今注目のニュース
かまいたち、しくじりオファーに「ヤバい」
インドの遊園地で絶叫マシーンが真ん中からポッキリと折れる!安全管理や運営体制が物議!
36キロの愛。飼い主が帰宅すると飛び込んでくる犬の愛情表現に関する海外の反応

百年目単語

ヒャクネンメ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

百年目(ひゃくねんめ)とは、落語の演である。上方の演で、後に東京移植されたといわれているが、実は同じような話が東西から伝わっており、そのルーツを辿ると中国など海外から伝来したという説もある。

一時間近くに上る大ネタの上に、登場人物が非常に多く、その演じ分けもめられるだけでなく、宴の踊りや揺り返しの番頭が後悔するシーン大団円旦那が番頭を諭すシーンなど、まぐるしく展開が入れ替わり、これが演じられたら一人前どころか、まさに大名人と呼べるような噺であり、落語の中でも名作中の名作ともいえ、これで落語覚めたって人も少なくない。

特に桂米朝のものは一世一代の大演技ともいわれている(とはいえ、本人も失敗したことがあるほどで、どれだけこれが難しい噺かわかるだろう)。東京でも三遊亭圓生古今亭志ん生古今亭志ん朝といったビッグネームが得意としていた。

なお、百年目とは「物事の分かれ、決断が迫られた時」のこと。また、「非常に長い期間」のこともし、「ここでったが百年目」というられ役の台詞は有名だろう。

あらすじ

船場のとある大店に非常に口うるさい番頭がいた。彼はいつも奉人や丁稚に小言を連ねるもので、奉人からは何の遊びもない堅物と思われていた。しかし、この番頭、実はすごい遊び好きであり仕事こそは熱心だが、仕事が終わると遊び人に変身してしまうのだ。そんな彼の元に、得意先の間から今晩見物に舟遊びをしないかと誘われる。番頭はここでは罰が悪いと、部下たちには「得意先りに行く」と偽って身を隠し、知人の着替えをしてから、「今日は日が悪い」といいながらも次第に舟遊びを始めた。芸者から注がれたお酒を呷り、すっかりいい気分の番頭は「んない千鳥」という目隠し遊びで芸者を追い回す。

だが、そこで捕まえた相手がこともあろうかと店の旦那だった。彼も友人に誘われ観会に来ていたのだ。番頭はになり旦那の前に「長らくご沙汰しております」とひたすらに伏して、そのまま船に逃げ帰ってしまう。だが、旦那は「大事なうちの番頭じゃ、理のないようにしてやれ」とだけ言って、その場を立ち去った。

しかし、番頭は直後にとんぼ返りし、部屋で「気分が悪いから休ませてくれ」と、他人を謝絶してから、ひたすら今日礼を何度も回顧し、そして後悔する。旦那からは間違いなく大目玉を食らうであろうと、彼に説教される前に逃げの準備を始める。しかし、その途中で、もしや大に見てくれるかも知れないと、また風呂敷を解いたり、また包んだり…結局憔悴しきって、なるようになれとばかりに、やけくそで眠ってしまった。

だが、悪夢を繰り返した後、翌くにが覚めても、まだ落ち着きが取れず、丁稚より先に大戸を開けて庭掃除をしたり、驚いて飛び起きた丁稚に「儂の代わりに帳場に立て」と告げたりと動転を繰り返し、それでも帳場に座り、やるべき仕事をこなしていた。そこに丁稚をから「旦那がお呼びです」との一…。

「いよいよか…」彼は意を決して旦那の前に座るが、彼は晴れやかな表情で、普段の仕事熱心さと、それとは裏宴での弾けっぷりを評して「あれぐらい器量がないと大きな商いはできない。しかも、帳簿を確認させてもらったが、しっかり自分の貯で散財をしている、感心なものだ」と褒めちぎる。そして、お寺から聴いた栴檀と南縁の法話にたとえ、「自分が栴檀となってもっと部下をしっかり導して、店を繁栄させて欲しい」と励までされると、すっかり涙ぐみ恐縮する。だが、旦那は「あのときなぜ儂に向かって『長らくご沙汰してます』と答えたのじゃ?」と問いかけると

「はい、あんな姿を旦那に見られて、もう百年目かと思いました」

だが、ここでの百年目は前述した2つの意味を掛けているのがわかる。

関連動画

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/07/18(木) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/18(木) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP