牛輔 単語

8件

ギュウホ

1.2千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

「牛輔」(ギュウ・ホ ? ~ 192)とは、後漢末期の人物であり、董卓を娶って縁戚となった武将である。

常日頃から兵をすぐに集められるように召集用の割符を握り締め、処刑用のと処刑台を常に傍らに置いておかないといけない程に極端な臆病さに定評があり、常々不安にかられていた為、来客の際も、自身にを成す存在でないかどうか人相を見させた上に、筮で占わせて問題がい事を確認してから面会していたというビビリである。

正史では

波賊の討伐に失敗したりしていたが、姻族として董卓に気に入られていた。

董卓連合軍が結成されると安に駐屯してこれを迎撃して董卓の長安遷都の時間を稼ぎ、遷都に反対していた朱儁を攻撃した際は、李傕李カク)・郭汜張済といった董卓四天王らに攻略を命じてこれを破った。しかしこの時、進撃しながらルート上に存在する男女を誘拐してはり殺す等した為、軍勢が通りすぎる頃には生きているものはいなかったと言われている。

董卓王允や士孫瑞らの計画により暗殺されると、牛輔も命を狙われ、李粛(悪)率いる討伐軍が派遣されたものの進撃路上の民を滅ぼす程の荒くれ者いの牛輔軍はこれを撃退し、敗れた李粛(悪)は呂布られた。

その後も王允らとの戦いはしさを増し、ある時、軍中で特に理由もく将兵が大騒ぎし始め、謀反を企んでいると思い込んだ牛輔は、金銀財宝を支胡児ら数人の側近に守らせて逃げ出したが、その途中、財宝にくらんだ支胡児にあっさり裏切られて殺され、首は長安の王允らの元に届けられた。 

なお、彼の部曲には後に曹操と対立する董承がいた。この記述が、彼が董太后ではなく董卓の縁戚であるとする根拠の一つとなっている。

演義では

董卓婿として登場する。

王允呂布により董卓が殺されると、仇討ちの為に残党の李傕李カク)・郭汜張済樊稠らと共に長安に攻め込み、夜襲をしかけて李粛(悪)を敗走させるも、呂布に大敗を喫して側近の胡児らと共に逃げ出したが、やはり財宝にくらんだ胡児に裏切られて殺され、その首を呂布に送られたが、胡児は呂布の手により裏切り者として処断された。 

その他「牛輔」の詳細についてはWikipediaの該当記事参照exit

関連動画

関連データ

コーエー三國志シリーズにおける牛輔の力一覧。

統率 政治 身体 運勢
三國志
三國志II
三國志III 57 58 52 43 52 20
三國志IV
三國志V
三國志VI
三國志VII 51 43 32 36
三國志VIII 62 30 28 34
三國志IX 32 60 20 25
三國志X 43 63 12 18 27
三國志11 38 60 21 26 37

関連商品

関連コミュニティ


関連項目

関連人物
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/13(土) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/13(土) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP