今注目のニュース
“孤独”皆藤愛子「誰のために生きてるんだっけ」
【吉本会見】高橋真麻「本質は"反社からお金を貰った"というところ」、箕輪厚介「全く違う問題が2つあることを認識すべき」
「仕事を選べるなら再び中学教員に」日本が他国より少ない理由 教師の仕事が「外れる子を出さない品質管理」になっているため?

熱田神宮単語

アツタジングウ

掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

熱田神宮とは、愛知県名古屋市熱田区にある神社である。

概要

創建された時期は不明であるが、景行天皇の御代と伝えられているため西暦71年~130年頃と推測される。
三種の神器のひとつ草薙叢雲)を御体として神社で、伊勢神宮に次いで格式の高い神社である。

内は名古屋市地にありながら面積約9万メートル(飛地内地を合わせると約29万メートル)と広大で、その大部分は木々がと茂るとなっていることから熱田のと呼ばれる。の中には巨木も多く、1000年前後のものも含まれる。
木々により日差しと都市の喧騒を遮られた静寂な内は、あたかも日常とは別間に迷い込んだかのような印を訪れる者に与える。ただし、正月初詣の熱田祭りの時期には内に出店が立ち並び、大勢の参拝客で賑わいその趣を変える。正月初詣では毎年235万人程の参拝客が訪れている。

内には本宮、別宮、八つの摂社、十九の末社がられ、土曜殿神楽殿などの建造物、県内の神社を統括する愛知県神社庁、神職の養成機関である熱田神宮学院を擁する。外には四つの摂社、十二の末社がられている。
殿第二次世界大戦の戦災で焼失したため、現在あるものは戦後に再建されたものである。

熱田神宮には、古くは織田信長狭間の合戦に赴く際に軍勢を率いて必勝祈願に訪れ、現代では中日ドラゴンズ監督・選手らが優勝祈願に訪れている。

逸話

熱田の宮は蓬莱山の伝説があり、かつては蓬莱宮と呼ばれていた。
周辺が埋め立てられる以前、熱田の地はに突き出した岬のようになっており、熱田の宮はを正面にして作られていた。この熱田の宮をから見て左、そこに名古屋城とその下町が位置していたことから、名古屋及び名古屋城は別名・蓬左と言われた。

美術館の横に、徳川家康から尾が引き継いだ文献を収めた蓬左文庫があり、それはここに由来する。
蓬莱の名は今尚、近隣の店・蓬莱軒(あつた蓬来軒)や、愛知県の地蓬莱などに息づいている。

創祀

景行天皇から東征を命じられた日本武尊やまとたけるのみこと)は、伊勢に立ち寄った際に倭命(やまとひめのみこと)から当時伊勢神宮られていた叢雲[1]を授けられ、東定した後、尾にて尾造乎止与命(おとよのみこと)のである宮簀媛命(みやすひめのみこと)[2]を娶り后とする。
日本武尊草薙(=叢雲)を宮簀媛命に預け、伊吹山の神を素手で打ち倒すべく出立するがその途上に煩野で薨去する。
その後、宮簀媛命が草薙り、建立したのが熱田神宮の創であるとされる。[3]

御神体

三種の神器のひとつ草薙(くさなぎみつるぎ)(※草薙剣、叢雲とも)を御体としている。

祭神・相殿神

祭神

相殿神

歴史

主な祭典・神事

日付 祭礼[場所] 内容
1月元日 歳旦祭[本宮] 熱田神宮の初詣。「この年がよき年であるように」と祈る祝詞が奏上される。
1月3日 元始祭[本宮] 年の初めにあたり、皇室国家の繁栄を祈る祭典。
1月5日 えびす[上知神社] 商売繁盛・内安全・漁業豊漁を祈る祭り
1月7日 世様事(よだめししんじ)[大幸田神社] (いみがめ)の封を解きその年の豊を占う農業事。
1月11日 踏歌事(とうかしんじ
[本宮、別宮、影向間社、大幸田神社]
舞と歌曲により大地の精霊を鎮め、除厄と招福を祈る。
1月12日 世様事(ふうすいよだめししんじ
[東宝殿神楽殿]
翌年の世様事(よだめししんじ)に用いるかめ)に清水を封じる事。。
1月15日 歩射事(ほしゃしんじ
[本宮・神楽殿前庭]
豊年と除災とを祈る事で俗に「御的(おまとう)」とも言われる。6人の神職による射手が計36本の矢を奉射する。大的の千木には魔除けの効果があり、事の後は参拝者に配られる奪い合われる。
2月21日 紀元祭[本宮] 第一代神武天皇が即位された皇紀元年(紀元前6602月11日を祝う祭典。
3月17日 祈年祭[本宮・別宮を含む内外の全ての神社] 宮を挙げて五穀豊と産業繁栄を祈る祭りの新祭と合わせて重要な農業行事。
3月17日 御田神社祈年祭[御田神社] 五穀豊と産業繁栄を祈るお祭り。※御田神社のみ午後に行われる。
3月最終日曜日 氷上神社太々神楽
[氷上神社]
神楽の奉納。氷上神社は宮簀媛命(みやすひめのみこと)を神社で、大和武尊の亡き後草薙っていたが、これを還して創したのが熱田神宮と言われている。
4月3日 幼児成育祈願祭
[高座結御子神社]
子育てのにご加護を祈る祭事。高座結御子神社には、神様に15才まで「子預け」して事成育を願う信仰がある。
5月1日 舞楽 神楽殿前庭に朱塗の高舞台を設け終日舞楽を奉奏する平安時代より伝わる事。
5月4日 酔笑人事(えようどしんじ
[影向間社、神楽殿、別宮、清]
体の草薙が当宮に還った故事を今に伝える事。内のを消し、影向間社、神楽殿前、別宮前、清門前の四ヶ所で悦びを込めて高笑いをするしい事。
5月5日 輿渡御事(しんよとぎょしんじ)[本宮] 草薙が当宮に還った故事にゆかりのある事。王絵巻さながらの装束で輿を中心にした行列が、本宮から鎮皇門跡の西門まで進む。
5月6日 氷上神社頭人祭
[氷上神社]
熱田神宮の頭人がの絵を供え、参列者には粽が配られる。昔は狩の獲物をお供えしていた。
5月8日 豊年祭(別名:のとう)[本宮、西楽所] 所、田所に豊作を占い徳に感謝する。西楽所に造られたと田を模した飾り物の出来具合により農家の人々が自ら今年の作柄を占う。
5月9日 熱田講社季大祭
[本宮]
の崇敬者で組織された熱田講の議員が祭典に参列し、熱田神宮への感謝と産業業の繁栄を祈る。
5月13日 御衣祭[本宮] 神様に衣料を奉り、衣更えをしていただくお祭り
5月31日 高座結御子神社例祭宵宮祭
[高座結御子神社]
「高座の井戸のぞき」として信仰される高座結御子神社の例祭の宵祭り

※ 上記の祭典・事の記述は公式サイトを参考にしています。実際に訪れる方は公式サイトの予定を確認してください。

アクセス

関連動画

関連商品

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *古事記などでは草薙(くさなぎつるぎ)、草薙御剣(くさなぎみつるぎ)、日本書紀では叢雲(あめのむらくもつるぎ)と伝えられる現在は熱田神宮と皇居の宮中賢所に安置されているが、ひとつは本物でもうひとつは形代(模造)、あるいは両方とも模造で本物は合戦の際に壇ノの戦いで中に沈んだ、あるいは壇ノの戦いで沈んだものが模造で現存するものが本物であるなど諸説ある)
  2. *他に宮簀媛、美売とも伝えられる
  3. *日本武尊の没後に景行天皇草薙って草薙神社静岡県静岡市清水草薙)を建立し、草薙はその後に熱田神宮に移されたとも伝えられる。

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/23(火) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/23(火) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP