石川先生(Ghost of Tsushima) 単語

39件

イシカワセンセイ

2.2千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

約束しろ
わしと同じ轍を踏むなよ

石川先生とは、ゲームGhost of Tsushima』の登場人物である。

プレイヤーからの称は「クズ先生」「パワハラ先生」「ナチュラルクズ」等々。

出演:フランソワ・チャウ 日本語千葉繁

概要

https://www.nicovideo.jp/watch/sm37284836

対馬日吉場を構えている武士
かつては武である長尾南役を務めたこともある腕利きの取りで、老に差し掛かる年齢となった今もその腕は衰えていない。

境井仁とは顔見知りの間柄。10年前、仁は石川子入りを志願したが門前払いされている。しかし、仁にの才があることは見抜いており将来有望と内心で評価していた。

後に百姓子に迎え入れるが、とある理由で石川の元から出奔し行方をくらます。対馬古から守るため石川添えを請う仁は、子探しを手伝う条件で彼と協関係を結ぶことになる。

人物

術と兵法に関しては仁も認める熟練者であるが、性格に難があり人を人と思わない尊大な一面を持つ。
自分の失態を素直に反省・謝罪せず、の上塗りも日常茶飯事。精的に余裕がない時は特にその傾向が顕著になり、正論や痛いところを突かれると相手を捲し立て威圧する手段を取ることもある。

一応、石川本人も思うところはあるらしく「若い頃は傲慢情だった」と述懐しているが、心変わりした様子はあまり感じられない。なお、長尾南役を外された理由は、石川人間性にを受けた子の長尾博基が謀反を起こしたことが原因であり、が出奔した理由も端的に言えば石川が原因である。こういった前歴もある故か、作中の味方側の人間石川戦闘技術は褒めているものの、人格面においては皆一様に辛辣な評価を下している。

新たな子として迎え入れた仁にはまともに術を教える……と思いきや、鍛錬と称して自分が登れないであろう断崖を登らせた直後、古兵の詰所に仁をわざと誘導して自身は一切援護せず高みの見物落込む、というパワハラえた殺人紛いの導を実行。古兵と共に日吉を攻めてきた際は「日吉を救う」と言っておきながら、日吉村人を犠牲にして古兵とを殺す作戦を仁に提案。やはり、現在傲慢情な性格をしていると言わざるを得ない。なお日吉作戦に関しては「それではと同じです!」と仁を激怒させ未遂に終わっている。

その後の石川先生サイドクエストを進めると、近くの百姓の内情を探らせた結果殺されてしまう事件が発生。しかし、石川に反省の色はなく「失敗するとは思わなかった」と悪態で開き直る始末であった。この辺りから仁と石川の関係も歪み、その後「と会った時ちゃんと始末できるのか?」「(や長尾博基)がを外れたのは先生が原因では?」と仁は何度も皮で問いかけるようになる。

作中では中々の畜生っぷりを見せてくれる石川だが、身分差別が根強い時代にはしく実義的な思想の持ちであり、才があれば女性百姓であるにも子入りを許可する器量がある。ただ、才き者にはを持たせることすら許さず、当時武の跡取りで多少の才があった仁ですら門前払いしてしまう程、術へのプライドは強い。そして、が出奔した途端にかつて門前払いした仁を素知らぬ顔で子扱いすると行動の基準はやはり自分本位である。こうした行動の裏には、自分が受け継いだ術が乱世の中で失われる、もしくは悪用されることを恐れている、老成した石川なりの危機感があるのかもしれない。

ちなみに、戦闘でも当然の如くによる狙撃を得意とする。敵と距離けていれば頼りになるが、を全く抜かないため接近戦は不得手。安達政子とは逆である。性質上、兵にも滅法弱い。

余談

関連静画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/13(土) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/13(土) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP