猛暑単語

モウショ

8.6千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

猛暑とは、もうしょうがない暑さのことである。

…失礼しました


概要

な暑さと書いて猛暑。かれこれ数年の暑さとべても暑く熱中症などに気を遣うような暑さのことで、一般的に日本国内で35度以上の日をす、特に湿度が高くなると熱中症になる率が高くなるため、多少の塩分の入ったをとることが必須となる。なお、非常に暑いの熟で猛暑のほか、大暑、厳暑、酷暑、炎暑、極暑、暑などがあるが、それぞれの度合いに序列はない。ただ、ここ数年の傾向では酷暑という表現が多い。

猛暑日

猛暑日という言葉は数年前まで気ではなく単に報道表現であったが、世界各地の気条件やヒートアイランド現象などにより各地の気台では気温が35度をえることが多くなった。それまでこの暑さは真夏日(30度以上)と表現されていたが、あまりにも35度をす日付が多く発生したため新聞などはこの「猛な暑さ」を「猛暑」と表現して掲載していた、しかしこの用はそれまで「表現」であり気象庁が定める「気」ではなかった。

2007年4月気象庁が近年の気事例などから用などを11年ぶりに正し、それまでのニュースなどにより一般的にも聞き慣れていた「猛暑」という表現を用いて、「35度以上の気温記録した日」を「猛暑日」と定義した。ほかの気では、日(25度)、真夏日(30度)がある。

また、2009年より従来の10分データから10更新データを採用するようになり、その間に一度でも最高気温が観測されたらそれは採用となる。つまり、1978年1994年2007年の猛暑を今の基準に当てはめると、もっと記録的なことになっていた可性があるわけである。

猛暑がいわれ始めた頃は、冒頭の文のように「猛暑ばっかりでもうしょうがないな~」といった親父ギャグで周りを寒くするネタがはやるものの、後に連発され単にうざったいだけのため余計に暑くなるとといった逆効果がある

え?解説はいいから、ニコニコ大百科らしくさっさとダジャレを言えって?

じゃぁ…

猛暑日の解説
もう賞美するところが皆無ですよね!

涼しくなりました?…あ、やっぱりならない?大変、失礼しました

歴代の”もうしょ”うがない日

ちなみに気象庁は37℃以上をスーパー猛暑と呼んでいるらしいが、「37℃って実は涼しいんじゃね?」と錯乱しそうな日々の記録である。しかし、他の災害と違って、いつまでもが残らないので、「喉元すぎれば熱さ忘れる」との通り、あまり記憶にとどめていない人も多かったりする。

1994年

2013年


2018年

全国の最高記録

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/03/05(火) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2024/03/05(火) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP