石井慧介単語

イシイケイスケ

1.6千文字の記事
掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

石井慧介とは、DDTプロレスリングに所属する日本プロレスラーである。二つ名は「ひとり四天王プロレス」「桃色ニールキック」。

概要

出身は埼玉県入間市

高校卒業後、2007年全日本プロレス武藤開入団テストに合格。練習生として全日本プロレスに入団するも、デビューを果たせぬまま退団。しかし退団後、DDTプロレスリングに入団し、2008年7月リングデビューを果たす。

その後は短期間でコロコロリングネームを変えてみたり、男色ディーノ率いるベルトハンター×ハンターに加入したり、何度かアイアンマンヘビーメタル級王者にいたり、コスプレ入場してみたり、新日本プロレス高橋勝利したり、自行を開催したりするものの、評価はいつまでも「活きのいい若手」のままだった。2011年にはCMLL認定KO-Dタッグ王者に入江茂弘と共にくものの、その評価を覆すまでには至らなかった。

大きな転機となったのは2012年両国ピーターパン直後のDDT後楽園ホール大会。この大会のメインは王者石川修司対挑戦者入江茂弘DDTエクストリーム級選手権試合であったが、王者石川修司王座を防衛した直後にリング乱入DDT内の序列を変えると宣言し、石川修司だけでなくHARASHIMAKUDOらの現在DDTトップケンカを売ると共に、同じ若手の入江茂弘高尾蒼馬ユニットの結成を持ちかける。入江高尾はこの提案を受け入れ、ユニットチームドリームフューチャーズ」(略称チームドリフ)を結成する。
チームドリフ結成後の勢いは凄まじく、11月には石川修司からDDTエクストリーム級のベルトを奪取。翌年1月には新設されたKO-D6人タッグ王者の初代王者にく。
しかし、ユニオンプロレスには全に外敵のような形でいきなり入り込んでベルトを奪取した上、肝心の試合内容が伴っていないにもかかわらず尊大な態度でリングに上がり続けたために、ユニオンだけでなくDDT本隊のリングでもブーイングを浴びる事態になってしまう。しかも6人タッグのベルトを奪ってからわずか1ヶ以内にエクストリーム級のベルトは木高イサミに、6人タッグのベルトはアントーニオ本多佐々木大輔・火野裕士組に奪われてしまう。
その後、高木三四郎社長に「お前にはプロレスラーとして致命的な何かが足りない。」言われ、何が足りないかを知っているらしいMIKAMIDJニラ本間ヨシヒコ高木三四郎と戦い(DJニラ戦は高尾蒼馬と組んでニラ高木三四郎タッグマッチヨシヒコ戦はチームドリフ飯伏幸太伊橋剛太ヨシヒコの6人タッグマッチ。)、最終的には何が足りないかは全くわからなかったものの、その後はブーイングを浴びたりすることはなくなった。
その後、アントーニオ本多からいつでもどこでも挑戦権を奪い、同じチームドリフ入江茂弘の持つKO-D差別級王者に挑戦。敗れはしたものの、今後もチームドリフリーダーとして活躍が期待される。

得意技

エピソード 

関連動画



関連商品

関連コミュニティ

関連生放送

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/07/01(金) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2022/07/01(金) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP