今注目のニュース
赤ちゃんは行動をマネする大人に親しく振る舞う 「マネされていることを理解している」 海外の大学が発表
日本郵便、配達員も「適宜マスク外す」 命を守る行動に理解求める
東京アラート発動で警察による見回りを検討、リアル自粛警察が誕生かと話題に

百科事典単語

ヒャッカジテン

  • 4
  • 0
掲示板をみる(17)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

百科事典とは、様々な分野の知識を一つにまとめたものである。

概要

様々といっても、それこそ政治経済から芸術まで網羅したものから、自然科学などに限定したものまで多様である。

に書籍という形式で販売されているが、CD-ROMという形式やオンラインで利用できるようになったりとその形式も変わってきている。

近年では一般利用者も編集できるオンライン百科事典であるWikipediaが有名である。

なお、それまでの「辞典」にかわって「事典」という言葉が最初に使われたのは、社『大百科事典』(1931年刊行開始)である。これ以降、「百科事典」という表記が一般的になった。

関連商品

関連項目

掲示板

  • 15ななしのよっしん

    2016/07/05(火) 12:45:14 ID: pYOf/CjXNt

     昔は専門やいわゆる知識人が集まって、ある程度体系的な解説がなされる媒体の辞典の一種でそれ以外存在しなかった。これは盛んに「百科事典」が編纂された時代の哲学の潮流に関係してるんだけどいつの時代か忘れたから説明できない。
     今は単に百科事典と言っても昔ながらの百科事典以外にも電子辞典やウェブ百科事典ウィキサービスなんかも内包されるんだから、意味合いや付帯するイメージに変化があるとしてもおかしくはなかろう。つまり、百科事典=専門や知識人が編纂する、ある程度体系だった様々な知識を解説する辞典 だったものが、必ずしもそうでなくなったということ。

    >>13タラコの発言持ってきて説得を失ってる感があるが

  • 16ななしのよっしん

    2016/07/20(水) 18:47:52 ID: ZDvSEdAxJY

    ユニオンペディアってのの使い方が今一判らんのだがこれ利用の仕方によっては大層便利なサイトだったりすんのかね

  • 17ななしのよっしん

    2019/07/13(土) 15:57:54 ID: UnxB6dSlYX

    ユニオンぺディアはどうやら従来の単が一致するタイプ検索じゃなくて、意味的に近い項検索結果に出すタイプのもので、言葉同士の関連がつかめるらしい。

    翻訳の荒さがあるし、サイトの解説が見当たらないから、ウィキペディアを見たいときに気付かずユニオンぺディアをクリックしてしまったときはむかつくが。

急上昇ワード

最終更新:2020/06/06(土) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2020/06/06(土) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP