砂の惑星単語

スナノワクセイ

2.6千文字の記事
掲示板をみる(57)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

砂の惑星とは、

  1. フランク・ハーバートによるSF小説シリーズ「デューン」第一作"Dune"の邦題「デューン/砂の惑星」。
  2. 上記シリーズ原作とする映像作品。
  3. 松任谷由実作詞/作曲による、ドラマ「私の運命」前期主題歌アルバム「THE DANCING SUN」に収録。
  4. ロックバンド9mm Parabellum Bulletによる楽曲。1stフルアルバム「Termination」に収録。
  5. ハチ(動画投稿者)によるVOCALOIDオリジナル曲初音ミクマジカルミライ2017テーマソング。→ 動画記事(ハチ MV「砂の惑星 feat.初音ミク」)

1.の概要

1965年に発表。重厚な世界観と設定、種流離譚を踏襲した壮大な物語によって人気を博す。

砂漠救世主」(1969年)「砂丘の子供たち」(1976年)「砂漠皇帝」(1981年)「砂漠異端者」(1984年)「砂丘の大聖堂」(1985年)が刊行。
その後もシリーズは続く予定だったが、ハーバートが1986年に死去した為に未完となっている。

2000年作者息子ブライアン・ハーバートが、作品の背景キャラクターを使用した前日譚『デューンへのシリーズを発表。
スター・ウォーズ』『Xファイル』のノベライズ作品を手掛けたケヴィン・J・アンダーソンとの共著となっており、新たに展開された物語は高評価を受けている。

時代は未来
思考機械の反乱を戦「ブレトリアン・ジハド」にて鎮圧し、宇宙に進出した人類が巨大な帝国を築き上げている。
思考機械を放棄し、高度な演算・推論を持つ人間コンピューター「メンタート」が運用され、高度な文明と技術を保ちつつ、政治形態や文化中世の封建制を踏襲する。
間輸送を始めとした業務を一手に握る「宇宙協会(スペーシングギルド)」、魔女と畏れられる女子のみの修会「ベネ・ゲセリット」など、様々な閥が存在している。

舞台となるのは惑星アラキス。砂に覆われ、巨大な砂サンドウォーム」が支配する惑星は「砂丘」を意味する「デューン」の異名でも知られる。
宇宙広しと言えど、このアラキスでしか採取できないスパイス麻薬)「メランジ」が物語を握る。メランジは不老長寿をもたらす一方、様々な超能力を発現させる作用を持ち、宇宙の支配において絶大なを持つ物質だった。
宇宙協会も、ベネ・ゲセリットも、メランジによって特異なを手にしつつ依存しており、それぞれの既得権益や思惑をもって動いている。

帝国の支配者たる皇帝シャダム4世は、帝国下の恒星系を統治する「大公連合」を従えてはいるものの、そのパワーバランスは危うい状況にあった。特に公家メジャーハウス)の中でも海洋惑星カラダンを統治するアトレイは大きく、そのを危惧した皇帝は、当レトを排除すべく、陰謀を企てる。
かねてよりアトレイと対立する公家ハルコンネンウラディミールは、皇帝と結託し、アラキスの統治権を巡ってアトレイと対立。レトを殺してアトレイを滅ぼす事に成功する。しかしレトの寵にしてベネ・ゲセリットの修ジェシカと、レトとジェシカの間に生まれた嫡男ポウル砂漠へと逃げ、厳しい環境下でハルコンネンに隷属を強いられる砂漠の民「フレーメン」に保護された。

メランジを摂取し、フレーメンの試練を乗り越えたポウルは、未来予知のを持つ「クイサッツ・ハデラッハ」として覚醒
フレーメンの導者「ムアディブ」として、皇帝およびハルコンネンへの復讐と反攻を開始する。

2.の概要

映画(デヴィッド・リンチ)

1984年開の映画監督デヴィッド・リンチ

原作の発表当時から映像化の話は持ち上がっていたが、あまりにも壮大な物語である為に難航。
1973年アレハンドロ・ホドロフスキー監督に迎え、錚々たる面子えて製作が開始されたが、上映時間が10時間以上というとんでもない構成となり、撮開始前に中止になってしまった。この末は2013年に発表されたドキュメンタリー映画『ホドロフスキーのDUNE』でられている。
ちなみにこの時特殊効果をつとめたダン・オバノンが、中止を受けて当時漬けにしていた自分の脚本を書き直し、1979年の『エイリアン』へと結びついている。塞翁がとはこの事か。

その後映像化の権利を買い取った映画プロデューサー、ディノ・デ・ラウレンティスが監督・脚本にデヴィッド・リンチを、音楽ブライアン・イーノTOTOを迎えて制作
当初はリドリー・スコット監督に内定していたが、製作体制に不満を抱いて降している。

予算や時間的な事情もあって、物語は大幅に短縮されてしまった。結果的にスケールダウンした作品の評価は当然よろしいものではなく、原作ファンはおろか原作者のハーバートにも不評、行的にも失敗。リンチは「最終決定権が自分になく、悔しい思いをした」と当時の事をっている。
とはいえケレン味のある描写や美術、メランジの摂取により異形となった宇宙協会のナビゲーター、不気味貌と怪演を見せたハルコンネン伯爵などはおおいに注され、カルト的な人気があるのも事実である。

テレビ用に再編集されたバージョンもあるが、編集に際して色々ゴタゴタがあったらしく、監督の名義がアラン・スミシーになっている。仕方ないね

テレビドラマ

2000年テレビドラマとして新たに制作、放送。

映画よりは原作に忠実であり、省略された部分の描写もなされており、その点を評価されている。2001年クリエティブアート・エミー賞の撮賞と視覚効果賞を受賞。

2003年には続編が制作、放送されている。

映画(ドゥニ・ヴィルヌーヴ)

2016年レジェンダリー・ピクチャーズがデューンの映像化権を取得して映画化に着手、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督を務める事となった。

映画は二部作で製作される構想で、第一部は2021年に全世界開されている。

第二部『DUNE:Part Two』の撮2022年に開始されており、2023年11月開される予定になっている。[1]

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *『DUNE/デューン 砂の惑星』続編の撮影がスタート 物語のあらすじも判明exit 2022.7.20
この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/12/03(土) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2022/12/03(土) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP