独立リーグ単語

ドクリツリーグ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

独立リーグとは、プロスポーツリーグのうち最大組織の下にないリーグのこと。また、その所属チームのこともをす。野球サッカーバスケットボールなどに存在するが、本稿は特にプロ野球の独立リーグについて記述する。

概要

発祥は19世紀のアメリカと言われる。北ではMLB下(マイナー各組織含む)ではないベースボールリーグのこと。アメリカ全土(とカナダ)を飛び回るMLBに対し、地方の小さなに根を下ろした地元密着度の高いリーグ運営を行っている。何らかの理由でマイナー契約を結べなかった選手が所属していたり、NPB含む海外選手がMLB挑戦の足がかりとして所属しているケースも多い。

日本ではNPB下ではない球団が属するリーグのことをす。日本で最初の独立リーグは、戦後2年間だけ存在した「野球連盟」。1969年にはアメリカプロモーターの発案で、日本の1チーム含む5ヶ6チームの多籍独立リーグ「グロバルリーグ」が立ち上げられたが、わずか1年で頓挫している。

実質的な日本の独立リーグのはじまりは、2005年石毛宏典によって立ち上げ られた「四国アイランドリーグ」となる。2006年には「ベースボールチャレンジリーグBCリーグ)」が立ち上がり、2007年にはこの2リーグによる独立リーグ王者決定戦「グランドチャンピオンシップ」が行われるようになった。

2019年現在日本には四国を中心とする「四国アイランドリーグplus」、関東北信越を中心とする「ベースボール・チャレンジ・リーグ」、初代「関西独立リーグ」所属チームなどによる2代目関西独立リーグ」の3つの独立リーグがある。実質的な3軍としてNPBの受け皿となったり、NPBプロ野球チームい地域の人にもプロ野球に親しんでもらうなど、一定の役割を得ている。一方で運営は厳しく、構想が発表されたはいいが頓挫したり、解散消滅したり、活動休止になってしまうケースも多い。しかし、中には運営を軌に乗せてNPBへ選手を輩出するチームも。現在は北のように、NPBを戦外となった選手がNPB復帰をケースも多い。同様に海外選手がNPBして所属するケースも増えており、そうした中にはゾーゾー・ウー、サンホ・ラシィナといったアジアアフリカなど野球後進国の選手も見られる。

2014年にはアマチュア野球との窓口として、四国とBCの合同組織「日本独立リーグ野球機構」が発足。野球による際交流もしているという。

なお、定義としては「日本女子プロ野球機構」も独立リーグに当たる。

日本の野球独立リーグ

詳細は日本の野球独立リーグ一覧の記事を参照。

活動中・活動開始予定

終了

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2019/11/30(土) 17:16:45 ID: KaKGXjpiA6

    企業クラブみたいな社会人チームで2年ぐらいやってから移ってくる選手がけっこういるけど、
    食い扶持としては似たり寄ったりなんだろうか。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/01(日) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/01(日) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP