牛タン 単語

256件

ギュウタン

1.5千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

設問: 以下の記事を読んで、牛タンを食することとディープキスを交わすことの類似点・相違点について100字以上1レス以内で述べよ。句読点は字数に含める。

解答は当記事掲示板に記入すること。

平成22年新日暮里大学入学試験「小論文」第2問より

概要

牛タンとは、の舌の食材としての呼称である。焼肉では薄切りにして「タン」もしくは「ネギタン」として供されることが多く定番メニューである。

舌は筋肉の塊であり、質は全体的に固い。極固さを立たせないため、焼き肉などでは薄切りにして食べることが多い。 厚切りの場合も切れ込みを入れて食べやすくするなどの工夫がなされることが多い。また、表面の膜部分(タン皮)は唾液由来の臭みがあるので剥ぎ取ってから調理するのが一般的。根元の下側(タン下)にはスジがあり、これも煮込み料理以外では取り除く必要がある。

厚切りの牛タンの場合、側面をよく見ると舌の表面の構造が見えたりすることがある。

その他の調理法にはビーフシチュー牛肉を牛タンに置き換えた「タンシチュー」や、と香辛料に漬け込んで燻製にした「スモークタン」などがある。舌の先の方になるほど脂肪が少なく質が硬くなるので、先端付近の「タン先」やスジのある「タン下」は煮込み料理に、根本付近の「タン元」は厚切りしてステーキに、タン先とタン元の間の「タン中」は薄切りで焼肉に、といった使い分けをすることが多い。

味としては、ロースなどのように口に入れたときに広がる味というよりも、十分に咀嚼して口の中で転がすことで牛タンからしみ出すうま味を楽しむといった側面が強い。 厚切りの場合、その固めの質ならではのごたえ・食感も魅である。

レモンが合うのは、脂肪分が少ないのでやや臭みが立つためだろうか。ネギと合わせてネギタンにするのも同様の理由かと思われる。

日本では高級部位扱いだが、アメリカ等ではあまり好まれない。そのため他の部位以上に積極的に日本に輸出されていて、和専門店以外で取り扱っている牛タンはどが輸入品である。日本以外では中国日本以上に多く輸入しているが、これは近年になって日本焼肉が流行したことによるものである。輸出元は自分たちが食べない部位なので丁寧に下処理していない場合もある。コストコなどで売っている塊の輸入品が臭いのはこのためで、買った後に自分で血抜き等の処理をしてやれば店の味に近づけることが出来る。

牛タンよりもリーズブルなタンとして「タン」も広く食べられている。調理法も概ね牛タンと同様だが、焼肉にする際はではなくタレで食べることが多いか。

なんか書いてるうちに食べたくなってきた。ちょっと牛角行ってくる。

関連動画

関連商品

関連項目

 

に「牛タンってウマイよな」って言ったら、
「うん、人間の舌も牛タンだったらいいのにね」って言われた。

「そしたら何も食べてなくても、常に牛タンの味がしておいしいのに」だって。
たしかに、人間の舌っていつも口の中にあるのに味がしないなー。

と話し合った結果、それはもしかすると
ずっと同じ味の舌が口の中に入ってるから味覚が麻痺してるんじゃないか?
ということになって、お互いの舌をめ合って確かめてみることにした。

そしたらすごいの舌おいしい!!まろやか!
お互いに相手の舌をめながら「おいしいよー」「おいしいねー」
デリシャスだよー」「デリシャスだねー」ってやってたら、
だんだん

(省略されました 続きを読むにはデリシャスデリシャスと書き込んでください)

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/25(木) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/25(木) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP