碇ゲンドウ単語

イカリゲンドウ

  • 6
  • 0
掲示板をみる(179)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

碇ゲンドウとは、『新世紀エヴァンゲリオン』『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の登場人物。CV立木文彦

概要

※以下の記述は基本的にアニメ版に基づいています。


生年日:1967年4月29日(立木と同日)

特務機関ネルフエヴァンゲリオンの運用、E計画、人類補計画の総責任者。

旧姓は六分儀。家族は妻に研究者の碇ユイ息子碇シンジがいる。

性格は冷。「拠隠滅と隠蔽工作が君の特技だ」とキールから評される。

実の息子であるシンジに対しても威圧的な言動が多く、シンジを呼び寄せた理由についても「必要だから呼んだまでだ」とる。またアスカとは会話するシーンすらない。

一方で、綾波レイに対しては自分の身の危険を省みずに助けるなど情とも取れる行動が多い。

的のためには手段を選ばない非情な描写が多いがネルフ本部が停電させられた際には、手動でのエヴァのエントリーを発案し、自らも一般職員とともに作業に参加していた。このことは赤木リツコいわくエヴァパイロットを信頼していたからこそ。

※以下ネタバレを含みます。

当初はキールを始め、人類補委員会の示に従っているように見せていたが、ゲンドウ自身の的は「消えたユイに再び会うこと」であった。

旧劇場版では「そばにいるとシンジを傷つけるだけだ」とつぶやくなど不器用情を垣間見せる。

またユイ消失後は赤木ナオコ、リツコ親子を愛人にし、自身の計画に協させていた。

名台詞集

  • 「問題ない」
  • 「そのためのネルフです」
  • 「乗るならくしろ、でなければ帰れ」
  • 「最優先事項だ」
  • 「人は思い出を忘れることで生きてゆける だが決して忘れてはいけないものもある」
  • 「自分の願望は、あらゆる犠牲を払い、自分ので実現させるものだ。他人から与えられるものではない。」
  • 時計の針は元には戻らない。だが、自らの手で進めることは出来る。」
  • 「所詮、人間の敵は人間だよ」
  • 「良くやったな、シンジ

関連動画

関連商品

関連静画

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/09(火) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/09(火) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP