに限らず、過去シリーズたる遊戯王GXの時代から見受けられた。
(例:サイバー流のドロー特訓風景オブライエンの鍛錬、など。 参照→カードゲームではよくあること
中にはデュエルどころかリアルファイトによって出番が強制的にターンエンド!させられたキャラクターも少なからずいたという有様を成していたため、古くから遊戯王シリーズに慣れしんでいた視聴者にとっては「いつもの」としてさほど驚くような展開でもなかったものの、日常的要素と非日常的要素が入り混じったこの台詞には流石に驚いた視聴者が多かったようだ。
何にしても、遊戯王シリーズが放つ『遊戯王らしさ』とでも呼ぶべき要素を違和感なく発揮している素晴らしい台詞であると言えるだろう。

余談となるが、前作にあたる「遊戯王5D's」では、ニセジャック騒動で犯罪者の汚名を被せられたジャック・アトラスが、マスコミによって新聞で『ターンエンド』という一面を飾られ報道されたことがあった。
良くも悪くも、この世界にはデュエル関連の用生活の一部として定着していることがわかる。

関連動画をうpしてターンエンド!

関連商品をセットしてターンエンド!

関連項目をセットしてターンエンド!

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/12/07(水) 00:00

ほめられた記事

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP