相殺法単語

ソウサイホウ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(57)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
加筆依頼 この記事は内容が少ないです。
調べものなどの参考にはなりますが絶対的に内容が不足しています。
追加、訂正などをして下さる協者をめています。

相殺法とは、詭弁(強弁)の1種である。ぷよぷよとは関係がい。

概要

ある人物が起こした罪について、別の罪を理由に持ち出して正当化しようとする詭弁(強弁)である。
一言で言うと「罪の引き算」。以下に簡単な例を引用する。

(例 A氏がB氏を殴った件についてのコメント
C氏 「B氏がA氏の悪口を言ったのだから、殴ったA氏は悪くない。」

少なくとも法律を基準にして考えれば、A氏の行った暴行も悪であり、B氏の行った侮辱も悪なのです。二つの罪はそれぞれ独立したもので、罪の引き算はできません。C氏のが「お互い様でしょ。」でも同じです。

exit-こちらのサイトexitより引用-

インターネット上での扱い

ニコニコ大百科をはじめとするインターネット上では、ある人物若しくはコンテンツを嫌う者がその人物やコンテンツに対する見叩き誹謗中傷等の行為を正当化する際によく使用される。

  1. アーティストAは犯罪を犯したのだから、誹謗中傷を受けても仕方ない。
  2. コンテンツBはファンが散々他所で暴れたのだから、かれても仕方ない。

1.は、Aが犯した犯罪を理由にAに対する誹謗中傷正当化しようとする相殺法である。
犯罪はいかなる場合であれ社会的に咎められるべき行為であるが、それは法律によって裁かれれば良い話であって、犯罪を犯した人物に対して誹謗中傷を浴びせるのは私刑に過ぎず、これもまた社会的に咎められるべき行為である。

2.はBのファン(こういった場合は信者と称される場合が多い)による迷惑行為を理由に、Bに対する見叩き正当化しようとする相殺法である。
ファンによる迷惑行為は確かに問題ではあるが、それを理由にコンテンツ自体をファンの見ている可性のある場所で蝎の如くく行為はマナーを守ってそのコンテンツを楽しんでいる人間にも不快感を与える事になり、許されるものではない。
なお、これを正当化する際に「ファン自浄作用さ」を理由に挙げる者もいるが、それについては当該記事を参照の事。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 55ななしのよっしん

    2018/10/25(木) 06:55:10 ID: RbKMqmO1ON

    インターネット上の扱いの項見てて思ったけどこれ1は人身攻撃の対人論、2はまった一般化もしくは合成の誤謬の方が近くない?少なくとも1&2単体では相殺法ではないから勘違いが起きそう

  • 56ななしのよっしん

    2018/10/27(土) 01:25:15 ID: eETdYLwRNJ

    犯罪の三要件(構成要件該当性、違法性、責任)も知らないとか
    馬鹿じゃないの(嘲笑)

  • 57ななしのよっしん

    2020/10/25(日) 01:00:24 ID: +F8U/OZnX2

    ここでの相殺法の説明は
    「ある人物が起こした罪について、別の罪を理由に持ち出して正当化しようとする詭弁」だし、
    罪を他の罪で正当化する事は詭弁なんやでってことでしょ?
    情状酌量は関係ないしここのレスに書くような事じゃないと思う。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/24(火) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/24(火) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP