今注目のニュース
魅惑の黒タイツと太もも!伊織もえ『アズレン』コスプレでヤマハとコラボ
17歳男子高校生がゲイバーで接客 教委は「アルバイトはすべて届け出制」
「飼い主が消えた!」と話題のアレ、一番ナイスな反応を見せたのはオウムかもしれない

異次元からの帰還単語

イジゲンカラノキカン

  • 0
  • 0
掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

異次元からの帰還とは、映画遊☆戯☆王デュエルモンスターズ 光のピラミッド」に登場するカードである。
OCGでは2015年2月現在禁止カード

概要

海馬瀬人が使用するカードゲームから除外されているモンスターを可な限り自分フィールドに特殊召喚できる。

VSペガサス戦で登場。
自ら「X-ヘッドキャノン」、「Y-ドラゴンヘッド」、「Z-メタルキャタピラー」を除外しておき、それをこのカードでまとめて特殊召喚することで、一気に「XYZドラゴンキャノン」までつなげた。

その後、VS闇遊戯戦でも登場。
ファミリア・ナイト」や「強制召喚」で遊戯を展開させ、それを「光のピラミッド」でまとめて除外させた海馬。最後はこのカードで自らの下にを特殊召喚することを狙っていたようだが、「光のピラミッド」の中に眠るアヌビスが姿を現し、デュエルは思わぬ方向へ進み始めたためこのコンボわなかった。

アヌビスはこのカードを発動することなくセットしたままにしておいたが、最後に遊戯は「リバースオブリバース」によって海馬アヌビス)のフィールドのこのカード遊戯のものとして発動、三幻神フィールドに呼び戻した。


海馬遊戯三幻神を特殊召喚しようとしていたことを考えると、OCGと異なり、アニメでは相手のモンスターも自分フィールドに出せたのだと思われる。ただし、カード画像自体はOCGの流用(映画光のピラミッド」におけるほとんどのカードがそのようになっている。そのため、一部のカードテキストとの食い違いが起きている)。

OCG版

PREMIUM PACK 7」(2004年8月5日発売)でOCGに登場。

通常
ライフポイントを半分払って発動できる。
ゲームから除外されている自分のモンスターを可な限り自分フィールド上に特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターエンドフェイズ時にゲームから除外される。

映画版に除外デメリットがあったかは不明だが、OCGではデメリットがある。

ライフ半分のコストは決して軽くないが、消費1枚から最大5体のモンスターが展開可。展開したモンスターエンドフェイズ時に再び除外されてしまうが、シンクロエクシーズ素材にしたり、攻撃することなどに制限はないため、展開したモンスターから一気に勝負を決めることが可。「次元融合」と違い、相手は関係ないため、「マクロコスモス」などで差別カードを除外するデッキでも、自分だけ展開できる切り札となる。

次元融合」と違い、カードゆえにタイムラグがあることや、「混沌の黒魔術師」で回収できないことなどから、「次元融合」の現役時は「次元融合」に後れを取ることも多かったが、それでも強カードであることに違いはなかった。

闇の誘惑」(2枚ドローと引き換えに手札の闇属性1体除外)が海外で登場すると、ダークモンスターと組み合わせたデッキでこのカードも「次元融合」共々活躍するようになる。そのため、海外では臨時の制限改訂が行われ、2008年5月9日に制限カード定された。日本でもこれに倣う形で、2008年9月1日に制限カードとなった。

このカードの制限定と同時に「次元融合」は禁止定を受けたため、以後、除外モンスターを大量展開する役はこのカードが担うことになる。

除外デメリットを持つチューナーの「ゾンビキャリア」や、自身を除外してモンスター生する「」を要する【シンクロアンデットデッキなどでは、除外されたそれらをフィールドに呼び戻してシンクロ召喚しつつ、素材になったそれらは墓地へ送られるため効果の再利用を可にさせた。

決定的だったのは【征竜デッキの登場。征竜は除外によって効果を発揮するデザインであったため、除外しやすく、除外された征竜やその他のモンスターを展開した後は、そのまま攻撃するもよし、ランク7のエクシーズ召喚につなぐもよしであり、このカードデメリットで除外された場合も、再び征竜のサーチ効果でアドバンテージを稼げるという相性の良さだった。

長らく制限カードだったこのカードだが、征竜の登場が決め手となり、海外では2014年1月1日日本でも2月1日には禁止カードとなった。


このカードの禁止定で除外モンスターを種別を問わず大量展開できるカードはなくなったため、モンスターを除外して大量展開という手法はやりにくくなった。種族や属性カテゴリが限定されたものであれば「サイバーネットワーク」など、いくつか存在するため、それを用いるか、「D・D・R」などで1体だけ展開するしかない。

除外されたモンスターを特殊召喚することをす「帰還」(非公式)のとなったカードとも言われ、除外モンスターを特殊召喚するカードの代表的存在。

次元融合」にべると現役期間が長かったため、帝王の降臨ロストサンクチュアリの2種のストラクチャデッキにも再録されており、入手は容易だった。

その他の作品において

アニメGXでは、万丈江戸川とのデュエルで使用。
ヘルテンペスト」で除外していた「円盤闘士」、「KA-2 デス・シザース」、「ヂェミナイ・デビル」、「スカル・ナイト」、「おジャマイエロー」を特殊召喚し、「おジャマイエロー」以外の4体による一斉攻撃で勝負を決めた。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 4ななしのよっしん

    2016/06/22(水) 21:47:22 ID: rzIsa9b+Bg

    すぐまた除外されるなら異次元からの一時休暇とかの方が名前的にしっくり来るな

  • 5ななしのよっしん

    2017/12/27(水) 14:26:40 ID: 02AOH/hQgP

    二次元からの帰還

  • 6ななしのよっしん

    2019/03/09(土) 00:40:43 ID: /qOV5SbQyH

    帰還戻ったらKOZMOがやばい事になるから駄だと
    エラッタするなら全員守備で効果効でこのターンエクストラデッキから特殊召喚できないぐらいかな

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/17(日) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/17(日) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP