今注目のニュース
45歳無職男、100均の商品にクレームで脅迫し逮捕 その行動に「せこすぎる」の声
投票しても無効になる白票の行方
我が子がADHDと診断され、自分もADHDであることがわかった母親(オーストラリア)

生存フラグ単語

セイゾンフラグ

掲示板をみる(262)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

生存フラグとは

生存フラグとはゲーム・アニメ漫画映画ドラマなど各種創作作品上において、普通なら死に至るような状況に陥った際に、何らかの起点によって助かる可性が出てくる行動、現す。

フラグとは、コンピュータにて特定の動作を起こさせるための条件に付けられたコンピュータでありネットや娯楽が成長するにつれて、様々な使い方に転じた。死亡フラグがその代表であり、生存フラグはこれに対して作られた言葉である。

物語の演出上、その人が生き残ったことを奇蹟的に見せたりするために、何かしらの下準備をすることになるのだが、これも死亡フラグ同様定化した結果、その事前準備を読み取って「こいつは多分助かるな」と分かってしまうようになったものである。

これらはあくまで演出だが、実際の人間動物にもテレパシーや予知があるようで、乗り遅れた便が不時着したとか、ぺットが騒ぎ出して煩いので帰ったら直後にその建物が倒壊したという話も現実にあり、そのような事に気が付けるなら事なきを得られるかもしれない。そうでなくとも極低確率奇蹟が起こりうることは科学的にも確かめられており、何人も全でない以上、周囲にはまだ自身が把握していない事が必ずあるはずである。

故に、諦めなければ死亡するその間まで逆転の可性は常に残されている。

ニコニコ動画においての生存フラグ

死亡」が状態変化であるのに対して「生存」は状態維持であるので、まず危機的な状況に陥らないと「生存フラグ」とは言われない。故に死亡フラグよりコメントは付きにくい。

昨今の生存フラグ

死亡フラグという言葉に対して生存フラグもまたネット上で広まってきているが、このフラグは折られると「当初の予定通り死亡」となり後味が最悪であるため、プレイヤーに選択権のあるゲームを除き、意図的な演出として使われる事は死亡フラグより少ない(逆に言えば、これを破ると敵なら外道度が、話全体では悲壮感とシリアスさが増する)。

たとえシリアスなものでも、生存率1人間生存率はやっぱり1以上あるのである。逆に、味方の死亡フラグは折れたら嬉しいものなので「死亡フラグをへし折る」という生存フラグも存在する。

生存フラグの一覧

生存フラグ自体が死亡フラグに対する物であるため、対になる死亡フラグある場合も多い。また、戦闘中は逃げる場合を除き、一方の生存フラグは他方の死亡フラグである。随時追加をむ。

キャラ設定、性格

死んだら話が成り立たないという場合も多い。

話の展開、行動

戦闘中は原則どちらかが死ぬため、「敵の死亡フラグ」といえるものは死亡フラグへ。
また、死亡を確定できないような死に方をした場合は、実は死んでいない場合が多い。
ストーリー全体としてみると、伏線が残っているキャラは死ぬと回収できなくなるため死ににくい。
即ち「人は何かをなすために生を受け、為し終えたとき死んでいく」(イグニスのである。

  • 敵に死亡フラグが立つ
  • 周囲の味方に死亡フラグが立つ
  • 明らか死亡フラグ死亡の乱立(復活できるような仕込みがある場合が多い)
  • 成功率が極端に低い事(手術など)
    • 敵側が「この作戦璧です」とか「成功確率9X」とか言い出した場合も主人公側の生存フラグになる
  • 一見死んだような描写だが、確定要素が
    • 死んだはずだが死体が見つからない
    • 高所から落下して見えなくなった(敵「この高さだ、生きてはいまい!」)
    • 攻撃を加え、爆煙等で敵が見えない状況での「やったか?」 (大体の場合傷で立っている「いや、まだです」
    • 敵の幹部クラスで首をはねられたり胴切りにされた(敵にからくりがあるので、味方サイドキャラが去った後に然と復活する)
  • 行く前の細な行動があえて描写された場合、意味がある
    • 「一見役に立ちそうもない物」を受け取った場合、後で役に立つ
    • 左胸のあたりに何かをしまう。(しまいこんだメダルなどが弾や物を受け止める)、ただし…
    • まだ安全なうちに「何か」を仕込んでおく。内容を言ってしまうと死亡フラグ
    • 公共交通機関に乗り遅れると、予定の便が事故
  • 性がある限り、最後まで諦めない
    • 生死のを彷徨っている時に、もう一度生への執着を取り戻す(「…約束、だよ」)⇔「もうゴールしてもいいよね」
    • 敵に捕まり、処刑まで猶予を与えられた場合
    • 野望を持っており、それを打ち砕かれた際にまだ生存し懲りていないもの(ワイリー等)
    • 死を確認できない際に、生存を願い信じている者がいる、ただしフラグ回収前に物語が終わってしまう場合もある
  • まだ安全なうちに、自分が死亡フラグを立てかけていることに気がつく、いは現状を死亡フラグだと明言する。(フラグフラグと明言されると「劇的に見せる効果」がなくなるため)「かっこいいですよね、ドラマみたいで」
    • 一方である程度史実を基にしており、登場人物が命を落としている場面だと死亡フラグになることも
  • 「……殺すならく殺せ」
    • 見逃された場合は高い確率で生存フラグだが、トドメをさされるとほぼアウト
    • ただし見逃してくれた相手にその場で襲いかかった場合は死亡フラグになる(奇襲の形で見逃した側に致命傷を与えることができれば、結果的に生存フラグになることもある)
  • 物語の大詰めでの時限爆弾の解体シーン
    (大詰めで爆発するのはギャグオチに使うときだけで、その際もギャグなので死人は出ない)
  • まだが残っており、本人以外に手がかりが
    • まだ最終義を出していないやつ(ただし相手も最終義を出した場合、潰されることもある。また、義発動前に潰される例もある)
  • 不治の病に冒された若い病人が、死亡前提で開き直った行動をとる(戦いに行く場合は死亡フラグ)
    (例えば、シリアスでは最期ぐらいと普通の生活に戻り、ギャグでは後先考えずを使い込む)
  • すでに発表されている作品の前日譚に再登場するキャラ
  • 連続殺人物語で何らかの事件が起こっているはずの時に主人公に会う
    • 次々と主人公に会って会話をする(=まだ生きている)そして最後に「あれ?あいつはどうした?」
  • で殺し合いをする中で格闘で一撃で倒される雑魚
    • ただし関節技の場合は死んでいる可性がある

         

演出その他

その他、FFTAの「ロウ」のように設定上明示的に死が封じられている場合や、撲殺天使ドクロちゃんなど再生手段が安すぎて死が意味をなさない場合、不思議のダンジョン王大人の「死亡確認」のようにある種のお約束になっているものもある。
またプリキュアを初め低年齢層や女の子向けの話など、慣習的にあまり死を取り扱いたくないという場合もある。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/20(土) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/20(土) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP