石ころぼうし単語

イシコロボウシ

2.9千文字の記事
掲示板をみる(69)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

石ころぼうしとは、藤子・F・不二雄漫画アニメドラえもん』に登場するひみつ道具である。

概要

見たは石をかたどった帽子。これを被ると姿は見えているままだが、まるで端に転がっている石ころのように他者から気にされなくなる。(「端の石ころ」という説明はドラえもんによる例え話であり、文字通り「石ころとして見られる」という訳ではない)

姿が見えなくなるひみつ道具透明マント、かたづけラッカーなど多数あり、この世の数多のフィクションでも同様のが登場する。しかし姿を消すだけではが聞こえるし、他者に触れたらバレてしまいかねない。それに対して、石ころぼうしは使用者の姿だけではなくや触られた時の感覚なども認識されなくなる。すなわち使用者の存在そのものが認識されなくなるであり、相手の感知や自身の隠密に関わらず有効なので、単純な透明化よりかに優れた擬装といえる。

ただし石ころぼうしはもしもボックスなどと同様に、登場する作品によって設定が変わっている場合がある。例に挙げれば、

  • てんとう虫コミックス第4巻「石ころぼうし」では、上述した通り使用者の存在そのものが認識されなくなる具とされている。劇中ではロボット機械)のドラえもんにも有効だったり、使用者の姿はもちろんも認識されず、嗅覚に優れたが通りがかっても使用者を認識していない。更には相手に触れたり所持品を奪っても、その相手は使用者に触られたことや所持品を奪われたことに気づいておらず、使用者からなどの体液が飛び散ったとしても、周囲の人々はその体液を認識していない。それどころかドラえもんのび太に石ころぼうしを被せた時は、ドラえもんのび太が見えなくなったと思わず「最初からもいなかった」と認識し、自分でのび太に石ころぼうしを被せたことを忘れた様子でその場から立ち去ろうとしている。そのため相手の記憶が消えていると取れる描写すらあり、この作品では「使用者の存在そのものを全に消失させる」と言って差し支えないほどに高性具とされている。
  • てんとう虫コミックス+4巻「災難予報機」では、上述した通り使用者の存在そのものが認識されなくなる具とされている。劇中ではドラえもんのび太が石ころぼうしを被った状態で静香に触れたり話しかけたのだが、静香は二人のや触られたことに気づいていない。それだけではなく、この作品では石ころぼうしを被っている人同士はお互いの姿やなどを認識できるとされており、ドラえもんのび太は石ころぼうしを被ったままの状態で会話している。
  • のび太の魔界大冒険」では、使用者の姿は見えなくなるものの、や臭いは認識可であり、暗に騒ぎ立てたり臭気(体臭や便臭など)を放てば知覚される惧れがある具とされている。しかしこの描写は上述した二作品の描写と矛盾しており(一部のファンの間でもこの矛盾摘するが上がっている)、公式がそれを把握していたのかは不明だが「のび太の新魔界大冒険~7人の魔法使い~」では、石ころぼうしがモーテン(使用者の姿が他者の盲点にしか届かなくすることで、結果的に姿を見えなくすることができる具)に変更されたことで矛盾がなくなった。
  • ドラえもん3 魔界のダンジョン」(こちらでは「石ころ帽子」表記)では、装備品の一つとして登場している。その効果はバランスブレイカーそのもので、雑魚敵からラスボスまで全ての敵に気づかれなくなるためプレイヤー一方的に攻撃し放題となる。一応「満腹度減少が通常の三倍になる」「ダッシュすると一時的に効果が解除される」という作品独自のデメリットはあるものの、これらはコンクフード(所持していれば満腹度減少が通常の半分になる食品系アイテム)とダッシュ封印でほぼ効化することが可
  • のび太飛ぶ」(グランブルーファンタジーとのコラボ作品)では、上述した通り使用者の存在そのものが認識されなくなる具とされている。この作品ではてんとう虫コミックス第4巻「石ころぼうし」での描写が再現されており、使用者の姿やが認識されないのはもちろんのこと、気配に敏感な魔物も石ころぼうしを被ったドラえもんたちに全く気づいていなかった。それだけではなく、かと喋っている状況で石ころぼうしを被った時は、周囲の人々は使用者が見えなくなったと思わず「最初からそこにはもいない」と認識し、使用者と喋っていたことを忘れた様子でそのまま他の人々と会話を続けており、かに追いかけられている状況で石ころぼうしを被った時も、追いかけていた人は使用者が姿を消したとは思わず「最初からのことも追いかけていない」と認識し、使用者を捕まえようとしていたことを忘れた様子でその場から立ち去っている。更には石ころぼうしを被った山賊(劇中に登場する敵キャラクター)がドラえもんのポケットからひみつ道具を盗んだ時は、ドラえもんはそのことに気づいておらず、具の個数を確かめた時でさえ盗まれた具があることに気づいていなかった。それどころか石ころぼうしを被った山賊ドラえもんたちを縄で縛った時は、ドラえもんたちは縛られていることに気づかないまま会話を続けていた。(ただしドラえもんフェイトストーリーでは「のび太の魔界大冒険」と同様の描写になっているが)

また、不老不死のような存在になる訳ではないので、他者から気づかれないが故に重傷を負ってしまうリスクもある。それだけでなく先述の重傷や疾病などの理由で帽子を自で外せなくなった場合、効果を解除することができないが故に支援めても周囲に気づいてもらえず、そのまま尽きて一生を終えてしまうリスクを背負うことにもなる。

のび太サイズの小さい帽子を被った際に抜けなくなったことから、伸縮性は低いものの、でふやけてしまう程度には柔らかい素材となっているようだ。ただし先述の「災難予報機」でドラえもんが被った時は、大きな頭に帽子を乗せているだけでも特に問題なく効果を発揮しているため、理して被る必要はないらしい。

同様の能力が登場する作品の一覧

作品名(五十音順) 使用者
ウィッチクラフトワークス 全ての魔女 ローブ(工房側はディブリス(闇の衣))
黒子のバスケ 黒子テツヤ ミスディレクション
咲-saki- 東横桃子 -
ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 リンク コロお面
戦闘破壊学園ダンゲロ 駒沢 I.Z.K(いつからいたの? ぜんぜん気付かなかった!)
とある科学の超電磁砲 重福省帆 視覚障(ダミーチェック
東方project 古明地こいし 意識を操る程度の能力
めだかボックス 日之影空洞 知られざる英雄ミスターアンノウン
ぬらりひょんの孫 リク 明鏡止水
HUNTER×HUNTER レオロン の不在明(パーフェクトプラン
BLEACH 有昭田鉢玄 双崖
魔法先生ネギま! 村上夏美 孤独黒子(アディウトル・ソリタリウス)
魔人探偵脳噛ネウロ 脳噛ネウロ 無気力機(イビルブラインド)

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 67焼肉君

    2022/04/27(水) 19:39:30 ID: jylsmYgp9B

    確かに、こいつの具ってすぐ壊れる消耗品だし、ちょっと仕様が違ってもなんらおかしくないんじゃ?

  • 68ななしのよっしん

    2022/04/27(水) 21:04:06 ID: o/FbwgNrUy

    そこまでくると個人の感想の域を出なくなるから何とも言えないな…
    その意見(定期的具を買い替えるせいで性に違いが出る)が正しい可性ももちろんある
    ただ少なくとも原作では「石ころぼうしを買い替えた」という描写や設定は存在しないから、明言されていない憶測がありなら「単純にF先生石ころぼうしの設定を間違えたか誤解していただけだろう」という意見が正しい可性も十分あり得ることになる
    個人的にはF先生による設定ミスだと思ってるけど、確はないから絶対に正しいと断言するつもりはない

  • 69ななしのよっしん

    2022/08/01(月) 14:52:42 ID: r/E9QXDWMZ

    高性過ぎて他者から認識されなくなるというより
    むしろ使用者のほうが現世から隔離されてしまっているのではないだろうか・・・
    本人は自分が中心の現みたいに感じるかもしれないけど

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/10/04(火) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2022/10/04(火) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP