狂人の真似とて大路を走らば即ち狂人なり単語

キョウジンノマネトテオオジヲハシラバスナワチキョウジンナリ

1.1千文字の記事
掲示板をみる(213)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(17)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

狂人の真似とて大路を走らば即ち狂人なりとは、「狂人真似だと言って大路を走るのならば、その人は狂人である」という意味の言葉である。

ネット上では「狂人真似だとしても、周りから見て本当の狂人と区別がつかないなら、その人はすなわち狂人である」という意味と解されることが多いが、これは原典の意味とは少し異なる。詳しくは後述。

概要

古典随筆として知られる「徒然」の第八十五段に書かれた文。

狂人真似とて大路を走らば、即ち狂人なり。悪人真似とて人を殺さば、即ち悪人なり。

この前には、「人の賢いところを見てねたむのは世の常だ」「とても愚かな人は、賢い人に会うと憎んでしまう」「こんな人は賢くなるはずがない」という意味の文章が書かれている。

そして、「即ち悪人なり」のあとは、以下のように続く。

驥を学ぶは驥の類ひ、を学ぶはの徒なり。偽りても賢を学ばんを、賢といふべし。

驥は「一日に千里を走る」、古代中国伝説上の聖帝であり、どちらも優れたものをす。

つまり、「形だけでも賢人に学ぼうとする姿勢がある人も、賢人なのである」というのが第八十五段の本来のである。ここで重視されているのは、外面的な振る舞いではなく、むしろ内面的な動機付けであり、「結果としての行動が同じなら、傍から見て区別がつかない」という一般的な使われ方とは重点の置き方が異なっている。あくまで「狂人真似とて…」はその前置きにすぎない。また、本来の意味に従うなら、真似の内容である「大路を走らば」はそこまで重要ではなく、「狂人真似」を実行しようという考えこそが狂っているという趣旨になる。

現在は、「ジョークと言いながらも大衆には本物の狂人と受け止められうる行動」をすときにインターネット上でよく使われる文章となっており、現状「偽りても賢を学ばんを賢といふべし」よりも多く引用されている。

「狂人の真似をしたら実際狂人」

少し細部が異なる「狂人の真似をしたら実際狂人」といった言い回しもインターネット上などでは散見される。これはTwitter連載小説ニンジャスレイヤー」にて2012年に登場した一節に由来する。

この小説の作中では「平安時代剣豪にして哲学者ミヤモトマサシ」が残したコトワザだという設定になっている。

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/21(土) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/21(土) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP