今注目のニュース
小学校前の通学路に“停止線” 福岡の校長を書類送検
『笑ってコラえて』函館出身者が「謎の七夕行事」明かす 懐かしむ視聴者が続出
バカリズム、バナナマン日村との同居エピソード明かし「付き合ってはないです」

甲虫王者ムシキング単語

コウチュウオウジャムシキング

掲示板をみる(262)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

甲虫王者ムシキングとは、セガによるトレーディンカードアーケードゲームである。

概要

じゃんけんバトル勝利すれば攻撃できるという単純なルールで、低学年男児を中心にブームを巻き起こす。同時期には『おしゃれ魔女ラブ&ベリー』も稼働しており、この2タイトルキッズ向けカードゲームの先駆けとなった機種として知名度が高い。

メディアでは下記TVアニメ劇場版GBA版などの庭用、コロコロコミックなどの雑誌媒体もあり、当時は高い人気を誇っていた。
更にはプロレスリング・ノアから『ムシキングテリー』という覆面レスラーまで誕生した。

その後のセガは『古代王者恐竜キング』、『ヒーローバンク』をはじめとしたキッズ向け機種をリリース。さらに稼働開始から12年経過した2015年には最新技術を駆使した後継作、『新甲虫王者ムシキング』にリニューアル、新たな展開を見せることとなった。

アーケード版

2001年に開発を開始。2003年1月21日アミューズメント施設に登場。稼働終了はちょうど7年後の2010年1月21日
アミューズメント施設やゲームセンター、果てはコンビニエンスストア等にも設置される程に普及していた。なおコンビニにも設置されていた理由は法律自動販売機として扱われるためである。
筺体がくてもカードを持ち寄りじゃんけんで遊ぶ事もできる。実際そうしたユーザーも多いだろう。

2008年公式大会開催数が10万回を越えギネス記録に認定された。

登場人物

ポポ
主人公日本のとあるに暮らす妖精でその身長はムシ達と同じくらい。1匹のカブトムシを「ムシキング」と呼び慕っている。
アダーの計画編から身長が伸び装も変わっている。

ムシキング
の中で一番強いカブトムシ。そのためポポからムシキングと呼ばれているが本人(本ムシ?)は謙遜している。しかしアダー登場編最終決戦で自らムシキングと名乗る。
他のカブトムシとは違い、体はやや大きく、色をしている実はアダーが最初に改造したカブトムシムシキングである。
余談だが2005セカンド以降でムシキングカード読みこむと1Pモードヒントを出してくれるのがムシキングになる。しかもポポより具体的な内容。
(例)
・相手の出す手を正確に言ってくれる(「グーでせめてくるぞ!」等)
・必殺かえし(例えば必殺わざが同じパーだった場合、こちらが相手の必殺に勝つためチョキを出すと読んで相手はグーを出す)についても忠告してくれる。

アダー
年老いた妖精を追放された事を恨み、が物にしようと改造したの外を操り攻撃を仕掛けてくる。復活の編以降は顔に傷が入っている。
ムシを戦う具扱いしたりの時点から改造を重ねる、に火を放つなど極悪なのだが……。

↓以下ネタバレ↓
実はアダーは、かつては傷付いたムシや妖精の治療をするで一番の医者だった。
アダーはムシ達が強ければ傷つかぬと信じ、ムシの改造の研究を始めた。そうして最初に誕生したのがこのの王者、ムシキングだった。
しかし彼が改造し、あまりの強さを誇るムシ達は他の妖精から恐れられアダーはを追放されてしまう。

その後、を追放されたアダーはごみで人間が捨てた外と出会う。
最初の赤目……ヘルクレスエクアトリヌスブルーや他の外達は自分を捨てた人間を憎んでいた。
アダーもかつて人間の起こした事故で自分の息子を亡くしていた。
ネタバレここまで↑

パプアキンイロクワガタ
アダーの計画編で改造工場の一件が片付いた時に現れ、自分のにものムシがいると助けをめてきた。
しかし彼のと呼べるような場所ではなく、砂漠と化していた。
2006ダイナミックスタンドで初登場し、カードいとストーリー『さばくの』が遊べなかった。

ストーリー

アダー登場編

あるところに、豊かで平和があった。そのではムシと森の妖精たちが仲良く暮らしていた。
ところが、そこへ人間が他のから連れてきた巨大な体を持つムシ達が現れ、平和荒らし始めた。

森の妖精ポポは味方になってくれるムシと協し、どうにか乱暴者のムシを退け平和が戻った。
しかし再び、今度はの外が襲来、更にはを追放されたはずのアダーと出会う。
彼はムシに改造手術を施し、操っているという。

一度はアダーのアジトを突き止め捕まえるも、理矢理洗脳したムシを利用して脱獄
再びアジトでアダーを追い詰めるも、アダーはに火を放ち始めた。
ポポ洗脳されたムシの捨て身の策により、ムシの犠牲と引き換えに何とか生き延びるも、は既に炎の海と化していた。
炎の海の中、ポポムシキングと共にアダーとの最終決戦に臨む……。

復活の森編

炎の海の中に姿を消したアダーとムシキング
長く降り続いたのおかげで火事はおさまったが、のムシがまた現れた。アダーは生きていたのだ。
しかし、同じく事だったムシキングポポの前に現れ、再びを貸してくれた。

ポポムシキング赤目と戦ううちに、焼跡の―くろい―にアダーがいるとの情報を手に入れる。
くろいへやってきた彼らの前に、新たなアダーのアジトを守るムシが現れた。
門番のムシを倒し、基地に入った彼らが見た物は……。

アダーの計画編

くろいでの決戦から長い時間が経ち、は元の姿を取り戻した。
ポポムシキング仲間のムシ達と一緒にトレーニングに励んでいたが、近頃このには今まで見たこともなかったが咲いていた。そんな話をしているところへまた赤目が現れる。
そこへアダーも現れ、ポポに「おまえは まだ このの おそろしさを 知らん」と言い放つ。
アダーを追った先でポポが見た物は人間が捨てたごみ、そしてサナギの頃からムシを改造する、アダー工場だった……。

工場の一件が片付いた時、ポポの元に見慣れない1匹のムシが現れ、助けをめてきた。
そのムシ―パプアキンイロクワガタ―は自分達のにものムシが襲ってきたという。すぐに彼のへ向かったポポムシキングだが、そこはと呼べる状態ではなかった。
砂漠と化していたのだ……。

アダー完結編

その後も果てしなく続くアダーとの戦い。
ついには日本のムシ達にまで魔の手が伸び始めた。仲間のムシ達とも戦わなければならないポポムシキング
戦いを重ねるうちに、様々な話を聞いた。

「アダーは本当はが大好きなんだよ」とアダーをかばう者
「アダー様真実を知るものを殺」しようとする赤目
ムシキングをねたむ者」として行く手を阻む仲間
「このの秘密…。人間によってこのが小さくなりつつある事」を改造

そして、の遺跡に本当の敵がいるという……。

遂に、アダーとの本当の最終決戦だ!!!

カードリリース

カード2009年まで様々なバリエーションが登場した。
ちなみに初期はムシカードは緑色、わざカードオレンジ色になっており、筺体でスキャン時「緑色カード/オレンジ色のカード」とアナウンスされていたのはこのため。
カードカラーが変わった2004以降から入った人には何の事やら(一応、2004年以降もカードNo.の縁がそれぞれオレンジではある)。

『アダー登場編(2003~2005)』
2003第1弾(001~018のムシ参戦)
2003第2弾(019~024のムシ参戦。つよさ180のムシは背景に、つよさ160のムシは背景になった)
2003限定(つよさ140以下のムシにパラレルコレクションのカードが登場)
2003第1弾(新カードスーパーわざカード登場、ムシにせいかくが設定され3タイプに分かれる)
2003第2弾(アタックタイプのムシが初めてカード化された)
2003第3弾(この弾以降新規甲参戦に伴い、一部のムシは盤となる)
2004ファースト
2004限定(ここから限定カードノーマルカードもツブ状のキラ仕様になる)
2004ファーストパック
2004セカンド(スーパーアタックタイプ/スーパーディフェンスタイプ登場)
・1億枚突破記念限定デザイン(パラレルコレクションが止されアダーコレクションの登場)
2004セカンド+
2005ファースト(この弾以降復活甲が出てくるようになる。ついでにつよさ140ムシの名前も箔化)
2005限定
2005ファーストプラス

『復活の編(2005~2006)』
2005セカンド(ムシキングカード化。また、この弾以降つよさ160以上のアダーコレクションが登場し入れ替わり消滅する前兆になった)
・3億枚突破記念限定デザイン(ムシが甲虫王者ムシキングロゴの上に乗っているデザインになっている)
2005セカンドプラス

『アダーの計画編(2006~2008)』
2006ファースト
200イチャー
2006ダイナミックスタンド(ニンテンドーDSで発売されたグレイテストチャンピオンへの2でのカードデザイン再現した物。ストーリーキーとなるパプアキンイロクワガタ登場)
2006セカンド~パーフェクトキング~(マルスゾウカブトアルケスツヤクワガタがつよさ160以上の新ムシに登場。    偶然か否か、この弾初出のムシは2015セカンド時点で全員新甲虫王者ムシキングに参戦)
ダイヤモンドブルー(カードが横向きになり、この弾以降バーコードが片側だけになる)
・フォレスグリーン
2007シャイニング(この弾のみ、うらバージョンカードが登場)
2007ファースト(漆黒ヘルクレスキャンペーン開催)
・5周年コレクションカード第1弾(北半球のムシがカード化)
・5周年コレクションカード第2弾(南半球のムシがカード化)

『アダー完結編(2008~2009)』
2008第1弾(カード仕様が大幅に変わる)
2008第2弾レインボー(昆虫カードライセンスカード登場)
2008第3弾(合体わざカード登場)
2008第4弾(アダーの計画編で敵として登場した改造コーカサスがカード化)
2009第5弾(スーパームシキング改造コーカサス全体登場の最終弾)

派生・後継機

生機』
甲虫王者ムシキング ポポの冒険編(2006~2007):スーパーメモリーカードセーブRPG作品。
シナリオは「スズメバチゼリー」と「ピピアゲハチョウ」の2つ。排出されるムシカード/わざカード本編と同一の物。

甲虫王者ムシキング 対戦バトラーズターミナル(2007~2008):対戦専用筺体。2on2バトルも可
排出されるカードデザインワイヤーフレームの甲デジタル数字のステータスといった特殊仕様

『後継機』
ムシキングバトルガッツ!!(2010~2011):今までの世界観に一切の繋がりはい。
この世界観のムシは突然変異した物ばかりで、従来のムシと同じ姿だが人間よりでかい。更には機械化した物も多数登場する。
海外では現在も稼働している場所もあり、なんと最新弾ではラスボスムシキングが登場する(他にネプチューンオオカブトとニジイロクワガタ。でかい事以外は本家と同じ姿である)。技はある程度合スタイル魔改造アレンジされているが、他のムシ達よりはまだまともな方である。

新甲虫王者ムシキング(2015):同じく世界観に繋がりはい。詳しくは該当項参照。

ムシキング開発チーム

 個性豊かな開発チームメンバー達。雑誌やホームページ等でムシキングの紹介や解説をしたり、イベントゲームにも登場した。

ネブ博士
ムシキング研究所の所長。常に羽織るバーコードのような模様の入った白衣が特徴。小が好きで、よく使うムシは「グラントシロカブト」。ムシキングの知識に詳しく、ホームページなどで解説もしている。好きなものはスパゲッティで、トマトが死ぬほど苦手。あれ?ナポリタンとかはだいじょうぶなの?
正体は、甲虫王者ムシキングの開発元であるセガ ファミリーエンタインメント研究開発部・ムシキングチームデザイナー、根布範氏。 

ブラック博士
ネブ博士ライバル。名前の通り、なローブを常に身にまとっている。ネブ博士に対していろいろちょっかいを出してくるが悪人というわけではなく、簡単に言うと「ムシキングが大好きな困ったおじさん」という人。大が好きで、よく使うムシは「アクティオンゾウカブト」。必殺技ガンガン攻めるのが大好きで、特殊技を使うのは苦手。GBAゲームでは出番が多く、おじさんファンになった人もいるのではないだろうか。
正体はセガ ファミリーエンタインメント研究開発部・ムシキングチームプロデューサー植村呂志氏で、ムシキングの生みの親。

ムシキングジョニー
しながら各地でムシキング大会を応援している、さすらいのムシキングマスターカウボーイのような衣装が特徴。中が好きで、よく使うムシは「ネプチューンオオカブト」。 

ムシ王&クワ王
ムシキングの楽しさを広く知ってもらうために開発されたロボットで、食いしん坊なムシ王と、女の子ムシが好きなクワ王のコンビ。ムシ王はカブトムシ、クワ王はクワガタ王様の衣装を足したような姿をしており、尾はそれぞれ「~ムシ」「~クワ」。どちらもお調子者でみんなの人気者で、おにためたガスで動いている。GBAゲームではムシ王がボケ、クワ王が突っ込みを担当することが多い。それにムシ王はデブキャラだから、クワ王よりたくさん食べてもいいんだムシ。わけわかんないクワ!!
使うムシはムシ王が「カブトムシ」、クワ王が「オオクワガタ」(クワ王は「あいの」をセットにしている) 

ハニー
ムシ王やクワ王同様、ムシキング研究所で開発された初の女の子ロボミツバチのような姿をしており、尾は「~ハニー」。好きなものはハニーホットケーキで、これで釣られてブラック博士にだまされてしまうことも。バトルの時に使うムシは「ヒメカブト」。 

ムシキングテリー
ムシキング研究所に古くからあると伝えられていた伝説マスクを被ったある若手レスラーが、マスクに宿る不思議な変身した姿。ネブ博士と技の研究をしており、その技の威ブラック博士のお付き(受けたことがあるらしい)
シバトルで使うムシは「ノコギリタテヅノカブトムシキングジョーカーというライバルも存在する。

 

TVアニメ『甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~ 』

テレビ東京系にて2005年4月から2006年3月まで水曜日18:00~18:30に放送された。全52話。
タイアップの子供向け作品だが生き物の生死や家族自然の中でどのように生きていくべきか、というテーマを扱いもの悲しく重い一筋縄ではいかないシリアスな話しが多く、SF的な重厚なストーリーが展開される。また達の生態を現実に即して詳しく描写している。

原作ゲームと同様に登場人物は身長数センチの小人サイズである。 主人公たちの種族はと共生する『の民』。の民の「死」は「になる」と言われており、命が尽きると体がになり、へと還っていく。

登場人物

ポポ  (宮原永海
主人公。自分の住むに異変が起こり母親に変えられてしまったのをきっかけに父親を探してきのす。父親から渡されたの守護者のペンダントをアダー達に狙われる。

チビキング  (:TARAKO)
立ちの直後に出会い仲間になった小さなカブトムシだが言葉をしゃべり会話できる。

ムシキング 
主人公ピンチに陥ると守護者のり助けに来るカブトムシ主人公が召喚したり操作しているわけではなく(呼びかけはするが)ムシキングが自的に助けにきている。ウルトラマンみたいなパターン

セラン  (皆口裕子)   
が生んだ少女背中に羽が生えており生命を回復する不思議なを持つ。 物語が進むにつれて重要なになっていき最終話に至ってはもうチート。 

ソーマ  (野島健児)  
金髪少年。なんでも一人でこなすことができる優秀な子供だが、 の守護者として選ばれたポポに対してだんだんと嫉妬や対抗心が育っていく。 ストーリーの中でフォーカスが当たっていき、もう一人の主人公と言えるほど 活躍を見せる。

サーカス団

ビビ  (高木渉)
偶然ポポを助けたのをきっかけ一緒にすることになったサーカス団の一員。戦闘ではお手玉爆弾を投げつけて攻撃する。 毎回戦闘になると大量にお手玉爆弾を使う。どこから調達してるんだろ…
 
バビ  (荘真由美)
長いつるのムチを武器としているお姉さんレオタードを着ており体の線が強調されてちょっとエッチに見えるシーンがたまにある。

デー  (西川幾雄)
玉乗りが得意で体術に優れる老人。

ブー  (楠見尚己) 
顔が怖いが優しい巨サーカス団の荷物持ち担当。腕を使って戦う。

プゥ  (金丸淳一) 
芸とカードさばきが得意な青年。口癖は「ダイジョブ ダイジョブ

パム  (宍戸留美)  
情報を記憶するために作られた存在。一度見聞きしたことを忘れないをもつ。なんでも知ってるみたいに色んなことを知ってる。初期は感情のないような言動をするが、だんだん喜怒哀楽を出すようになっていく。

アダー一味

アダー  (佐藤正治)
の民を全てに変え、の民本来の移住の立とうという的を持つ。 甲改造し、操り人形にする技術を持っており、様々な甲を従えて襲ってくる。

デューク  (五代高之)  
兜で顔を隠した男。アダーの忠実な部下だが独自の野望を持っている。その正体はかの親父だったり親父じゃなかったり。

パサー  (チョー)  
第1話から悪役として登場。ポポの持つの守護者のに対して憎しみを持ち執拗に狙ってくる。 しかしポポと決闘し戦った後には理解を示し、後半になると…

グルム  (上別府仁資)
幼いころからと共に生まれ育つ。大きなでも友達と呼ぶ穏やかな男。育てていたアゲハ達が燃やして殺されたことをきっかけに覚醒し、あらゆるものを滅ぼそうとする。

チョーク  (木内レイコ)
を操り幻惑の術を使うなんかムキムキの女性ハイレグの露出の多いを着ているので後ろ姿を見るとTバックのようにお尻が丸見え。 J( 'ー`)し 

TVアニメスタッフ

ゲーム作品

甲虫王者ムシキング 〜グレイテストチャンピオンへの道~

ゲームボーイアドバンスソフト2005年6月23日発売。

日本でもムシキングが盛んな町「ハネダティ」に引っ越してきた主人公男女両方から選択可)。ある時ネブ博士でぶつかった際に「Dr.NEBU(ドクターネブ)マスターカード」がに落ちているのを発見、それを拾ったことがきっかけでムシキングを始めることになる。ネブ博士友達からアドバイスをもらいつつムシキング世界に入っていく主人公だが、その中で様々な人たちとのドラマが繰り広げられていく。

ソフトにはシリアルナンバー付きの『Dr.NEBU マスターカード』が付属。

甲虫王者ムシキング 〜グレイテストチャンピオンへの道DS〜

ニンテンドーDSソフト2005年12月8日発売。
簡単に言うとGBA版のパワーアップ版。GBA版のストーリーモードに加え、ムシキングテリーが登場する追加シナリオが遊べるようになっている。グラフィック向上やレアカードの入手率の向上などがされているほか、GBA版と連動することで手に入れたカードを引き継ぐことも可。こちらにも『Dr.NEBU マスターカード』が同梱。また同年12月開された映画劇場版 甲虫王者ムシキング グレイテストチャンピオンへの」の映画特典のステッカーに記載されたパスワードを入することで、映画に登場した「ダークサイドネプチューンオオカブト」を入手できる。

甲虫王者ムシキング 〜グレイテストチャンピオンへの道2〜

ニンテンドーDSソフト2006年7月27日発売。

上記2作品の続編。世界征服を企む闇の組織「ワルキング団」と手を組んだブラック博士により、ネブ博士の誘拐事件が起きる。ジョニーに認められジョニーマスターカードを渡された主人公は、ネブ博士を助けるためにジョニーと行動を共にすることになる。「グレイテストチャンピオンへの」に登場したキャラクターも登場するが、過去作品とべるとやや暗い展開が多いかもしれない。

上記2作品からカードを引き継げるほか、ゲーム中の文章をDS読み上げてくれるガイボイスも付いていた。シリアルナンバー付きの『ムシキングジョニーマスターカード』と、イケダ研究員特製シールが同梱。

甲虫王者ムシキング スーパーコレクション

ニンテンドーDSソフト2007年7月19日発売。

アーケード版の一人用モードプレイできる「ムシキングバトルモードに加え、森の妖精となってムシを育てる「そだててぼうけん」モードが遊べる。さらにDSGBAスロットを用いて使用するカードリーダーが付属しており(DS Liteではカードリーダーに専用アタッチメントを取り付ける必要あり)、「5周年コレクションカード 第2弾」までのカードを実際にスキャンして遊ぶことが可
実機さながらのドキドキワクワクを感じながら遊んだプレイヤーも多いだろう。
特典カードが7枚同梱。

漫画作品

甲虫王者ムシキング(漫画版)

今賀俊による漫画作品。2004年に小学二年生~小学四年生で並行して連載されたため雑誌によって違った話もあり、コミックスによって一本の完結した話となる。現在電子書籍版が発売されている。
てんとう虫コミックススペシャル以外から単行本化されているものにはタイトルに「救世主」や「バトルストーリー」などとつけられている。

あらすじが大好きな少年ンゴと、かつてタンゴに助けられたカブトムシキング物語突然小さくなってしまったタンゴキングと共に、外昆虫を操るの敵・カクタスからを護るために戦うことになる。

後に主人公カブトムシキング」と彼のライバルノコギリクワガタジョー」、キング子入りしたコクワガタの「ジャンボ」がカード化された。
キングはツノに絆創膏ジョーの先端がく、ジャンボスカーフを巻いているなどゲームCGも専用に作られている。

甲虫王者ムシキング〜ザックの冒険編〜

おおせよしおによる漫画作品。『月刊コロコロコミック』と『別冊コロコロコミック』でそれぞれ2005年2月号から2006年10月号、2004年4月号から2008年2月号まで連載された。コミックスは全8巻。

あらすじ:惑星カイヤで繰り広げられる財宝ハンターザックと、カブト丸の物語。お宝を探しめ続けるザックムシキングして戦うカブト丸が共に冒険し、それぞれのライバルや敵と戦い成長していく。

後に主人公カブトムシカブト丸」と彼の来のノコギリタテヅノカブトヤイバ」、中盤から登場しムシキング伝説るムナコブクワガタの「チャン・G」がカードとして登場した。
カブト丸はい体にツノの×印(印の詳細は漫画ネタバレになるので省略)、ヤイバオレンジ色の体に黄色いツノ、チャン・Gは色の体などゲームCGも専用に作られている。

関連動画

関連静画


関連生放送

ニコニコでは2012年2014年と2回一挙放送が行われた。

関連商品

関連チャンネル

 

外部リンク

関連項目

掲示板

  • 260ななしのよっしん

    2018/11/08(木) 14:25:25 ID: 2LtqiDAM8B

    旧ムシの素らしさ(最高レア排出率1/200)

  • 261ななしのよっしん

    2018/11/10(土) 14:06:11 ID: yjj2u4g40h

    パコレで慢しよ

  • 262ななしのよっしん

    2019/02/16(土) 19:50:09 ID: 2yXY1Ru3bi

    >>sm34633680exit_nicovideo

    支援

急上昇ワード

最終更新:2019/04/18(木) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2019/04/18(木) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP