今注目のニュース
全品100円!? 焼肉食べるなら新宿行ったほうがいい。
「お風呂は怖くないよ」 肉球で子猫の頭をナデナデするワンコにキュンとくる
ファミマがファイナルファンタジーとコラボ、モーグリの顔みたいな「モーグリまん」登場

矢場とん単語

ヤバトン

掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

矢場とんとは、愛知県名古屋市中区大須本店を置く、とんかつの店である。味噌カツ提供店の代表として、っ先に名が挙がる有名店のひとつである。

概要

戦後間もない1947年に「矢場のとんかつ」として創業。後に屋号を「矢場とん」に変え、現在に至るまで味噌カツ提供をしている。味噌カツの元祖を名乗る店のひとつである。
矢場とんの「矢場」とは、本店所在地の当時の呼称である「矢場町」から取られたものである。[1]

味噌カツ店としてはしく、本場愛知県以外の都府県にも積極的に出店している。

矢場とんの味噌カツ

矢場とんといえばなんといっても味噌カツである。メニューとして鉄板とんかつわらじとんかつなどがあり、味噌ではない普通ソースを選ぶことも可であるが、折矢場とんに行くのであれば是非とも味噌ダレでご賞味頂きたいところである。

矢場とんの味噌カツで使用される味噌ダレは名古屋の一般庭で使用される味噌カツタレとは異なり、さらりとしているのが特徴である。これは矢場とん創業のきっかけが、屋台で客が串カツをどての汁につけて食べていた様子からの着想であり、現在に至るまでそのイメージにこだわり続けているためである。

参考までに、今日名古屋の一般庭で食されているような、味噌ダレをソースの代わりにカツにかけて食するスタイルをはじめて考案したとされているのが、矢場とんと同じく味噌カツの元祖を名乗っている三重県津市にある洋食店「カインドコックのカトレア」である。カトレア味噌カツ提供を始めたのは1965年で矢場とんの約18年後のことだが、今日広まっているスタイル味噌カツを最初に提供した、という意味合いで元祖を名乗っているものである。

関連動画

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *矢場町は住所としては現存しないが、地下鉄に「矢場町駅」があるなど現在も通称としては通用する。

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/16(水) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/16(水) 04:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP