破局噴火 単語

3件

ハキョクフンカ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

破局噴火とは、巨大噴火す(文学上の)表現である。

概要

日本小説家石黒曜が2002年に発表したデビュー作の小説『死都日本』に登場する造語

作中では「九州南部の加久カルデラが約30万年ぶりに巨大噴火を起こした」と想定した物語を描いており、この噴火火山噴火予知連絡会が「じょうごカルデラ火山の破局“的”噴火」と発表したところ、NHKアナウンサーが間違えて「破局噴火」と連呼して報道したことから、「近代国家が破滅する規模の爆発的巨大噴火」を表す言葉として世界中に広まった、と設定されている。

現実では「破局噴火」という名称の学術的定義は存在せず、日本の一部マスコミ火山学者・地質学者が使用するにとどまっている。

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/21(日) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/21(日) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP