甘酒単語

アマザケ

掲示板をみる(36)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

甘酒とは、

  1. 甘酒 - 粕を材料として作る日本の伝統的な甘味飲料の一種。本項で記述する。
  2. 甘酒(ドラム奏者) - 演奏してみた動画投稿しているドラム奏者。→コミュニティexit_nicochannel

概要

名前には『』の文字が入っているが、アルコール飲料ではないので子供も飲める、甘い飲み物である。
材料粕を使うことが多く、少々アルコール成分が含まれている。

作り方は二通りあり、またはやわらかく炊いた麹を混ぜて一晩ほど50~60度で保温して発酵させて作る造りに近いものと、粕を湯で溶かしそれに砂糖と一つまみのを加えて煮込んで作るものがある。庭で作る場合は後者であることが多い。

甘酒として販される場合はビニール製の袋詰め、瓶詰め、缶入りドリンクとして売られていてる。缶入りドリンクストレートでそのまま飲めるが、他は濃縮された状態の製品もある。

現在では缶入りドリンクの甘酒はあったか~い飲み物として場の定番となっている。

発祥

甘酒の発祥は、神話の時代にまで遡る。孫降臨して下界に降り立った瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)は、海岸で出会った美しい女性こと木花咲耶姫(このはなさくやひめ)に一目惚れして猛アタック晴れて結ばれる事になった。これを喜んだ咲耶の大山見(おおやまつみ)は、お祝いのためにを作る事にした。占で選出したな田からを収穫し、それを使って甘甜(あまのたむさけ)を造。日本神話初のであり、これが甘酒の原になったとされている。この事がきっかけで大山見と木花咲耶姫としてられ、京都大津大社では(さけとけのかみ)と解子(さけとけのこかみ)の名で信仰されている。

歴史的観点から見ると甘酒は日本酒を造る過程で必ず誕生するので、日本酒=甘酒の歴史と見て間違いないだろう。中国記録によると、1世紀頃には既に日本が飲まれていたという。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 34ななしのよっしん

    2021/09/12(日) 16:06:05 ID: oHsNAg9hGN

    粕食べてたなんてみっともないから飲んでたと言いなさい」
    「え、焼いて食べた」
    という落語があったと思う

    発酵残渣って本当に栄養豊富でいい食料になる。反面棄したら深刻な汚染になる。

  • 35ななしのよっしん

    2022/03/10(木) 22:32:17 ID: helORaYLlr

    買った甘酒が存外うまかったので処の粕買って作ってみたがホットだとゲロの臭いがする
    冷やせば普通に旨いが冷やし甘酒だけでは飽きるな…

  • 36ななしのよっしん

    2022/03/10(木) 22:36:58 ID: fEHOCT8R+M

    甘酒クッキー大丈夫だけど液体のままだとクソ不味くて飲めたもんじゃないわ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/29(日) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/29(日) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP