片渕須直単語

カタブチスナオ

2.7千文字の記事
掲示板をみる(43)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

片渕須直とは、日本アニメーション監督である。

略歴

1960年大阪枚方市に生まれる。祖が営んでいた映画館アニメーション興味を持つようになる。
1983年日本大学芸術学部映画学科(富野由悠季佐藤順一らを輩出)を卒業。在学中に講義に訪れた宮崎駿に見い出され、テレコムアニメーションフィルムにて「名探偵ホームズ」の脚本、演出などを担当する。1982年宮崎駿がテレコムを退社した後もテレコムに通うようになり、卒業後正社員となる。
テレコムでは日合作アニメーション映画リトルニモ』の製作に参加するが、製作は迷走し映画完成したのは片渕氏がテレコムを退社した後であった。途中、宮崎駿から『風の谷のナウシカ』の脚本をやらないかがかかるも、諸々の理由で断っている。

1986年にテレコムを退社後は日本アニメーション虫プロダクションにて絵コンテや演出を担当する。
1989年、『魔女の宅急便』の監督としてスタジオジブリに招かれ準備を進めるが、スポンサーの意向により同作品は宮崎駿監督となり演出補に退くこととなった。またこの頃はジブリの新人スタッフアニメーション技術の導なども行っていた。宮崎駿ミリタリー談義についていける数少ない人物であったため、ジブリから去る前はジブリスタッフから話し相手として慰留を懇願されたそうである。また、当時映画製作の息抜きに手掛けていた『宮崎駿の雑想ノート』にも当時の片渕氏とのやりとりの影が少なからず残っていたようである。

1990年、『魔女の宅急便』のスタッフで結成されたSTUDIO4℃に参画。この頃からイギリスの児童童話『アリーテの冒険』の映像化を構想するもなかなか進まず、その間は知人の伝を頼りに、日本アニメーションの演出、絵コンテなどを受け持っていた。『じゃりン子チエ ~チエちゃん奮戦記』を皮切りに、『ちびまる子ちゃん』、マッドハウスの『あずきちゃん』の絵コンテ大友克洋監督映画MEMORIES』の一篇『大砲』の演出などを行ったのはこの時期である。

1996年世界名作劇場にて『名ラッシー』の初監督を務める。タイトな制作スケジュールの中作られた本作であったが、視聴率が芳しくなく放送短縮(打ち切り)となってしまい野球中継の影最終話が放送されないまま放送終了する憂きとなってしまった。1998年、なみきたかし南家こうじらと共に短編映画『このの上に』を製作海外映画祭で高い評価を受けた。

2001年、「構想8年、製作3年」の末、自身初のアニメーション長編映画アリーテ』を完成させる。
同年にはナムコフライトシューティングゲームエースコンバット04』の短編アニメーションを担当し、主人公メビウス1ライバルエースパイロット黄色の13〉と少年物語で作品に深みをだした。2005年には続編『エースコンバット5』の全体シナリオを担当した。

2006年マッドハウスにて広江礼威原作ガンアクション漫画BLACKLAGOON』の監督を担当する。
原作の見どころであるガンアクションと一癖も二癖もある多キャラクター達をアニメーションで見事に描ききった。本作はスマッシュヒットとなり、現在ニコニコ動画でも人気の高い作品として評価を残している。TVシリーズでは描けなかったストーリーものちにOVAとして製作された。

2009年マッドハウスにてアニメーション長編映画マイマイ新子と千年の魔法』を完成させる。
高木のぶ子原作山口県防府での昭和30年代の少年少女たちの友情と千年前の平安時代少女たちの友情を描いた本作は、行的には振るわなかったが映画を見た観客、映画館側の働きかけにより一年以上にわたって上映が続けられるロングラン作品となり、様々な映画祭で高い評価をうけた。

2016年MAPPAにてアニメーション長編映画この世界の片隅に』を完成させる。
こうの史代原作の戦時下の広島県呉市生きる女性主人公太平洋戦争の時代に生きた人々の生活を描いた同作品は開と同時に徐々に人気を高め、開館数は300館をえ、累計動員数200万人を突破。
日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、アヌシーアニメーション映画祭では審員賞を獲得するなど内外で多くの賞を獲得した。

トリビア

監督作品

参加作品(一部)

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 41ななしのよっしん

    2020/03/28(土) 06:48:15 ID: WjuUhQ8syZ

    そんなのが地獄ってどんだけ弱いんだよ

  • 42sage

    2020/07/01(水) 00:41:14 ID: 3PjP0dReni

    いやそんなに売れると思ってるジャンルあるんなら初手アニメ業界に持ち掛けるとかじゃなくて、プロ監督達専用のなろうでも立ち上げて脚本投下すればいいじゃん。流石にPV数で明すれば通るだろうに。これで死蔵させてる構想脚本がなくて投下できないとかだったら泣くぞ。

  • 43ななしのよっしん

    2021/07/03(土) 01:16:48 ID: jAIGtuwb9+

    アニメファンの引き出しを更に豊かにしたいんだろう。
    アニメファンの引き出しが豊かになればなるほど、いろんなジャンルの作品、よりマニアックな作品が作れるようになるし、表では言いにくいテーマでもスクリーンの中では受け入れられるようになるのではないかと。
    コンスタントアニメが出せる時代なら、割とく領域にたどり着けるだろう。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/24(日) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/24(日) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP