破壊神 単語

392件

ハカイシン

1.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

破壊神とは、格の1つ。文字通り破壊をである。

ほとんどの経典では「何かに成るために必要なプロセスの1つ」として、存在の破壊(または破却)と破壊神が存在する。

概要

ヒンドゥー教における"破壊神"シヴァが有名であるが、そのシヴァの元々のルーツ暴風雨ルドラである。

建築技術が未発達な古代において暴風雨都市に熾な破壊を加え、しかしにより大地を育むという二面性を持っていた。この暴風雨の性質から、ルドラは"が運ぶ破壊"と"による再生"という、一見異なる面をと考えられるようになった。
シヴァルドラの性質を受け継ぎ、"世界創造"ブラフマーが造り維持ヴィシュヌが維持した宇宙(世界)の寿命が尽きた時、これを一度壊し、ブラフマーによる再創造下地を作る役割を持つになった。
またシヴァの妃ドゥルガーの額から生み出された、真性の破壊と殺戮をカーリーという女神がいるが、こちらは破壊神とは称されないことが多い。この点で、"破壊神"の称号は単なる破壊をもたらすだけの存在につくものではないことが分かるだろう。
(余談ではあるが、"破壊のみをる"または"闘争に伴う破壊をる"は数多く存在する。)

一方ファンタジー世界では"既存社会の破壊"やそのものずばり"世界の破壊"を論む、または実行する強大な存在とされ、場合によっては「大量破壊兵器」と同一視されるようなまで存在する。コバルト爆弾とか核魚雷とか(ry
かつてはそのようなを召喚し世界を破壊(破滅)へ導かんとする邪悪な勢、すなわち「破壊神信者」に対し、一部の生物勇者などを輩出して世界の破壊を防ごうとする、という筋立てがファンタジー世界における定番になっていた。
代表的なものがドラゴンクエストIIにおける邪神ハーゴン破壊神シドーであろう。

余談

破壊神はすぐそこにいる。なぜなら破壊の時、その人物は全てを失ったに等しい存在となるからである。
つまり命を失うことは自身の世界すべてを破壊することでもあり、その人は破壊神となる。おもにファンタジー的な意味で、だが。
そして破壊とは善悪に関わる事ではなく、自然に起きる物事の一つに過ぎない。

破壊神の一覧(五十音順)

現実の存在

架空の存在

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/24(水) 11:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/24(水) 11:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP