猗窩座単語

アカザ

2.9千文字の記事
掲示板をみる(494)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(10)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

お前も鬼にならないか?

猗窩座

猗窩座(あかざ)とは、『週刊少年ジャンプ』で連載されていた漫画鬼滅の刃』の登場人物である。劇場版アニメなどの公式メディアミックス作品では声優石田彰を担当している。

概要

の首鬼舞辻無惨の直属の配下である「十二鬼月上弦の鬼」に属する。階級は「上弦の参」。いわゆる「敵組織の幹部」である。

上弦の鬼の中で最初に登場し、主人公竈門炭治郎ら、そして読者らに上弦の鬼の強さを印付ける役割を担う。また、章を跨いで主人公らとの再戦が用意されている一の敵で、無惨を除けば主人公にとって一の「因縁の敵」と言える立ち位置のキャラクターでもある。

名前のイントネーションは「越後」と同じ。名前の漢字表記が難しいためか、読者からはカタカナで表記されることが多い。また、作中での呼ばれ方から「アカ殿」、原作155話の副題から「狛犬」などと呼ばれることもある。

キャラクター設定

外見・性格

身長173cm、体重74kg。頭髪は短く、武僧のような質素な衣服に身を包み、入れ墨のような直線の文様が全身に走っている。眼球は常にひび割れたように血走り、瞳は色にく。カラー絵では頭髪い肌のコントラストがを引く配色となっている。

自身が強者と認める相手との戦闘を好み、逆に弱者と見なした者へは異様なまでの嫌悪感を示す。「至高の領域」を追いめて自身に限の鍛錬を課し、それ故に強者と認めた人間にはになることを勧め、自身と永遠に戦い続ける事を望む。いわゆる戦闘狂と取れるようなキャラクター造形がなされている。

強者と認めた人間に対して非常に好意的で、戦闘中も常に相手の技を称賛し、笑みすら浮かべながら戦う。一方で自身より上に座する上弦の壱には敵愾心を剥き出しにしており、無惨に対しても「命を下す者」との認識のみで敬意などは全くい。ただ、それらの点が「高い向上心を持つ」「命に忠実」と言った美点として見られ、上位のからの評価は高い模様。

戦闘能力

素手の武術を修めており、拳打や手、蹴りなどの打撃による肉弾戦を得意とする。身体が極めて高く、拳を握り固めるだけで最高位の剣士である柱の撃とも打ち合う程の硬さを持ち、一撃一撃が必殺の域にある。中でも「割り」という、振り下ろされるを素手で側面から叩き折る技を最も得意とする。

体の再生速度異常であり、切断された部位が一で元通りになる。つまり「体の一部を欠損させて動きを阻し、隙を作る」と言った戦法が通用せず、の弱点である首を切断する以外のダメージを与えることにほとんど意味がない。また、後述する血術・破壊殺は近接格闘において有利に働く。

剣術での接近戦が成立する分、他のべ理不尽さの少ない地味な技とも取れるが、それを基本的なの高さが難攻不落の鉄壁へと押し上げている。戦闘中に相手を称賛するのも、裏を返せばそうするだけの余裕があるということで、強者と認めた相手にも本気を出すことは滅多にい。

血鬼術・破壊殺(はかいさつ)

術式展開

「闘気」と呼ばれる、人間が持つ闘う意思のようなものを感じ取ることで、相手の攻撃の隙などを的確に見抜き、極めて正確な攻防を可とする。この技は「破壊殺・羅針(らしん)」と呼ばれ、自身を中心にの結晶のような文様を展開することで闘気を感じ取る。羅針を展開せずとも視覚的に闘気を捉えることは可なようだが、羅針を展開すれば視界外の闘気も感知できる。

また、「破壊殺・式(くうしき)」「破壊殺・脚式 冠先割(きゃくしき かむろさきわり)」など、破壊殺の名を冠する打撃技を複数持ち、これらには羅針と同色の衝撃波(のようなもの)が伴う。これは剣士たちの技に伴って現れる水や炎とは異なり、物理的な破壊を備える。また、単純に攻撃の威を増すだけでなく、手足の届かない位置に衝撃波を飛ばす間接攻撃としても機する。

以上のから、猗窩座に対して「隠れる・距離を取るなどして日の出までの時間を稼ぐ」戦法は一方的に感知・攻撃されるだけの悪手となり、剣士たちは猗窩座の得意な接近戦を挑まざるを得なくなる。

背景

  • 物語の核心を含みます。

鬼滅の刃は悲しい過去を持っている事が少なくないが、猗窩座の過去鬼滅過去の中でも一際、悲惨かつ壮絶の一言。あまりの酷さに当時ネタキャラとしてもしまれていた猗窩座が、過去エピソードられて以降の一時期、ネタ方面でられることが一切なくなった程である。

人間の頃の名は狛治(はくじ)。彼は婚約者の(こゆき)と、武術の師である・慶蔵を殺され、その敵討ちを終えた所で無惨と遭遇しにされた。また、かつては病弱を買い与えるために窃盗を繰り返し、それを負いに思った自害したという過去も持つ。

ただ一人の家族であるを失って絶望し、と慶造に救われ、ようやくっ当な人生を歩めるかと思った矢先にまた全てを失う、隙を生じぬ二段構えする者は既に亡く、憎きも葬り去り、生きる意味が何一つなくなった時にになった彼は、人間だった頃の記憶も失い、大切な人を守るためという強さをめる理由も忘れ、ただただ意味な殺戮を繰り返すのみの哀しき存在である。

なお、彼がと化す過去回想が描かれる原作155話の副題は「役立たずの狛犬」。守るべき者を守れなかった狛治を揶揄するかのようなタイトルである。ちなみに、猗窩座の「猗」には「去勢された」という意味があるらしい。救いはないんですか!?

退場後には「女性は決して食べなかったし殺さなかった」という事実が明かされた。また、単行本のオマケページでは

  • 構えや技…慶蔵から学んだ「素流(そりゅう)」と呼ばれる武術のもの
  • 技の名前…と一緒に見た花火に由来する
  • 羅針の形…飾り
  • 体の文様…窃盗の罰として彫られた罪人の入れ墨の文様が混ざって広がったもの

と、これらが人間の頃のエピソードに由来する事が明かされた。人間の頃の記憶を一切なくしていながら、その体や行動には人間の頃の思い出がこれでもかという程反映されており、何とも切なく、読者の感情を打つキャラクターである。

余談

初登場した無限列車編エピローグにて、鬼舞辻無惨の手によって竈門炭治郎を殺せなかったことに対してパワハラを受けており、上弦ですらパワハラを受けるのか……と読者に印付けた。また、参という中間の立ち位置から中間管理職キャラとしてネタにされることも多かった。
公式節分の日にはお面として猗窩座の顔を配ったのもネタキャラとしての立ち位置を加速させた。
しかし、前述の理由でもうそんなは一切聞かなくなってしまった。読者ネタにする以上に酷いことを作者がした為、ネタに出来なくなってしまったのである。
一度ネタにされたら、ミーム汚染でずっとネタにされ続けることが多いインターネットではしい例といえる。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 492ななしのよっしん

    2021/09/21(火) 09:49:46 ID: oE2JO/JyBf

    そう考えると実写るろ剣武田観柳がやったことって原作よりもずっとやばいことしてるよね……(ただし原作では恵の元上や御庭番部下の殺行為があるが)
    劇中じゃ処置が間に合って死人は出てない感じだったけど小さい子とかは後遺症残りそうだし、何なら少なくともあの町内の井戸当分使えそうにないから生活環境に大きなダメージあるだろうし。

  • 493ななしのよっしん

    2021/09/21(火) 14:09:01 ID: L+01dO51uP

    狛治は冷静に考えると理不尽な人生とはいえ、人間時代から色々と罪を犯しすぎているから仮ににならなかったとしても人生詰んでそう。
    特に場皆殺しは重罪すぎて仮に奉行所が情状酌量の余地ありと判断したとしても、一番優しくて流しに間違いなくされる。

    もしあそこ復讐せずに素直に奉行所に行っていたらというイフストーリーワニ先生、書いてくれないかな。どう頑って考えても救いがなさすぎてね。

  • 494ななしのよっしん

    2021/09/21(火) 20:45:24 ID: ls7HSqTAam

    仮にあの後剣術場へ復讐に行かず奉行所へ駆け込んだとしても
    肝心の狛治本人がもうどうでも良いって言っちゃってて
    詰むまでもなく既に生きる意味も希望全に断たれてるからな・・・

    仮に復讐せずに奉行所が剣術場を法で裁いたとして
    あの2人がいない世界で生きていたかったわけでもないって言ってるのが全てだと思う

頂上決戦 大百科グランプリ記事

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/22(水) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/22(水) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP