牧口常三郎単語

マキグチツネサブロウ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

 牧口常三郎とは、創価学会教祖である。(1871~1944)地理学者でもある。

概要

 よく誤解されているが大作は教祖ではない。創価学会を作ったのはこいつである。大作はでかくしただけ。1871年、新潟県に生まれる。現在北海道教育大学卒。教員として教える傍ら、地理学者として活動していた。なんと白金小学校などで小学校校長も務めたのである。で、当初は別に宗教家ではなく、雑誌に地理に関する論文を寄稿したりしていたが、1928年、仏教ボケて日蓮正宗に入信、のちに子である戸田城聖折伏しほぼ同時期に入信へと導いた。1930年11月18日に著作『創価教育体系』を出版し、のちに創価学会創立記念日となる。この創価学会のすべてが始まった。伝統的な仏教であっても宗教は十分危ないってことだ

 1944年伊勢神宮のお札を拒絶したとして不敬罪および治安維持法違反で投される。しかし皮にも1944年創価学会創立記念日、栄養失調中にて殉教をとげた。さまは助けてくれなかったね。お題なんか唱えても幸せにはなれなかったね・・・

 戦後創価学会戸田城聖池田大作の下で成長していくのであった。

関連動画

関連商品

しないのでご自分で信濃町でお買いめください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/25(月) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/25(月) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP