猫又単語

ネコマタ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(38)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

長く生きたが変化した妖怪である。二股に分かれたしっぽが特徴。

曖昧さ回避

ユーザー生放送生放送主である猫叉については猫叉(生放送主)の記事を参照。

概要 

猫叉、猫股とも書く。

長く生きた妖怪となったもの。人を理解し、人を話す。化け猫と呼ばれる場合もある。両者の区別はあいまい。

魔法使い使い魔などとは違い、自らの意思を持つ。食い殺した人に化けて、その人に取って代わる場合もある。

死体を跨ぐと、死人が生き返って猫又になるという話もある。

香川県では、飼い猫が猫又になった時はをそえた小豆飯を食べさせ、手拭いを頭にかぶせてやるとを及ぼさずに出て行くという。

江戸時代などを舞台にしたホラーなどでは行の油をめる描写が多い。また、火車と呼ばれる妖怪にも化身し、人の死体を盗んでいくともいわれている。

有名な猫又、あるいは猫又の亜種と思われるもの。

関連動画

 

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 36ななしのよっしん

    2015/09/29(火) 22:35:29 ID: pcp3bvCVC6

    >>35
    全くだな

  • 37ななしのよっしん

    2016/06/18(土) 00:54:41 ID: XdpL2X0O4q

    前飼ってたニャンチャン22歳と大往生したけど
    結局猫又にならんかったわ
    猫又でなくてもええからまた巡り会いたいンゴね

  • 38削除しました

    削除しました ID: T/G613ELKo

    削除しました

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/23(金) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/23(金) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP