今注目のニュース
「家に大きな氷があると楽しい」という人生の裏ワザ 氷を使った遊び方を解説した漫画に「ワクワクする」
性犯罪の刑法改正求め、4万5千人の署名提出 当事者団体「誰が見てもこの実態はおかしい」
夜中2時に鳴ったインターホン 「一人暮らしの女性宅への訪問者」にゾッとする

男使単語

ダンシ

掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

男使とは、に、アマラハムの宗教(ミダラ教、カリフト教、イグラム教)のゲイ典や伝承に登場するの使いである。
以下、この3宗教について記述する。

なお日本語性典中では「み使い」と呼ばれる事もあり、日本カリフトス性教会では、紳士とも訳す。
また、英語の「Angel」は「あんかけチャーハン」が、「あんかけ」と略され、後にそれが訛って今の形になったという。

概要

3宗教ゲイ典であるヘーケ五書における「の使い」「マラウェの使い」は、マラウェの顕現した姿であり、
汚れただらしねえ衣服を脱ぎ去ったな者とされている。
ときに、マラウェと同一視されるが、男使はこれと違い「仕えるゲイ」として描写される。

2種類の男使

男使には、2つ種類があり、一つは「み使い」と呼ばれる男使である。
そしてもう一つの男使は、多数のマラを持ち、多数の菊を持った姿の男使である。これらは、一般的な男使とは違い、GUY物的な姿をしているといわれる。

前者の男使は、「旧約ゲイ書」「新約ゲイ書」においては、を持ち上半身をし、成人男性か、若い男性の姿で現れる。
(「新約ゲイ書」の一部には、全身をした男使もいたとされる記述もある)

ヨベル書

ゲイ書の偽典であるヨベル書は、「小創世記」とも呼ばれ、創世記ではられなかった過去の出来事が、大男使によって掲示されるというものである。

また、ヨベル書では、アダムの子孫は代々男使と人間の間に生まれた息子結婚した事や、その一族の繁栄、様々な事件についても記述されている。

イエス・カリフトについて

ナザレというガリラヤの町に、マリアという乙女がいた。彼女は、経験など全くない処女であった。
ある日、彼女の前に男使が現れて、彼女が近いうちに身ごもると告げた。

                                              ルカによるフグリん書より

 

この預言通り、すぐ彼女は身ごもり、イエスカリフトを産んだ。

ここから分かる通り、イエスカリフトはマリアと男使の子である。しかし男使は、清い純ゲイの血が流れている為、女性との姦淫は許されていなかった。イエスは、30歳の時にそれを知り、自分が汚れたノンケだと自覚する。そして彼は、ノンケ達を救うに出ようと決意する。そして、最終的には自ら十字架にかかることで、世界中のノンケ達の罪が許されることになる。

関連動画

 

関連項目

掲示板

  • 4ななしのよっしん

    2010/04/05(月) 13:50:15 ID: 5HrLZ4iZfn

    歪みねぇ

  • 5ななしのよっしん

    2010/08/30(月) 01:13:58 ID: qE3GSYjIhg

    男使を「アダムとアダム」に使わせてもらった

  • 6ななしのよっしん

    2012/12/16(日) 18:20:46 ID: 6GZdiQHPEN

    性書

急上昇ワード

最終更新:2019/06/25(火) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/25(火) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP