単語

211件

1.9千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

とは、脊椎動物軟体動物の、を感知する器官である。この場合、とも書く。

その他の目の意味については目(曖昧さ回避)を参照。

目玉、目ん玉、おめめなど呼称は様々。

概要

マウス絵人間情報の8割を視覚に頼っていることから、日常生活から趣味仕事までくてはならない非常に重要なセンサーである。動画イラスト漫画文字・文章といった様々な情報を見ることができるのもこれのおかげ。

目は外部からを受けてそれを電気信号に変換しに伝える。生物によってはより高機である(焦点を合わせる、を絞る、…)。

特性を利用し、目の錯覚等を利用した不思議トリックアートなどに活用される場合もある。

長時間の酷使によって視が低下するため、時折目を休めよう。

人間の場合、眼球、視神経、その他の付属物からなる。頭部前面の眼窩に二つあり、まぶたに覆われている。白目・瞳と呼ばれる場合もあるが、医学的に白目は眼球結膜、目はとも呼ばれる。

瞳孔は周囲の量に合わせてを絞り、暗闇においては目が慣れる暗順応なども自動で行われるが、全に慣れるまで15~20分以上はかかる割にを受けてしまうと一で元に戻ってしまう。赤色は暗順応を阻しないため天体観測や軍用(灯火管制)でも用いられる。

目が見えないものは盲目とも呼ばれる。詳しくは項目参照。

点3つで(上2つが目に見える)顔と認識するなどはシミュラクラ現象のひとつ。(項目参照)

フィクション

フィクションにおいては髪色と同じく様々な色・デザインが用いられる。

キャラクターとして特徴の出やすい部分だが、や布・機械仮面で隠れている場合もある。

術・催眠術・透視・索敵、目からビーム隻眼といった様々な特徴・が付与される事も多々。
ぐるぐる目ジト目などいった漫画ならではの表現・用も多い。(後述)

閃光弾や粉煙幕の展開で相手の目を攪乱するといった展開もあるある

比喩

監視カメラ、外部視察用のカメラレーダーミサイルシーカー部など
情報収集を行う部位や手段・センサー類をす場合もある。

犯罪対策においては人の目、近所の目など他者の視線情報・対策手段とする場合もある。

・捜索・索敵など、赤外線(熱)・特定の波長などを視覚化するセンサー等で視覚を補い、目標達成や目標示を容易にする場合もある。

欠点

欠点としては脆弱な部位であることから打撃や粉・破片・強などには非常に弱く致命的な後遺症となりやすい。眼球を狙うことは格闘技等で反則(サミング)とされる場合もあるが、護身術等では正当防衛として狙える部位でもある。

直接的に損傷を受けなくとも、視覚的な情報から精ダメージを受けてしまう場合もある。(→恐怖

目に見えないものは認識できないため、暗闇・悪煙幕展開下においては認識が落ちる。特に遮蔽物の裏や自身の後ろといった死は認識できないため聴覚や嗅覚といった他の感覚、ミラー、複数人のチームワークで補う場合も多い。

見間違い、目の錯覚による誤認識で重大事故になる、物理的には見えていても異常状態と正しく認識できていない場合もある。見間違いを防ぐ工夫や違和感や兆を見落とさないなどセンスが問われるなど意外とが深い。

逆に、誤った視覚的情報を与えることで敵を混乱させる戦術などは昔の戦争からあった。

フィクションでは透明化・偽物・偽装・分身した相手など、視覚情報があまり役に立たない展開も定番。

目の形状・状態に関する表現

目の補助具・目に関連する器具等

関連動画

関連項目

/ …  -   - 

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/16(火) 18:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/16(火) 17:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP