片岡鶴太郎単語

カタオカツルタロウ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(14)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

片岡鶴太郎(1954年12月21日~)とは、東京都荒川区出身のタレント俳優・画プロボクサーである。本名は荻野繁雄。

概要

子供の頃から芸人を志して、1964年10歳の時にフジテレビの素人参加番組に出演をするが、当時番組ADで後に『笑っていいとも!』のプロデューサーとなる横澤彪と出会う。高校時代には演劇部に所属をし3年の時には部長となる。

高校卒業俳優していたが挫折。1973年声帯模写芸人片岡八に子入りをし芸を磨くが、途中で師匠が死去をし、1976年には大阪コメディアンジュンの元で付き人となり、が得意のトランポリン芸を学ぶが危機感を持ち2年で脱退をする。その後は知人のつてで、道後温泉にある劇団に入団をしモノマネ芸を磨く。太郎の才を理解してくれた座長のと半年後に上結婚した。夫人との間には三人の子供を設けている。

1978年24歳の時に実質的なテレビデビューを果たし横澤彪とも再会をする。芸名も片岡鶴太郎でデビューをするがこの時は漫才ブームには乗れかったが、大ヒットを飛ばしたバラエティ番組『オレたちひょうきん族』では近藤真彦モノマネで脚を集めて、モノマネ芸人として人気を博す。また当時の芸は体当たり芸が多く、「熱々おでんを食べる」や「最後のオチ全裸になる」と言ったリアクション芸は後輩芸人でもあるダチョウ倶楽部井手らっきょを与えた。人気が定着をして以後は、老けキャラモノマネの芸となる。

1980年代半ば頃まではコンスタントシングルを出していたが、『ひょうきん族』で共演をしていた明石家さんまよりも歌は上手かったがヒットはしなかった。なのでよく「何でヒットをしないのだろう?」とぼやいていたこともある。

1985年頃から俳優としての仕事が多くなり、シリアスな演技をこなせる名優としても名高く、1988年以後には軸足を俳優に移すが、『笑っていいとも!』にゲスト出演をする時は芸人としての顔に戻ることもある。代表作にはフジテレビ系ドラマ『季節はずれの物語シリーズでの役・高村介役やテレビ朝日系列時代劇八丁堀の七人』での演・田八兵衛役があり、その他にも演や脇役でも重要なポジションを担当をする役が多い。

1988年プロボクサーテスト受験受験資格が29歳までで、当時33歳だった片岡日本ボクシングコミッションに頼み込んで、「合格しても試合には出場できない」という条件を勝ち取り合格。ライセンス取得以後はプロボクサーのマネージャーとして顔を持つ。

1989年頃から絵画に興味を持ち、絵画や陶芸に没頭をしていく。群馬県福島県美術館石川県佐賀県に工館を持っている。演のドラマ八丁堀の七人』でのタイトル題字も担当。

関連動画

関連商品

関連リンク

片岡鶴太郎公式サイトexit

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/29(日) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/29(日) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP