今注目のニュース
沢尻容疑者の代役に川口春奈 偶然の一致に「鳥肌立った」と騒然
ワクワク地球外生命体、木星の衛星エウロパで水蒸気噴出を確認、液体の水の存在が明らかに(NASA)
アニメ『鬼滅の刃』特典CDでイスラム教に関わる「音声の不適切使用」 アニプレックスが謝罪・回収発表

石橋良太単語

イシバシリョウタ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

石橋良太いしばし りょうた、1991年6月6日-)とは、大阪府出身のプロ野球選手投手)である。現在東北楽天ゴールデンイーグルスに所属。

概要

小学1年から野球を始め、長曽根トロングスで投手として5・6年時に全2連覇。中学でもボーイズで遊撃手投手として2・3年時に全大会に出場した。

高知明徳義塾高校に進み、1年から二塁手レギュラーとなって2年センバツに出場。本人は野手志望だったが監督の意向で2年からは投手に転向し、3年四国大会で優勝。3年公文克彦木下拓哉バッテリーを擁した高知高校に決勝で敗れ甲子園出場はならなかった。

拓殖大学に進学後も野手志望だったが、打撃で結果が出ず1年から投手に専念。先発リリーフを兼任して大学通算16勝を挙げ、最速149km/hの本格右腕としてプロからも注されたが、プロ志望届を出さず社会人Hondaに進む。

Hondaでは1年から投手として活躍し、1年には九州大会MVPを獲得している。

2015年ドラフト5位で東北楽天ゴールデンイーグルスに入団した。背番号28ドラフト後に行われた社会人日本選手権ではエースとしてチームを準優勝に導き、敢闘賞を受賞した。

楽天時代

2016年は開幕一軍入りし、開幕2戦福岡ソフトバンクホークス戦でプロ登板。しかし翌日の試合で打たれて二軍落ちし、その後はたまに一軍昇格してはすぐ落とされるのを繰り返して、6試合の登板防御率13.50という成績に終わった。二軍ではリリーフとして防御率2点台の数字を残す。


2017年二軍でも防御率6点台と結果を出せず、一軍登板なし。オフ戦力外通告を受け、育成選手として再契約した。背番号028


2018年二軍で再び防御率2点台と結果を出して、7月27日に支配下登録への復帰を果たした。背番号94。しかし一軍昇格の機会はないままシーズンを終える。本人はクビを覚悟していたというが残留となった。


2019年オープン戦で結果を残してリリーフとして開幕一軍入り。千葉ロッテマリーンズとの開幕戦ではブランドン・レアードに逆転3ランを浴びて敗戦投手になったが、3戦は3回途中で降した先発藤平尚真の後を受けて5回まで投げプロ勝利を挙げた。4月中はロングリリーフを務め、5月5日埼玉西武ライオンズ戦から先発に転向しローテーション入り。4試合先発となった5月26日オリックス・バファローズ戦で先発勝利を挙げると、そのまま閉幕まで先発ローテを守った。規定投球回数には届かなかったものの、8勝7敗、防御率3.82の好成績を挙げた。

プレースタイル

直球の最速は151km/h。変化球は打者の内に投げ込むカットボールシュートを軸に、スライダーフォークカーブを投げる。

高校時代は内野手としてドラフト補に挙げられたこともあるため、投手としては走塁が上手い。2019年交流戦阪神タイガース戦では二塁から好走塁でホームに帰り、平石洋介監督を驚かせた。

成績

年度別投手成績

年度 球団 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
2016年 楽天 6 0 0 0 0 0 0 0 .--- 5.1 4 4 8 8 13.50
2019年 28 19 0 0 8 7 0 0 .533 127.1 35 71 60 54 3.82
NPB:2年 34 19 0 0 8 7 0 0 .533 132.2 39 75 68 62 4.21

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/11/23(土) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/23(土) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP