今注目のニュース
「次元が違いすぎて頭が追い付かない」 新人YouTuber・デヴィ夫人、ロスチャイルド家の別荘を訪れる“セレブ旅動画”が大反響
猫はただ飛んだだけ。だがそれが引き金となってしまったリビングの惨事
前場の日経平均は反発、伸び悩みで薄商い続く

爆撃機単語

バクゲキキ

掲示板をみる(54)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

爆撃機(ばくげきき)は軍用の航空機(軍用機)の1分類。に対地攻撃を主任務とする。 

概要

航空機の定義は基本的に設計メーカーおよび発注した軍隊・政府によって定められるため、ここで挙げられるのはあくまで一般論となる。また日本語と諸外国語では定義の区分け自体が異なる。

爆撃機は爆弾対地ミサイルを搭載し、地上を攻撃する事を主任務とする軍用機をす。

B-52のような大の爆撃機を戦略爆撃機、小のものを攻撃機や戦術爆撃機等と一般的に呼ぶが、先述したように、メーカーによって定義が違いはっきりとしないのが現状である。過去には航空機同士での戦闘を想定した武装を施している場合もあったが、現代ではそうではない軍用機を限定して爆撃機と呼ぶ場合が多い。

なお一般的に知られている、エンジンを4つも8つも積んでいる重爆撃機(戦略爆撃機)は今では運用・良こそされているものの、新規に開発されることはめったにない(2019年時点で具体的に開発が進んでいるのはアメリカB-21のみ)。これは大陸間弾道ミサイルの発展によるもの。また小の軍用機のペイロード(積載)ですら大戦時の重爆撃機を優に上回っておりフランス軍では核兵器ですら戦闘機マルチロールファイターベースの機体に搭載しているなど、これ以上の大機は時代に必要とされていないためである。

その代わり戦闘爆撃機(攻撃機マルチロールファイター)のように小かつ広い用途で使用できる軍用機の開発が盛んになっている。参考までにF-15Eストライクイーグルの爆装は最大で約11,000kg。過去日本の各地を襲った大爆撃機B-29の積載量は約9,000kgである。

ただし、大爆撃機も全に不要と言う訳ではなく、実際米軍ではB-52爆撃機を2045年頃まで使用予定でいる。

爆撃機は巡航ミサイルの発射体としても使用されることがあり、戦場から遠く離れた域から長距離巡航ミサイルを発射する戦法も昨今では見られる。ロシア軍がシリアISIL拠点を攻撃した際にはこの戦法が取られ、Tu-95Tu-160カスから巡航ミサイルシリアに向けて発射した。

CAS

近年では大戦略爆撃機を味方地上軍に協させてCAS(近接航空支援)を行なうという運用も進行している。B-52B-1爆弾搭載量は戦闘機かに大きく、また戦場の上で長時間滞するでも戦闘機のそれを大幅に上回っている。味方地上軍からの要請に応じてすぐにかけつけ、誘導爆弾によって味方が対峙している敵部隊を吹き飛ばすことが、2000年代イラクアフガニスタン普通に行われるようになっている。[1]

関連項目

脚注

  1. *日本兵器世界を救う」 兵頭二十八 徳間書店 2017 pp.270-271

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/23(金) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/23(金) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP