今注目のニュース
香港で今週末も反政府デモ計画、空港がターゲットに
2050年頃のサラリーマン。電脳化したらこうなる?
エアコンつけっぱなしは損か得か?メーカーに聞いた節約術

由布惟信単語

ユフコレノブ

掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

「由布惟信」(ゆふ・これのぶ 1527?~1612)とは、立花道雪の下で立花四天王筆頭を務めて生涯65度の合戦に参加した勇将であり、鎮西一の武者・立花宗茂助けて立花の再に尽した立花筆頭臣。

通称は「由布下」

立花双璧
由布惟信(由布下)
小野鎮幸小野和泉

立花家筆頭

豊後の湯布院の末裔を称する由布惟巍の子に生まれ、豊後の戦国大名大友に仕えた。

その後、督を嫡男の由布惟定に譲って、実が由布の出である大友の重臣・戸次鑑連立花道雪)の旗下に入り、戸次鑑連立花道雪)の心中の心として信頼を得て65度の合戦に参加して一番・一番乗り・一番首は数知れず、戦傷も65箇所と言う活躍をし、雷神戸次鑑連立花道雪)から70通もの感状(功績の明書)を賜ったと言われ、立花四天王筆頭の名に恥じない活躍をした。

小野鎮幸と共に両を担って合戦する度に勝利をもたらしたことから、立花双璧とも呼ばれている。

豊臣秀吉九州征伐の後、立花宗茂大友を離れて豊臣秀吉の直臣となって柳川の大名となるとこれに従い、家老3500石の重臣として立花宗茂助けて活躍し、朝鮮出兵時には高齢を理由に柳川留守居役を任された。

関ヶ原の戦いで西軍についた立花宗茂易されて浪人となった際は、立花宗茂に従って肥後の加藤清正の元で食客となった後流浪の身となった立花宗茂を支え、世間知らずで働くことの出来ない立花宗茂に代わって臣達と共に虚無僧や人夫をして養った。

その後、徳川家康により立花宗茂陸奥棚倉10000石を与えられて大名に返り咲いたことを見届けた由布惟信は、立花宗茂柳川10万石への復帰を見ることなく、九州からか遠く陸奥棚倉の地で86歳で没した。

その他「由布惟信」の詳細についてはWikipediaの該当記事参照の事。exit

雪下の慧眼

君・戸次鑑連立花道雪)の元へ大友宗麟より送られてきた付・小野鎮幸小野和泉)を見た由布惟信(由布下)は、大友宗麟に乞うて小野鎮幸立花に迎え入れる様に進言した。

しかし小野鎮幸に与える知行がい事を理由に戸次鑑連立花道雪)が、由布惟信の推薦かった事にしようとすると、自らの知行を半分にして、残り半分を小野鎮幸に与えたほしいと言って由布惟信は曲げず、結果、小野鎮幸立花臣となり、その後は共に戸次鑑連立花道雪)より

軍勢を用いるには、先ず戦法を定め、勇武の勢と共に奇・正の変化をさせるがよい。
お前達両名が替わる替わる奇・正の将となって自分を補佐せよ。
そ戦というものは正法を以って引き分けとし、奇法を以って勝ちとする。
それで、正法を行う者は江河のように渇れることがなく、奇法をよく行う者は地にように窮である。
故に、奇・正両法を用いる者は戦って勝たないという事がい。
それで、今日から両名には正・奇の戦法を取って貰いたい。
今日下が正軍の将であるなら、和泉が奇軍の将となり、明日はそれを替えるという様にせよ。

との雷神の教えを受けて立花の両として活躍し、立花双璧と呼ばれるまでになったのだった。

由布惟信はまさに眼だったと言わざるをえない。 

宗茂と毬栗

後に立花の養子となる立花宗茂がまだ実家高橋紹運のところにいた幼い頃、立花に遊びにやってきた立花宗茂を伴って戸次鑑連立花道雪)が山を移動していたところ、立花宗茂の足にイガがささってしまった。

あまりの痛さに供の者にイガを貫くように懇願する立花宗茂だったが、近寄ってきた由布惟信は立花宗茂の足を掴むや、イガをさらにねじ込んだ。

さらなる痛みにをあげようとした立花宗茂だったが、の前には雷神そしてと呼ばれた立花道雪がにらみつけていた為、を出せなかったという。

その後正式に立花道雪の養子となった立花宗茂は、立花道雪しごき耐えて西無双の名を得るまでの勇将となり、後にこの日の事を由布惟信とともに思い出して難儀したと懐かしんだ。

立花家筆頭として

大友宗麟の戦いで島津義久に敗れ、大友の勢いが衰え始めた際に九州北部でおきた反乱鎮圧の為に、70を越えた老体の身を押して参戦していた立花道雪筑後中にで没した際に、

わが遺骸は、甲冑を着せ河の方に向けこの地に埋めよ。
もし遺言に背くようなら子々孫々まで呪い殺す。

との遺言を残していた。

しかし由布惟信たちは、

をひとりこの地に葬れば、名も雑兵蹄にかけられる恐れがある。
らもを切って供をせん。

と殉死しようとしたが、別の臣の諫言により思いとどまり、由布惟信が

殿のご遺骸は立花へお運びもうそう。
もしご遺言のごとく祟らせ給うのであれば、わが一門にて引き受けもうす。

と言って、立花道雪の遺骸を運びした。

雷神としてその名を馳せ、武田信玄も認めた名将・立花道雪戦場を去る時は、敵・味方ともに沈黙していたと言われている。

関連動画

立花道雪の頃より仕える側近として豊臣の為に戦う立花宗茂を支える「豊臣の盛衰」

 

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける由布惟信の力一覧。

軍事 内政
群雄伝(S1) 戦闘 政治 野望
武将風雲録(S1) 戦闘 政治 野望 教養
覇王 采配 77 戦闘 80 智謀 29 政治 60 野望 28
戦才 162(A) 智才 78(C) 政才 124(A) 77 野望 28
将星 戦闘 智謀 政治
烈風 采配 戦闘 智謀 政治
世記 采配 智謀 政治 野望
統率 知略 政治
下創世 統率 69 知略 59 政治 65 教養 55
革新 統率 75 武勇 63 知略 67 政治 65
統率 75 武勇 78 知略 57 政治 53
創造 統率 71 武勇 73 知略 57 政治 55
大志 統率 70 武勇 81 知略 74 内政 55 外政 56

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 7ななしのよっしん

    2013/08/03(土) 06:45:33 ID: olOiOaiR0y

    >あまりの痛さに供の者にイガを貫くように懇願する立花宗茂だったが

    鎮西一の剛勇さんドM過ぎワロタ

  • 8ななし

    2016/07/31(日) 20:44:09 ID: wAHlPsjX/E

    コレお勧め>>sm29025184exit_nicovideo

    ちゃんと「毬事件」の事も描写されてる
    役はウニですがw

  • 9ななしのよっしん

    2017/09/02(土) 20:34:47 ID: 4VKVWlrf+A

    立花宗茂柳川に復帰した後で子孫が家老に任ぜられ世襲した模様

急上昇ワード

最終更新:2019/08/24(土) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/24(土) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP